Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年長さん募集の補足
小3の息子が小1~小3の間にノーヒントで正解を見つけてきた問題の一部です。

先取学習なし、類題のパターン学習なし、年長の頃から週に1~2問の文章題をやるほかは家庭学習は毎日数分です。学校の勉強は一切教えていません。教えるのは「考える方法」、大切に育てているのは、

   考える力  です。

桃太郎が鬼退治に出かけると、猿と犬と雉がきび団子を頂戴と言ってきました。桃太郎は猿には犬より4個多く、雉には犬より3個少なくあげました。最初20個あったきび団子が4個残っています。猿、犬、雉はそれぞれ何個きび団子をもらったのでしょうか。

三つ目小僧チームと一つ目小僧チームがドッジボールをしています。三つ目小僧チームのほうが2人多いようです。全員の目の合計は22個です。三つ目小僧チームは何人いるでしょうか。

5月から8月までは海亀の産卵シーズンです。徳島県の美波町には今夜も1匹のアカウミガメが産卵に来ています。観察すると丁度1分間に2個の卵を産んでいます。1回の産卵で100~130個の卵を産むと言われています。産卵にかかる時間は何分~何分の間だと推測できますか。

大食い蛙のぴょん吉と根性蛙のひろしが、蚊とり競争をしました。ぼうふら池のほとりには24匹の蚊が飛んでいましたが、競争が終わったら半分の半分しか残りませんでした。ひろしはぴょん吉の2倍の蚊を捕まえたみたいです。ひろしが捕まえた蚊は何匹でしょうか。

シャム猫のホームズ君は謎解きが大好きです。1つの謎を解くごとにお魚キャンディーを4個貰えます。お魚キャンディーは8個でアイドルシャム猫のリンちゃんと1日デートできる巨大またたびキャンディー1本と交換出来るので、さらに気合いを入れて謎解きに励みます。では、3日間デートするためには幾つの謎を解けばよいでしょうか?

長さ5cmのアゲハ蝶の幼虫が、6cmの割り箸で作った橋を渡ります。幼虫は2秒で1cm進むとすると、橋を渡りきるのに何秒かかるでしょうか。

ひよこ組のお友達が、3人ずつの班をつくったら2人あまりました。班の数は変えずに4人ずつにしようとしたら3人足りませんでした。ひよこ組は全部で何人いるでしょうか。

マリンちゃんが沖縄の海に潜ったら、カラフルな魚の群れと普通の青魚の群れが縄張り争いで睨み合っていました。カラフルな魚は青魚の3倍いて、睨み合っている魚を全部数えると20匹でした。青魚の群れは全部で何匹いたでしょう。

覆面ライダー1号と2号は、新しい変身ベルトが欲しくなりました。キリンのおもちゃ屋さんでは変身ベルトが2つセットで3,400円で売っています。1号の持っているお金だけでは1,900円足りず、2号の持っているお金だけでは1,300円足りません。2人のお金を合わせて買うといくら余るでしょうか。

芋虫君とバッタ君が、「口の中とろとろ葉っぱ」を食べに、草花レストランにやってきました。芋虫君はとろとろ葉っぱの並を2枚と特上を1枚食べて、綺麗な小石5粒を払いました。バッタ君は並を1枚と特上を1枚食べて、綺麗な小石を4粒払いました。では、綺麗な小石5粒でとろとろ葉っぱの並を何枚食べられるでしょうか。

まー君とひろ君ときよちゃんは、スグデキルドのポテトが大好きです。今日は100本入りのLLサイズのポテトを注文して食べることにしました。ひろ君はきよちゃんが1本食べる間に2本食べ、まー君はきよちゃんが1本食べる間に3本食べます。ひろ君が26本食べたとき、LLサイズのポテトはあと何本残っているでしょうか。

ひなちゃんは、昨日フルーツシールを28枚持っていましたが友達が6人遊びに来たので、2枚ずつあげました。今日も友達が3人遊びに来たので3枚ずつあげました。明日は4人来て3枚ずつあげる予定ですが、シールが足りなそうなので買いに行くことにしました。足りない分を買うのにおつりが出ないように100円玉を2枚持って行ったとすると、シールは1枚幾らでしょう。

今日は土曜日なのにクラブがあるので、たくみ君は600m離れた学校に歩いていました。ところが丁度半分まで来たところでボールを忘れたことに気づきました。まだ時間があるのでのんびり家にとりに帰りました。ボールはすぐに見つかりましたが、このままだと少し遅れてしまいそうなので、自転車で学校に行くことにしました。歩いているときは1分間に60m、自転車に乗っているときは1分間に100m進むことが出来るとすると、最初に家を出てから学校に到着するまでに何分かかりましたか。

ササエさんが夕御飯の買い物に行きました。家族1人につき1個のリンゴを買うところ、ついうっかりして4個しか買いませんでした。おかげでその日、ササエさんの弟のカシオ君はりんご1個を3等分に切ったうちの2切れしか食べられませんでした。りんごはみんな公平に分けたそうです。ササエさんの家は何人家族でしょうか。

蜥蜴のレインボー君の全長は15cmで、その2/5(5分の2…5つに分けたうちの2つ分)が尻尾でした。先月のある日、レインボー君は猫のキャットちゃんに尻尾を踏まれたので、慌てて尻尾を自分で切り捨てて逃げました。でもまた生えてくるから大丈夫♪と思っていたら、新しく生えてきた尻尾はもとの長さの2/3(3分の2…3つに分けたうちの2つ分)までしか伸びませんでした。レインボー君の今の全長はどれくらいでしょうか。


『学校の授業を聞くだけで深く理解できる力』

『わからないことを疑問に思う力』

『何度も反復しなくても身につける力』

『一度読むだけで理解できる読解力』等、

僅かな学習時間で多くのことを理解・吸収する地頭を小学生時代に育てておかないと、

質・量ともにグンと増す中学校からの勉強についていけなくなるのは当たり前なのです。

地頭を鍛えるのに最適なのは5歳~9歳

何とかなるのがギリギリ12歳までです。

この子育て&学習法は大量の勉強のストレスから開放されるので、イライラ・無表情だった子にも笑顔が戻ります。開始2ヶ月間で『保育園の頃の(穏やかな)娘が戻ってきました』と感激されたお母さんもいます(小3)。

「幼く・賢く・たくましく」が理想です。


わが子に関しては、内容を理解していれば学校のテストの点数や成績はどうでもいいと思っていますが、今のところ学校の勉強面について何の心配もしていませんし十分すぎると満足しています。

だからどんぐり式で育てて私が良かったなぁと思っているのは、勉強面ではなく

息子たちが毎日本当に楽しそうに笑って過ごしていること
(兄弟喧嘩はしっかりしますが…)

ゲームがなくても、テレビを見ていなくても友達と楽しく付き合えていること

おもちゃがなくても何時間でも楽しく遊べること

指示待ち人間とは正反対の人間に育ちつつあること

周りがこうだからといった基準ではなく、自分なりの基準を持ち始めたこと

といった、人生を楽しむ力を身につけつつあることです。


昔、お絵かき本を作ってあげたら、自分でオリジナルの絵本を描くようになりました。

自分でキャラクターとコマを作って『アニマル盤』(将棋のようなゲーム)なるものを作って弟と対戦しています。

そういった子に育っていることが一番嬉しいです。

※決して息子が凄いのではなく、どんぐり式子育て&学習が凄いんです。
 勘違いしないように本人にも言っています(^-^)

今回の年長さんの募集は、こういった子育てをしたいと思えるお母さんとお子さんの募集です。
「小学校ではテストでいい点をとらせたい、いい成績をとらせたい」といった気持ちが強過ぎる方はお断りします。結果としていい点も成績もとるようになりますが、漢字テスト(書き)はイメージ力が弱い頃は酷い点数をとりますから(笑)

教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓子どもの力って凄いのね~と思った方はポチっとお願いします(^_^)/



にほんブログ村

教育・学校 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1006-bee6700f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。