Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒鳴り散らす先生
昨日の記事にいただいたコメントです。

>>大きな声で怒鳴りちらす先生がいる
怒鳴らないと授業聞かないんですよ。最近の子供は
なぜなら先取りとかで内容知ってるからです
学校にはただ座りに来てるだけです。そりゃ退屈でしょうよ
ずーっと退屈な授業を受け(内容知ってますから面白いはずがない)、そして放課後塾で先取り教育。これも反復学習で学ぶ面白さってのがない
勉強を好きになれというほうが無理です
それもこれも、テストの点数さえよければ子育てはうまくいっていると勘違いしてる親がいるからです
で、こういった子供らは人の話を聞いてませんし、また聞くのが苦手ですので
先生が時々出す意地悪な問題に対処できません
「先生の話さえ聞いていれば解けますよ」といった類のものです
私の娘は習い事塾の類は一切いかせてませんが、その私の娘が解けて、塾ですでに中学の数学をやってる子供が解けないと言う、非常に面白い(といっていいのかどうか)事態が起こるのです
皮肉なものです
先取りをがんばるのも悪い事ではないと思いますが
せめて人の話を聞くという、基本中の基本は子育てとして教えたほうがいいのでは?
なんて考える今日この頃です


先生の置かれている環境は、保護者の想像以上に過酷でしょう。

●先取りで内容を知っている子が多い。
…知っているだけで理解できていない子が多いでしょうが。

●話を聞かない子が多い
…聞かない子もいますが、聞けない子が多いです。 何を言っても頭を素通りする子、言われたことを理解できない子、もう大変です。でもほとんどがその子の問題ではなく、環境の問題であることが多いです。低学年が毎日4~5時間もテレビとゲームをやっていれば頭の中はグワングワンでしょうよ。
 
●テストの点数さえ良ければ…
…残念ですが、こうした家庭が過半数を超えているでしょうね。そうなると先生の対応もそうなるのは仕方がないでしょうね。点数さえとらせていれば文句を言われませんから。たとえテストの前の授業でテスト内容のおさらいをしたとしても、いい点数ならクレームは来ないでしょうね。

学校の先生の気持ちは良くわかります。
私もその立場だったら同じような行動をしてしまうかも…と思います。

でも怒鳴っても解決しないのも知っています。

だって、怒鳴っても人の話を聞かない子には通じませんから。ますます聞かなくなるだけです。

そしてほかの子が怒鳴り声に萎縮して学校嫌いになるってだけです。

完全に逆効果です。ますます先生は大変になります。

まあ、わかっていても怒鳴らずにはいられないのかもしれません。


先取り学習で表面的な理解と勘違いの自信を持って話を聞かない子たちと
テレビやゲーム漬、すいみん不足、その他粗悪な環境下にいて人の話を聞けない状態に育てられた子たち

とても先生一人では面倒見切れませんよ…

●9時半就寝
●朝食を食べてくる
●食事中にテレビは見ないで、毎日1時間以内
●ゲームは30分以内
●外で体を使って遊ぶ
こんな宿題を出せばいいのに…。

そしたら、怒鳴らなければいけないことがどんどん減ってくるんじゃないですかね。

小学校の先生、どうか子どもたちを怒鳴らないであげてください。

校長先生に大声で怒鳴られることを想像してください。

怒鳴られた時点で子どもたちは思考停止です。

踏みにじられた自尊心はなかなか回復しません。

いつ怒鳴られるか、ビクビクして生活する毎日は健全な成長を妨げます。





「先に教わったら、ただでさえつまらない勉強がもっとつまらなくなるから絶対に教えないで!」

と確か小2の頃に息子が言っていました。ごもっとも。
(言う割にはノリノリで授業を受けているようですが(笑))

そんな小3の息子が日曜日に解いた問題です。もちろんノーヒント。
大食いイルカのドルフィンちゃんが、超大食いクジラのホエールちゃんとエビの大食い競争(きょうそう)をしました。エビ牧場には1000匹のエビがいましたが、大食い競争が終わったら半分の半分になっていました。ホエールちゃんはドルフィンちゃんの4倍のエビを食べたそうです。ホエールちゃんは何匹のエビを食べたでしょうか。

珍しく見開き2ページに収まらず載せるのが面倒で(笑)載せませんでしたが…絵図でしっかり解きました。
「式をたててみる?」と聞いたら「うん、いいよ」と

1000÷2=500  
500÷2=250  
250+500=750…式だと1000-250=750 のほうがいいですが絵でそうなっていたので
750÷5=150
150×4=600 

体験学習に来る、学校の宿題をしっかりやってきた、学習教室や塾に通ってきた、通信教育で先取り学習をしてきた高学年の子たちが自力で解けない問題を、学校の宿題も制限している、家庭学習は毎日数分で遊んでばかりいる子が自力で解けるんです。


何度も書きますが息子は特別ではありません。年長・低学年から3年以上どんぐりをやってきた子は同学年の子たちが読んだだけでパニックを起こすような問題でも粘り強く答えを探します。(どんぐり歴は浅くてもゲーム・テレビ・ドリル学習などが少なく、外でしっかり遊んできた子は結構すぐに追いついています)

どんぐり式子育て&学習は凄いんですよ(^-^)/

息子にチャレンジをさせていた頃、年長からどんぐりを始めた頃は…すでに何年もメディアにさらして育ててしまったのでかなり反応が鈍く、どんぐり問題に手も足も出ない状態が続きました。それがなんとか3年たってあまり影響がない程度に回復し、おっなかなかやるな(やばい、もうすぐ抜かれるな…)になってきました。

0歳から4歳までの期間、5歳から9歳までの期間、とっても大切です。
くだらない知識の詰め込みや単純計算でガチガチの頭にするのはもったいなすぎます。


年長さんの授業料無料♪


教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓先生も大変なのよねぇと思っている方はポチっとお願いします(^_^)/



にほんブログ村

教育・学校 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1011-9402abd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。