Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただのつぶやき
ただのしょーもないつぶやきです。

オムツメーカーが、2歳前にオムツを卒業できるオムツを偶然開発したら・・・売るかなぁ。

先生が本当は無駄なんだとわかっていても、大量の宿題を好むお母さんたちが多い以上宿題はなくならないだろうなぁ。

成績上位の子たちを引き合いに出して、「進研ゼミだけで」「そろばんをやっていたから」「●●塾に行っているから」 小さいころからの子育ての違いには目を向けないのかなぁ。

習い事には 級や段位、検定、グレードなど、継続+コマ数UPを促す仕掛けがある。勉強では先取り学習という便利な言葉がある。

子どもたちは本当に楽しくてゲームをやっているのかなぁ。
ほかに楽しいことがないからやっているだけじゃないのかなぁ。

一人暮らしの老婦人に、息子さん家族が将来戻ってくる時のために二世帯住宅にリフォームしましょうとリフォームさせた住宅メーカーの営業マンは、その後も一人で住んでいる老婦人を思って胸がいたまないのかなぁ。

音楽でもスポーツでも勉強でも、指導者がその楽しみを教える前にテクニックを教えてしまうのは残念だなぁ。

マックでスマホをいじっているお母さんとDSをいじっている子どもは、楽しんでいるのかなぁ。

実は「スマホなんてないほうがいい」と思っているスマホユーザーって多いんじゃないかなぁ。

子どもとゲームでコミュニケーションをとるお父さんを、腹立たしく思っているお母さんは多いんだろうなぁ。

「9歳(10歳)の壁」なんて聞いたこともないお父さんお母さんが多いんだろうなぁ。

年長さんの授業料無料♪


さりげな~く家庭用教材の販売を再開します。年内はPDFダウンロード販売、年明けから予定通りプリントした教材の郵送販売に切り替えます。
家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
まあ、そうだよねぇと思った方はポチッとお願いします(^_^)/
↓↓↓



にほんブログ村

教育・学校 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
私もつぶやき(ぼやき)ます。

学校の先生。子どもに「やわらか言葉をつかいましょう」と指導しながら自分たちは「静かにしろ!」「うるさいぞ!」と怒鳴りながら黒板を叩く・・・・はないでしょう?子ども達は言われた通りにはしませんが、大人のすることは真似します。

私。子どもに「ゆっくりでいいんだよ。」といいながら「遅刻するでしょ!さっさと顔洗いなさい!」「今やって置けば後でしなくてすむでしょう?考えなさい!早くやって!」
「物を乱暴に扱わないの。自分がそうされたらどう思う?」と言いながら腹立ち紛れにドアをバン!と閉める。


なんか自分がしたことは全部自分に返ってきているような・・・・・。反省
[2013/11/03 07:30] URL | ごっちゃん #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
ごっちゃんさん 

こんにちは
なかなか言葉と行動を一致させるのは難しいですよね~(^_^)

>子ども達は言われた通りにはしませんが、大人のすることは真似します。

その通りですね、私も日々反省です。
[2013/11/04 22:21] URL | 金森 #- [ 編集 ]


こんばんは。いつぞやの通りすがりです

>>大量の宿題を好むお母さんたちが多い以上宿題はなくならない
そもそも宿題を出されないと勉強しないってのがおかしいんですが
勉強に対する認識が根本から間違ってるので気づかないんですよね

子供が自ら勉強しない理由、それはシンプルに「嫌い」だからですが
じゃあナゼ嫌いなのか。それは親が勉強嫌いだからです
勉強は嫌な物という認識が親にあるから、宿題を出してくれとなるわけです
嫌いな上に大量の宿題が出たらさらに嫌いになるのは目に見えてるのに、その上さらに塾なんかに通わせてもっともっと勉強嫌いにしてしまう。
それもこれも、子供に勉強で躓いて欲しくないからなんですよね
そしてますます子供は勉強が嫌いになるんですよ

勉強はわかるから楽しいのではなく、わからないから楽しいんです
世の親の考えてる事は逆なんですよ
そもそも解るんだったら学校に行く必要ありますか?
我々親が子供を学校に通わせる理由は、わからないことを学ばせに行くことです
躓いて当たり前なんです。解らないから楽しいという気持ちがあれば、それを乗り越えていけるんです。でも今時の子供で、そんな前向きの思考の子供がどれほどいるでしょうか?
いませんよね?だから教育産業花盛りなんですよ
もっと親は真剣に考えなきゃいけない。学ぶ意欲は、人生を歩む上でのスタミナのようなものです。それが子供の心の中でどんどん目減りしてる。学業を終えるころには完全にガス欠ですよ。それなのに。
なのに目先の事しか考えてない
だから資格だの検定だのに目の色を変えるんです
学ぶ意欲がない人間がいくら資格や検定を持ったところで、何の意味もないことは、やらせる親が一番良く知ってるはずじゃないんですかと。
なら最初からやらないほうがマシです
それよりも根気と意欲をどうやったら身につけさせることができるか
それを考えた方がいいのでは?
なんて思う今日この頃です
意欲があれば、自分からやりたいと言い出しますよ。人間ってそんなものです

ではこれにて失礼します。コメントもこれで最後にします。なんだかご迷惑をかけたようですので…
長文でコメント欄を汚してしまい、申し訳ありませんでした
[2013/11/04 23:49] URL | 通りすがり #uaIRrcRw [ 編集 ]


おはようございます。いつぞやは大変ご迷惑をおかけしました。

ゲームは子供に有害ですよ
先日、子供と一緒に公園を通りかかった時の話です
公園で子供らが大騒ぎしていたんですね。男の子たちです
あんまりの狂乱ぶりに、一体どうしたんだと聞きましたら
「タッチペンなくした」
一瞬あまりのバカバカしさにあきれ果てましたが、一緒に探してやりました。
その間もペンをなくした子供は地面を這いずり回って探してましたよ
結局その子のポケットの中に入ってたんですがね…
その探す様子がもうね…
他の遊びをしようって考えはないんですよね。それ以前にもう完全に中毒ですよねコレ
こんな子ばっかりじゃないといいたい人もいるでしょうが、じゃあタッチペンなくしてもあんたの子は平気でいられる?と私は聞きたいです
新しいの買って、といわなければ中毒ではないと思いますが
現実はそうじゃないと思いますよ
そもそも目の前でゲーム機ぶっ壊しても平気でいられるかどうかですよ
多分無理でしょう
それなしではいられない。こんな状態にさせるものが有害でないはずがない
なんて思う今日この頃です
[2013/11/05 09:06] URL | 通りすがり #uaIRrcRw [ 編集 ]

Re: タイトルなし
通りすがりさん こんにちは

>勉強はわかるから楽しいのではなく、わからないから楽しいんです
これ、本当にその通りですね。
たま~にこういう思考の子がいますが、本当に稀です。
とても賢く、好奇心旺盛ですが、学校の勉強は嫌いです。(当たり前ですね)

迷惑? 全然かかってませんよ。
遠慮なく書き込んでくださいね(^-^)/
[2013/11/05 10:00] URL | 金森 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
通りすがりさん

おそらくほとんどのお母さんたちは、有害だと思っているんでしょうが、その意識が「目が悪くなる」程度なのがとても残念ですね。

想像力がないのか、メーカーの戦略にうまく乗せられているのか、「勉強のソフト」もあるからなんていう方もいますね。

ゲームにとりつかれた子どもの姿を正視できないのか、見ないようにしているのか…。

あっ、あとお父さんがゲームを子どもとやりたがるというのが最近多いですね。
ファミコン世代が親になってますから。 やれやれです。
[2013/11/05 10:12] URL | 金森 #- [ 編集 ]


そうなんです~!
ゲームで育った親は、子どもにゲームをさせていますね。
まだ幼稚園ですが・・・。
ゲームの害をちらっと言ってみたのですが、
(感覚が異常に育つらしいよって)
全く理解してもらえませんでした。

実際のところ、ゲームやって育つとどうなるか
この目で確かめたわけじゃないので説得力ないので
仕方がないですね。

自分がゲームやって育ったから大丈夫。
ゲーム禁止で育った人が、
大人になってゲーム中毒になったと
いっていました。

そのうち、うちの子どもがゲームやりたいって
聞かなくなったら、先生のところの
お兄ちゃんに会いに行かせようと思っています。
よろしくお願いします^^

[2013/11/05 12:41] URL | k #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
kさん

こんにちは
ゲームの害などは、仮に自分でうっすらと感じていても人に言われると否定したくなるものですよね。私も喫煙していた頃、見事にタバコの害を否定していました(笑)
結婚と同時にやめましたが…

是非遊びに来てください。
うちには子どもにもわかるこれがありますから。
http://pegashin.blog53.fc2.com/blog-entry-773.html
[2013/11/05 14:16] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1016-f23bf268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。