Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

式なんかいらない
<S6級-08>★
蟻さんが一列に並んで公園に遊びに行きます。アントくんは前から数えると7番目で、後ろから数えると5番目です。てんとう虫さんたちも一列に並んで公園に行くところみたいです。てんとう虫さんたちは蟻さんたちと同じ数いるようです。蟻さんたちはてんとう虫さんたちの列の後ろに並んで公園に行くことにしました。今アントくんは列の前から何番目でしょうか。


この1年生向けの問題、学校(小2)のように式で解こうとすると…

前に6人、後ろに4人、アント君1人だから、6+4+1=11 で蟻さんの列の人数が出ます。
(7+5-1=11 もあり、学校はここまでかな)

てんとう虫さんたちも同じ人数だから、アント君の前には

11+6=17  17人いて、アント君は何番目だから +1で 18番目
(11+7=18 もあり)

式にすると

6+4+1+6+1=18 (7+5-1+7=18)  かな?


問題を作った私でもいきなり式を立てて答えを出すのは大変です…無理かも(笑)

でも、絵を描けば 小学1年生でも 答えを出せます。ほら!

S6-08.jpg

絵を見るとわかるんですが、問題を一文ずつ絵にしないで、さっと最後まで読んでから絵にしてますね。ムムム (でも、歴4ヶ月の小1ボーイが家でやってきた問題ですから…)

「答えは式を立てて出す」ことを何年もひたすらやっていると

「式が立てられないと答えが出せない」と思い込みます。まあ洗脳ですね。

だから、「これって、かけ算? たし算?」とか、わけのわからないことを言いだすんです。

低学年のうちから

「難しい問題でも、絵を描いてそれを動かせば(=考えれば)答えが出せる」

「教わらなくても、創意工夫をすれば答えが出せる」

という 本物の自信 を持たせることが大切だと思いませんか?


ついでに、言葉を絵にして読んでいくことを続けていくと、

自然に 読解力 があがってくることも知って欲しいです(^_^)v


年長さんの授業料無料♪

家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
1年生、やる~と思った方はポチッとお願いします(^_^)/
↓↓↓



にほんブログ村

教育・学校 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1028-384f0229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。