Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほら、式いらない!
<S6級-43>★
チョコ大好き三姉妹ショコラちゃん、カカオちゃん、ココアちゃんが、新発売のふわふわチョコボールを一袋買ってきてわけっこしました。丁度同じ数ずつ分けることができたのでみんなニコニコです♪ そこにママがやってきたのでココアちゃんは自分の分を半分ママにあげました。おかげでママはふわふわチョコボールを4つも食べることが出来ました。ふわふわチョコボールは一袋に何個入っていたかな。


この1年生向けの問題も… ほら、式いらない!

S6-43②

通信学習の 小学1年生の作品 です。

算数の知識が少なく、式で解かなきゃという固定観念がまだない低学年の子のほうが、

初めて出会う問題に対する抵抗が少なく、さらっと習ってない問題を解きます!

家庭学習の計算ドリルや学習教室の大量プリントで計算練習を先取り、徹底反復してきた子たちは

とても苦労します。 

というか固まる子が多いです。


ちなみに、この問題は式にすると、

(4+4)×3=24 

4×2×3=24

4+4=8、8+8+8=24 

方程式なら x÷3÷2=4、x×1/3×1/2=4、 x/6=4 、x=24

こんな感じですね。

どの式をたてようがかまわないんです。


「これ、たし算? 掛け算? 割り算?」なんていうような状態が、

どれほど 末期的症状 か…わかるかなぁ

小学校ででてくる算数の文章問題は、はっきりいって超簡単です。

その文章問題がわからない、読み解けないという恐ろしい子育ての結果を

「うちの子計算は得意なんだけど、文章問題は苦手で(笑)」

と呑気なことを言っている人が少なくないです。

(大量に解く際の計算間違いはしょうがないですね、あくまで理解)


そういう人にも一度はどんぐり倶楽部のことを知って欲しいと思っていますが、

出会った方は、そこからは真剣に調べてくださいね。


うちは普通の学習教室や塾とは違うから、小4、小5だと

『う~ん家庭で環境設定が出来ないと手遅れだなぁぁぁ~ 

            前から知ってたならせめて相談くらい早く来てよぉぉぉ!!』

という思いがよぎることがあります。

だから、「●●と××をやめたら面倒を見ます」なんてことを言います。


うちの教室は原則小6で卒業です。(英語の希望者だけ続けますが)

年長・小1から始めて小3で卒業しても結構です。…ここが一番大事な時期だから!

家庭学習ですすめたい場合も、無料相談にのっています。
やり方と注意する点もしっかりお伝えします。


どんぐり始めてみませんか?


年長さんの授業料無料♪

家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
過去ログ読むの大変だったわぁ という方はポチッとお願いします(^_^)/
↓↓↓



にほんブログ村

教育・学校 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

自宅でお子様と一緒に、ニコニコ取り組めるご家庭は素晴らしいです。

子どもの状態を見極めて、子どもの調子が悪かったら、じゃあ今日はやめておこうか?とニコニコ言えるお母さんまたはおとうさん。

とか

ぜんぜん絵が描けなくても、どうしてそうなってしまったのか分析できるお父さんまたはお母さん。

こんなどんぐり家族の頭のいいお父さんお母さんに憧れます。

私にはそれが難しいので、添削をお願いしているのですが、それがなかったらもっと頭を抱えた状態になってしまったかもしれません。
どうしても自己流になってしまう気がして…若干お願いする時間が遅かったと思いました。

コーチの声を聞きながら添削の絵が、子が考えたであろう絵や数字何ともスマートに確認してくれる。
子に向かって語りかけて下さる言葉も入れて下さって、聞いてる子どもがニヤニヤしながら添削を見ています(笑)

上の子が長さ?の単元に入ったようなので、キハダマグロをマスターさせてもらえるように(私はやっぱり教えることなんてできません)また、コーチのお時間が合う時に、みっちり子どもに教えていただければと思っています。
宜しくお願いします。
[2013/11/11 15:05] URL | #- [ 編集 ]


こんにちは

それぞれの親子で楽しみ方はいろいろです。
低学年のうちは一緒に楽しむのが理想ですが、それだと険悪になってしまうならちょっとはなれたところで見守ってあげれば大丈夫ですよ。

子どもは大人が想像していなかったような解き方をすることも多いですから、それを理解できなくてもしょうがないですよ。私も息子の問題で、1回経験しました。

??? というとき方で答えを出していて、夜それをみて… わかんない(笑)
聞けばなるほどでしたが、固い頭ではなかなか思いつかないようなやり方が増えてくると大変です。
「すごいね~」でおしまいにしましょう。

私は立場上「わかっている」ふりは続けますが(^-^)
[2013/11/12 11:16] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1029-c3104009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。