Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

習い事…やらず
習い事なしの我が家ですが、長男がダンスを始めるという記事を載せました。

2回ほど体験をさせてもらい、本人も楽しそうにしていて「やることにしたから」と言っていましたが、

いざ正式にお願いしようとする時に、

「じゃあ、お願いすることにしていいのね?」

と確認すると、カレンダーを見て、

「うーん、毎週月曜日か… 毎回か…」

「やっぱり やめた! 遊ぶ時間が減るわ!」

「何を今更!(怒)」

という訳で、昨日2人で先生に事情を話しにいきました。

先生は高校の同級生、ごめんね、とお詫びして、一応本人からも理由を伝えさせました。

一騒動ありましたが、また3兄弟全員習い事なし、毎日遊び放題の生活に戻りました(^_^)v

(正直ホッとしています…)

久しぶりに糸山先生のブログのご紹介

以下転載
『酷い教育環境』

ピアノ、英語、学習教室、中学受験、、。

この酷い教育環境の時代に、こんなことをしている、時間を持て余している子供が、はたして何人いるのだろうか。
実感としては、余裕のある子どもは、1000人に2-3人である。なのに、現実的には1000人中900人以上が、「こんなこと」をしている。

感味力を雑音や反射養成から防ぎ、繊細で複雑な<思考回路養成>を日々しなければならない幼児・児童時に、何も考えない練習になっている、暗記、暗算、パターン学習を毎日させる。

ただでさえ、大事な大事な自然を相手にした外遊びが、大幅に不足しているがゆえに、自然には思考回路養成が出来ないこの生活環境の中で、驚異的に思考回路養成の妨害をするテレビゲームを許している。

また、仮想空間に居ることで、幼児・児童期に必要な、自然の現実世界から受け取る複雑な本物の刺激を受けない環境を作っている読書の時間とテレビの時間。

漫画だから小説だから、ニュースだから、なんてのは理由にならない。

全て仮想現実である。

時間を歪められ、現実の感覚を受け取れないものは、全て仮想である。

現実からしか、思考回路の原形は作れない。

これでは、思考回路養成をする一握りのチャンスさえも奪ってしまっている事になる。

ハード的に(マシンのスペックとして)は、スーパーコンピューターでも、アプリが電卓とコピーソフトだけなら、それは、電卓であり、コピー機にしか過ぎない。

そんな子供を育てたい親が、存在するのだろうか。

育てたいとは思っていなくても、育てている。というのが実情だろうが、余りにも、子供達が悲惨じゃないか?

「宿題マシーンなんて非常識よ」なんて言ってる親は、自分の子供の状態が全く見えていない場合がほとんどだ。
壊れかけてSOSを出していることを、子供を前にして具体的に話しても「考えてみます」という。何を考えるのだろう。子供が死にかけているのに、「何を考えてみる」のだろう。「様子を見てみます」と言う。見えなかったから、危篤状態になっているのに、そんな眼で「何を見てみます」なのだろう。

*子供は、十分に回復できる力も時間も、まだ持っているのに...である。


●小学校で<どんぐり>が使われると、それだけで驚異的な進化を促せるのにね。→アンカラママのブログ

転載終わり

先日、塾生のお母さんから「8個も習い事をしている年長さん」のお話を聞きました。

思わず 「8個ですか??」 と聞き返してしまいました。

年長さんの授業料無料♪

家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
8個って…と思った方はポチッとお願いします(^_^)/
↓↓↓



にほんブログ村

教育・学校 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント
うちも、そうでした。
糸山先生のお話を読んでて、とても納得しました。
もし、あの時娘が作文に困ってなかったら…あの時、どんぐりに出会ってなかったら…「絶対学力」を読まなかったら…そう思うと、時々恐ろしくなります。
今は、どうしても続けたいという習い事以外は全て辞めました。やめたことで、親も子も本当に楽になりました。不思議なことに、あんなに練習を嫌がって家ではひかなかったピアノ、習い事をやめた今の方が楽しそうに弾いてます。もちろん、やりなさいなんて一言もいいません。続けてる習い事も、行きたくない日はいかない。できるだけ娘のペースで、ストレスをためないように。
どんぐりをはじめてから、娘はよく笑うようになりました。本当にたわいないことで楽しそうに。今の娘を見ていると、本当の意味で子供をまもるということは、こういうことなんじゃないか?と思います。なかなか理解されるのが難しいのかもしれませんが、我が家は「気付いて」本当によかったと思ってます(*^^*)
[2013/11/17 13:52] URL | かなママ #ZQHR2uUw [ 編集 ]

Re: うちも、そうでした。
かなママさんこんにちは

幼児・児童期は初めての子育てで、不安とその不安をあおるようなDM、他のお母さんたちの声もあり、冷静でいられませんよね。

一歩引いて冷静に考えれば、子どもが泣きながら嫌がっていることや、笑顔がなくなるようなことをを無理やりさせることが、健全な子育てに必要ないことはわかるのですが、

「勉強」と「習い事」になると、なぜかそれをやってしまうんですよね…。

気がついてよかったですね♪
[2013/11/19 11:17] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1032-676d5d0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。