Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひどすぎる指導
どんぐりウィークに遊びに来たお母さんから宿題の相談を受けました。

その中にあった文章題に、このような印がつけられていました。

syo1_jirei.jpg

学校では数字に丸をつけるように指導されているようです。

そして、

「合わせて」 「全部で」 「違いは」 「残りは」 などは

魔法の言葉 だから探して線を引くそうです。

小学1年生です。

「合わせて」 「全部で」 は足し算

「違いは」 「残りは」 「差は」 は引き算

最初に出会った先生からそんなひどい指導を受けたら…

文章を読まなくなるのは当たり前

内容をイメージしなくなるのは当たり前

数字だけ見て「足し算?引き算?」となるのは当たり前

学力不振に陥るのは当たり前


でも、そうした指導をする先生がいるというのはいろんなところから聞きます。

ひどすぎる

新学習指導要領とはまったく逆のことをやっていますね。

そんなやり方で文章題をたくさん解かせて、考える力がつくと

本気で思ってるの?

もう本気と書いて「マジ」と読んじゃうくらい呆れてしまいます。


その指導は「このキーワードがあった場合はこういう処理」といった

コンピュータでプログラムを組む時と同じやり方ですけど…。

つまり考える必要がなく、条件によってきめられた作業をするだけ。

そういった子を量産していることに気づいて欲しいですね。



文章題は未経験でしたが、お母さんはすでにマシーンを稼働中。

素晴らしい♪

家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ
家庭用教材サンプルダウンロード馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
ひどすぎるわねぇ~と思った方はポチッとお願いします(^_^)/
↓↓↓



にほんブログ村

教育・学校 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1090-be26a1cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。