Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9歳
「9歳の壁」「9歳の危機」「主観から客観」「具象的世界から抽象世界」まあいろいろな言葉で表現されていますが、どうやら「9歳」というのは一つのターニングポイントであるらしい。

長男がどんぐりを始めた年長の4月頃、どんぐり理論をまだよくわかっていませんでした。
ただ、普通の反復学習では子どもたちを伸ばせないと感じていたので、これしかないという気持ちで理論を一つ一つ検証して納得してきました。

腑に落ちるまでフルタイムで1年間かかりました。
いまだに新しい発見や、仲間の指導者たちと情報交換をしながらの毎日です。

その長男も来月9歳になります。
2014mahi.jpg
注)普段息子たちは教室には通っていません。

勉強は相変わらず文章問題を週に1~2問と、家庭学習は0~5分程度です。
(その分マシーンが稼働しています)

最近学校では、小3の掛け算の筆算地獄に落とされていますが、それほど影響を受けていないようです。小1の頃、思いっきり頭の中をぐちゃぐちゃにされたことを思えば、かなり耐性がついたんですね。

どんぐりをやってきて良かったのは、「笑顔」が潰されなかったこと。
豊かな表情で、なんでも楽しそうに取り組んでいることです。
勉強は困っていませんが、そんなのはおまけです。

どんぐりを知らなければ、きっと算盤教室に通わせていました。
おそらく、計算は出来るけど文章問題は苦手な子になっていたでしょう。

そして、「どうしてこんな問題がわからないんだ!」と叱って、ガンガン勉強をさせて、
勉強は出来るようになっても、面白味のない人間に育ててしまったことでしょう。
きっと私自身の手で息子を潰していたことでしょう。

「我が子の教育にもっとかかわらないと」「このまま企業で出世するだけの働き方はいやだ」
この二つの気持ちが抑えきれなくなって会社を辞めたわけですが、長男に間に合ってよかった。


高学年では、教わったこと(公式)をまじめにやればやるほど理解が遠くなる単元(割合や分数の割り算、速さと時間等々)が残っていますが、「まじめにやらない」からきっと大丈夫でしょう(^_^)

さて、宿題マシーンはあとどれくらい稼働すればいいかと言うと…

長男○○○
次男○○○○○○
三男××××○○○○○○

10年間…。
今年から次男が1年生なので2人分、奥さんからは「高学年は無理!」宣言が出ています(笑)

家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ
家庭用教材サンプルダウンロード馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
9歳、12歳まであっという間ねぇ~と思った方はポチッとお願いします(^_^)/
↓↓↓



にほんブログ村

教育・学校 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

我が家もあと10年、ほぼ同じ年齢構成です。お仲間がいらっしゃると思うと勇気づけられます(^^)
[2014/01/22 08:28] URL | sunny #U7CTLDyk [ 編集 ]

Re: タイトルなし
sunny さん

その間に、どんぐりが小学校に取り入れられてお粗末な宿題が出なくなるかも…

それはないか。

それどころか反転授業のせいで、タブレットを持ち帰ってきて「動画」を見てくるようになんてことになりそうですね。

やれやれ
[2014/01/22 10:26] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1117-694fe670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。