Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正解にこだわらない
今日は年長さんが2人来ました。

12月から始めた子と今日が2回目の子。

2人ともテレビゲームなしの男の子。

隣にいるお父さん・お母さんにいろいろ説明をしながら

本当に楽しそうにお絵描きをしていました。


私の教室では、年長さんや答えにこだわり過ぎる1年生には、

答えを求めない「描けるかな?」問題から始めます。

算数の問題じゃないよ、お絵描きなんだよ~ということをわかってもらうのと、

保護者にも、正解を出すのが大事なのではなく、言葉をイメージに再現すること、

文章に合わせて絵を描き足していくことが大事なんだと意識づけるためにやっています。


先取りをしている年長さんや小学生は、どうしても正解を出したいという気持ちが強く、

のんびりお絵描きを楽しめないことがありますからね。


あと親にも正解を出させたいという気持ち…とてもよくわかります。

私も長男の年長時代に大変な思いをしましたから。

長男の「正解を出したい」気持ちと、私の「正解を出させたい」気持ち、

今考えるとうまくいくはずがない(笑)


正確には、親の「正解を出させたい」オーラが子どもの「正解を出さないと」に繋がるんですけど、

最初はやっぱりそうなりますよね。(と言い訳)

今日の2人は、その点バッチリお絵描きの世界を楽しんでいました(^-^)

答えにこだわりが強い低学年の子は、最後の質問の文をカットしてみるのもいいですよ♪


家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ
家庭用教材サンプルダウンロード馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
不正解だとつい顔に…と思った方はポチッとお願いします(^_^)/
↓↓↓



にほんブログ村

教育・学校 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1122-a178618e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。