Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の失敗
長男が年長の春にどんぐりを始めました。

教室ではまだどんぐりを導入しておらず、息子が実験台でした(笑)

最初はかたつむり問題でした。

同じ月にやったくらげ問題です。

悪い見本です。

子どものではなく親(私)の!


0MX03mahi×

解いて欲しいオーラどころか、完全に解説しています(苦笑)

無駄なことをしました。

無駄どころかかなりのマイナスでした。

知りたくもないことをイライラした人に説明されたって、聞こうなんて思いませんよね(笑)

嫌になるに決まっています。

それでも長男には週に2問ペースで続けました。
(小1~小2の2年間は週に1問、小3からは1~2問のペース)

正解を出させたい、解けるようにしたいという見方をしていたので、

成長が見えませんでした。

解けたか解けていないかで判断していたんでしょう。

答えはおまけ、絵図を描いていればいいんだと力が抜けて、長男の成長を実感できるように

なるまで、1年とちょっとかかりました。

その間、教室で塾生たちにも取り入れていたので、

家庭でやっている方の10倍以上作品に触れてきたのに…。


だから、家庭で我が子だけをみて取り組んでいるお母さん、お父さんって凄いと思っています。




jiatama_hiro.jpg
家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ
家庭用教材サンプルダウンロード馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校

この添削はまずかったわねぇ~と思った方はポチッとお願いします(^_^)/
↓↓↓



教育・学校 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント
私も
同じくらげ問題。私の描いたのかとおもっちゃった。
イライラしながら「だから!」とくらげを描いて。。。
次男が泣いちゃって、怒っちゃって。。
この問題は年長さんには難問だからできないのが当然なのに〜〜〜

[2014/02/07 17:08] URL | こばたま #- [ 編集 ]

Re: 私も
こばたまさん

うちの場合は「右から左」で無反応でした(笑)
いくら説明しても、完全にスイッチオフ状態。

「右から左」はいまだに長男の得意技ですね。
[2014/02/07 17:38] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1138-81b00652
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。