Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新4年生
長男は4月から新4年生

教室に通ってくる塾生でも一番多い学年が新4年生

新4年生は算数でどんなことを学ぶのでしょうか?

http://www.kobun.co.jp/series/revision/ichiranhyo/sansu4.html


う~ん 難しそう。

理解できなくて塾に通わされる子が増えるでしょうね。

特に図形と数量関係で苦戦する子が多そうです。


「小4から習うことが難しくなるからついていけなくなる」

良く聞く言葉ですが、その大前提が抜け落ちたままだと、塾や家庭教師による「反復学習」で

短期的にはテストの点数が上がり、成績も上がり、解決したと思ってしまいます。

テストの点数が上がり、成績も上がればそれで問題ないでしょう?という方もまあいますが、


大前提

考える力(理解力・読解力・創意工夫力などなど)が育っていないから…ついていけなくなる。


育っていない「考える力」の対策をしないで、ついていけない単元のテスト対策ばかりしてしまうと、

100点のテストの裏に隠された根深い問題に気がつきません。

実際、学校の反復学習だけで、小6までは表面化しなかった子にもたくさん会ってきました。

もちろん小6までに表面化した子たちにも。

「小学校までは勉強ができたのに」

というお母さんの言葉を何度聞いたことでしょう。


他にも学力不振の原因を

大事な単元の時にインフルエンザで休んだこと

進研ゼミを真面目にやらなかったこと

そろばんをやるのが遅かったこと

公文に通う時期が遅かったこと

勉強時間が足りなかったこと

本人のやるき・努力が足りないこと

そう思っている方が実際にいました。


増え続ける荷物(勉強)を積載量が少ないリヤカーでは運びきれなくなったのに、

リヤカーのまま往復する回数を増やす、走るスピードを上げるという対策では、

運ぶ荷物がどんどん増える中高生になって困ります。

軽トラ、2tトラック、4tトラック、10tトラックと、積載量を増やすという対策も

しなければいけないと思います。

だから私は息子たちに、運ぶ荷物が少ないうちから、積載量を増やすための子育てをしています。

スピードUP(計算・暗記スピード)、往復する回数(勉強時間)など、

あとで速くできたり増やせるものは後回しです。

毎日1時間プリント学習する学習習慣?

いやいや、なんでも疑問に思って考えたり質問したりする習慣のほうが大事でしょう。

自分で工夫する習慣のほうが大事でしょう。

教わっていなくても自分で解決方法を探し出す習慣のほうが大事でしょう。



jiatama_hiro.jpg
家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ
家庭用教材サンプルダウンロード馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校 湖北台東小学校 湖北台西小学校 湖北小学校
関連記事
スポンサーサイト

コメント
Re: タイトルなし
>「誰でも、かけるんじゃないかなあ。そんなに難しくないよなあ」とふと思ってしまいます。
>同級生にどんぐり問題をやってもらったことがないので、比較のしようがありません。


順調に育っていますね(^_^)v
実際に同級生たちがどんぐり問題をやるところをみると、なかなか刺激的な光景が見られると思いますよ。
[2014/04/02 18:10] URL | 金森 #- [ 編集 ]


こんにちは、ご無沙汰しております。いつぞやの通りすがりです<(_ _)>

塾にたくさん通わせて習い事を吐くほどやらせ、それで子育てしていると満足している親御さんは結構たくさんいらっしゃいます
これだけお金をかけているんだぞと、そう言いたいわけです

私に言わせれば、札束で子供の顔をはたいているのと変わらんのですがね

そして、そういう親御さんは子供さんにこういうんですよ。これだけ働いてたくさん勉強させてやったんだから、親孝行しろとね

親孝行はもちろんするべきですが
金で育てられた子供は、金で親孝行してきます

まるで、ビジネスのような関係です。

そばにいてほしいな、いろいろと話をして欲しいなと思っても、そもそもそのような教育をしてませんので、やり方がわかろうはずもありません。それ以前にやろうとも思ってくれません。当然の事です。

何も不思議なことはありません。子供は育てたように育つ。それだけです。

ですから、子供が十二歳になるまでに親がすることは、親のことが大好きな子に育てる事です
子供のころに芽生えた心は、大人になっても決して忘れませんからね

その点からかんがみて、どんぐり式は非常に理にかなったやり方であると私は思います

ただ、私の娘はもう手遅れです^_^;
九歳も過ぎてますし、もうじき十二歳。早く出会えていたらとこれほど思ったことはありません
ただ、知らず知らずにうちに似たような事はやっていました。そのおかげでしょうか…一応、勉強は好きな子に育っています
成績は今のところ上位クラス。かつてツバメも真っ青の低空飛行のときもありましたが、私は成績の事でしかったことは一度もありません。その代わり、近所の小さい子供の面倒をすすんで見させ、それを嫌がったときは叱りました。小さい子を遊ばせようとするとそれなりに工夫しなければなりません。それを面倒がるようでは、この先やっていけないと判断したからです。

…ブログの件、お待たせしてスミマセン。ただいま主人を説得中です。
[2014/04/03 15:31] URL | 通りすがり #6iWozQio [ 編集 ]

Re: タイトルなし
通りすがり さん

こんにちは

>ただ、私の娘はもう手遅れです^_^;
>九歳も過ぎてますし、もうじき十二歳。早く出会えていたらとこれほど思ったことはありません
>ただ、知らず知らずにうちに似たような事はやっていました。

どんぐりだけが子育ての正解ではないですから(^-^)

確かにかけたお金が愛情と思ってしまっている方も多いですね。
ただ初めての子育てで、早期教育、習い事の勧誘があれほど熾烈なことを考えると、子どもも被害者ですが親も被害者なのかなぁと最近良く感じます。幼稚園にまで入り込んでいますからねぇ
それでも親が判断しないといけないんですけどね…。

>私は成績の事でしかったことは一度もありません。
立派です。どんぐりを知らなければきっと私は叱っていたと思います。
「こんなこともわからんのか?!」と…(苦笑)

ブログ、期待してます(^_^)/
[2014/04/03 15:59] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1206-37719b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。