Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自学という強制
子どもは好奇心旺盛です。

なぜ?どうして?の塊です。

関心を持つのは学校の勉強ばかりではないでしょう。

テストには直結しないかもしれません。

受験には役に立たないかもしれません。

でも子どもたちは知りたい、学びたいという気持ちがあります。

学校の勉強でも、ひょっとしたら週に30分くらいなら自分から勉強をするかもしれません。

高学年になったらもっとするかもしれません。

中学生になったら、将来を見据えて学び出す子もいるかもしれません。

自学の芽はいつか育ってくるでしょう。

でも、「そんな子に育てない」いい作戦があります。

そう、強制的にやることを決めてやらせることです。

学校の勉強を、宿題、家庭学習という名で、強制的にやらせることです。

見事に自分から学ぶ力を奪います。

長男は小1の頃から学校の宿題をさせていません。

テレビも週に3時間、テレビゲームはありません。

習い事もしていません。

だから暇な時間がたっぷりあって、外で思う存分に遊んで育ってきました。

外遊びから帰ってくると兄弟で遊んだり、本を読んだり、詩をつくったり、漫画を描いたり、

いろんなことをしていました。

ところが、小4になって、自学の宿題が出るようになりました。

なんでもいいから1ページ勉強するというやつです。

「う~ん、させたくないけど…まあ好きなことだからまあいいか」と

「やってもいいよ」と言いました。

最初はどんぐり式の問題をやったり、詩をつくったり、4コマ漫画を描いたり、

普段自由帳や裏紙にやっていたことを自学ノートに楽しそうにやっていましたが、

最近やるのを面倒くさがるようになりました。

自主的な創作活動、興味の掘り下げだったものが、

強制になったからです。

楽しかったことが、やらなければいけないことになったからです。

ま、当たり前の結果ですね(苦笑)

自学であれば、学びたいことを学びたいときにさせてほしいものです。


楽しかった創作活動が、ノートを1ページ埋めるというつまらない作業になってしまったので、

そろそろ禁止しましょうかね。(^-^)

させない承諾は得ていますしね。

教育基本法(家庭教育)
第10条父母その他の保護者は、子の教育について第一義的責任を有するものであって、生活のために必要な習慣を身に付けさせるとともに、自立心を育成し、心身の調和のとれた発達を図るよう努めるものとする。
2 国及び地方公共団体は、家庭教育の自主性を尊重しつつ、保護者に対する学習の機会及び情報の提供その他の家庭教育を支援するために必要な施策を講ずるよう努めなければならない。


家庭教育は保護者に責任があり、地方公共団体は家庭教育の自主性を尊重しつつ、家庭教育を支援するために必要な施策を講ずるように努めなければならないと法律にもはっきり書いてあります。
保護者の教育計画を無視して、強制的にさせてもよいなんて…書いてありませんね。
宿題は先生との約束だからなんてこともね。

賢くなって、自主的にどんどん学ぶ習慣がつく宿題ならさせますが、全くの逆効果、頭が悪くなって、自分で勉強できずに高学年、中学生からは塾に頼らなければならない子に育つんだから、させる理由はないんですけどね…。

ただ、家庭内での教育力が著しく落ちている状況では、宿題で何とかしようという先生の想いはとても良くわかります。教育現場では恐ろしいほど学力が育っていない子たちをどうにかしようと頑張っているのに、親が危機感を持っていないんですから。 ゲームを与え、テレビをつけっぱなし、夜更かしをさせ、毎日習い事で忙しくさせ、表面的な先取り学習をさせ…。

~おまけ~

テレビゲームをやめさせたければ、普段勉強をさせようとしているのと同じようにすればいいという方もいます。

「学校から帰ったらすぐにゲームをしなさい!」

「姿勢をよくしてやりなさい!」

「あと30分くらいはやりなさい!」

「暇ならゲームでもしなさい!」

「毎日欠かさずやりなさい!」

「外で遊んでばかりいないでゲームやりなさい!」

「そんなこともできないのか!」

「朝早く起きて30分やりなさい!」

私もいい作戦だと思います。

絶対嫌になるもの(笑)


jiatama_hiro.jpg
家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ
家庭用教材サンプルダウンロード■ 教室地図(印刷用)
馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校 湖北台東小学校 湖北台西小学校 湖北小学校
関連記事
スポンサーサイト

コメント

うちは、どんぐりでさえ親が言わないとやらず。のんびり本を読んでたりすると、無理強いできず、一人マシーン稼働している自分が悲しくなり、つい息子に腹を立ててケンカになります
どうにかどんぐりだけはしてほしいのですが・・・
これからどうなっちゃうのでしょうか・・・・
[2014/05/21 09:22] URL | waku #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
wakuさん

うちもどんぐりは声をかけないとやりませ~ん(笑)
自学ノートの時はたまたまやりましたが、その後は全然ですよ。

この間もマシーン稼働している最中に兄弟で遊んでいて私の背中に足が当たったので、

「パパは今お前の宿題をやっていてイライラしている」
「イライラしているから近くで遊んでると叱られるぞ」

とイライラしながら言っちゃいました…。

どんぐりも週1回ですしね。
自宅教室がようやく始まるので、そうしたら念願の週2回♪
[2014/05/21 10:17] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1244-6f780f36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。