Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S5-05★★
<S5級-05>★★
三つ目小僧チームと一つ目小僧チームがドッジボールをしています。三つ目小僧チームのほうが2人多いようです。全員の目の合計は22個です。三つ目小僧チームは何人いるでしょうか。



長男も私も気に入っているこの問題、小2~小5までの学力診断に入れてあります。

式だけで解こうとすると難しいですが、絵図にすると割と簡単に解ける問題なので、解けなかった子に絵で解いてもらうとその場ですぐに出来る子もいます。

最近入会した子たちは、低学年でも割とすぐに答えを見つけますが、

以前は入会から半年~1年たった高学年、中学生たちでも解けない子がいました。

入会制限をしていなかった頃です。

テレビゲーム、テレビ、学校の宿題、忙しい習い事、その他環境設定について、

教室通信などでやんわりと啓蒙はしていましたが、強くお願いをしていなかった頃です。

環境設定を甘く考えていた私の責任ですね。

子供達は毎日忙しい生活の中、さらに教室に通わされていたのに、

最近預かっている子たちがほんの数回通うだけで到達するレベルに、

1年掛けても届かせることができなかったんですから。

そして、大事な時期に折角出会ったどんぐり式の学習を、効果の薄いものにしてしまったんですから。

高学年で、12歳までのリミットが近い子たちにさせていい環境ではありませんでした。

反省しています。


教室に週に1~2回通うだけで中学から塾いらずの賢い子に…育ちません。

毎日テレビを4時間も見せていては…

ゲームをやりたい放題させていては…

習い事ばかりさせてへろへろでは…

大量の高速計算を繰り返していては…

家庭環境が殺伐としていては…

それでも育つ子はいるでしょうが稀です。

我が子はそうじゃないと思った方が間違いありません。

私の子たちもそうじゃないです。

守ってやらないとすぐに悪い影響を受けます。

それなりに育ってきた小4の長男でも、潰そうと思えばまだまだ潰せます。

3DSを買ってやって、ゲームやり放題、テレビ見放題、毎日音声計算をさせて、怒鳴り散らしながら計算ドリルと漢字ドリルを大量にさせれば、半年もあれば別人のようになるでしょうね。させませんけどね(笑)

だから入会制限をしています。

ゲームをやる時間を減らしてもらっています。

テレビを消してもらっています。

エネルギーを浪費する習い事を減らしてもらっています。

明らかに悪影響を与えている宿題は制限してもらっています。

ただでさえ忙しい子どもたちの時間をもらっておいて、

力をつけてあげられないんじゃあ申し訳ないですから。

時間とお金の無駄にならないように。

100人中、30人がしっかり育つのではなく、

20人中、20人がしっかり育つような教室にしたいと思っています。

そうすれば、70人のネガティブスピーカーを誕生させなくて済みます。

どんぐりの良さを語る人より、ダメだった、育たなかった、と言う人のほうが多くなってしまったら、

結局このエリアにどんぐりを広められないと思ってそうしています。

新松戸という塾だらけのエリアなので。

あくまで私の教室では。

他のどんぐり教室は違いますよ(^_^)


そうそう、上の問題を多少内容を変えて、最近あるところで30人強の小3生たちにさせてみたそうです。

結果は…正解を出せた子は5人いなかったそうです。

すると1人はうちの教室の子だから、4人―1人で、多くても3人。

解き方を知らないこの問題を、自力で解けた子が小学3年生で 1割 だったということですね。

まあその学校の子たちは、学校の方針で1~2年生の頃ストップウォッチを持って計算カードを競わせたり、計算プリントの宿題が大量に出たりしていましたから、解けた子が3人いたんだぁと感心しました。

こんな問題解けたからってなんなの?

教えて解けるようにすれば同じでしょう? と反論する人もいると思いますが、

解き方を習ってない問題を、自分で工夫して解けるって、子どもにどれだけの自信を与えるか、

考えてほしいですね。

そして、普通に学校に通わせて、毎日宿題をたくさんさせて、そろばんを習わせて、

高速計算プリントの教室に行かせて、通信教育のドリルをさせて、たくさん勉強をさせているのに、

この程度の問題をたった1割しか解けないような教育環境なんだと、わかってほしいなぁ。

高学年になったら、自然に解けるようになる?

なる子もいるでしょうが、うちに体験に来る高学年の子たちも、ほとんど解けませんので、

自然に解けるようにはならないんじゃないかなぁ。


忙しい学校現場でも、子どもたちの考える力を育てようと試行錯誤されている方がいます。

応援しています(^_^)

出向いていろいろお話をしたいですが、我が子の学校じゃないので呼ばれないと行きません。

でも呼ばれれば行きます♪




jiatama_hiro.jpg
家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ
家庭用教材サンプルダウンロード■ 教室地図(印刷用)
馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校 湖北台東小学校 湖北台西小学校 湖北小学校

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1258-3c48d229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。