Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生のせいではないけど…
小学校での話ですが、

A:テスト勉強なしでテストを受けさせて、間違えたところは、弱点としてしっかり理解・覚えさせる。

B:テストに出る内容を直前に練習させて100点をとらせようとする。

力がつくのは明らかに「A」ですが、小学校で先生たちがやっているのは「B」です。

先生だって「A」のほうが力になることはわかっていると思います。(というか思いたい)

でもなぜ「B」をやれないのか?

なぜ、テスト前にテストと同じような問題が、くどいほど宿題で出されるのか?

結構な親が「B」を求めているからですね。

「B」というよりも「100点」を求めているからです。

多くの親が、理解しているかどうかは気にせず、点数を追い求めている。

点数がよければ、わかっていると錯覚しているから。

点数がよければ安心だから。


だから、小学1年生の七夕に

「漢字テストで100点をとりたい」

「さんすうのテストで100点をとりたい」

なんて短冊が沢山飾ってあるんですよ。

そんな育て方して…

結局「学力」も「心」も育たずに、

中学生になったら

「うちの子小学生の頃は勉強はそんなに困っていなかったので、

頭は悪くないはずなんですが、全然やる気がないんです」

なんてことを言いながら塾に全てを丸投げする親が、実際にいるから始末に負えません。

ちがいますよ。

小学生のころから、理解できていないのに、点数だけ取らされていたんですよ。


先生たちも言っていいと思いますけどね。

「テレビゲームをやらせ過ぎです。

テレビを見せすぎです。

先取りさせているから、授業をちゃんと聞きません。

先取りで計算は出来るようになってますが、全然理解できていません。

理解力が著しく乏しいです。

家でのストレスを学校でまき散らしているので迷惑です。」

講師の方は言いにくいでしょうが、公立小学校の正規の教員は公務員で身分は保障されているんだから、

それくらいガツンと言ってほしいなぁ。

一夜漬のようなテスト勉強をさせないで、

範囲の広い学力テストのようなテストをたまに受けさせて、

「全然理解できていないし、わかっていないからこんな点数なんです。

教えたことを理解できないんです。

理解力、記憶力が著しく乏しいんです。」

って。


私が塾生の家庭の環境設定にまで踏み込もうと決めた時は…

1年間以内に半分くらい辞めました(笑)

全員辞める覚悟でやったので、まあそこまではいきませんでしたし、

その後はどんぐりに共感してくれる家庭の子が増えましたけど…ね。



公立の小学校だったら、転校して授業料が減るなんてことはないんだから、

給料がガクンと下がることはないんだから、

言ってくれてもいいですよねぇ


さて、そろそろ七夕です。

塾生(当時小1)みたいに、

「学校のことと関係ないから書き直し!」と言う先生がいませんように。



~うちに帰ったら~

50問の漢字確認プリントが3枚ありました。

全部同じ50問×3枚×2(表・裏)=300字・・・

しんどい。

jiatama_hiro.jpg
家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ
家庭用教材サンプルダウンロード■ 教室地図(印刷用)
馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校 湖北台東小学校 湖北台西小学校 湖北小学校

関連記事
スポンサーサイト

コメント
難しいかも?
こんにちは。
夏が近づいてきましたね。運動会でしっかり日焼けしました。

そうですね。できたら先生にそう言ってもらえたら気付く親御さんも出てくるかもしれませんね。

先日、学校のプールにいるヤゴを救出するイベントに参加しました。
子どもが通う学校は、三年生とボランティアの親が担当することになっています。
2・3時間目を使って行われ、2時間目にヤゴの特徴や捕まえ方、育てかたなどを紙芝居やお話で学んで、3時間目にプールで救出しました。
お話や紙芝居の時にはしゃいでいる子ども達に先生の怒鳴り声。20代前半の女の先生で、良く怖い顔をしているのでうちの子達はとっても苦手としている先生。「笑顔あふれるクラス」が目標ですが、かなりハードルが高そうです。
落ち着きの無い子はほとんどがゲーム携帯、習い事多い、親が怒鳴る叩く、、、、とどんぐりを知っている人には典型的な荒れた子ども達。先生も当然見抜いていると思うけれど、具体的に指摘出来ないようです。
それは、公務員であるが故にです。
様々な職業・考え方の親御さんに対しての配慮を欠くと、バッシングされ最悪の場合退職に追い込まれる恐れがあるからだと推測しています。前の担任の先生もチラッとそれらしいことを話されていました。「賛同してくれる家庭が多数派にならないと学校でどんぐりは使えない」とも。先生はかなり萎縮しています。
今の担任の先生は「低学年で甘やかすと高学年になって学級崩壊する。」と新人研修でかなり言われたらしく、家庭訪問でも「厳しくしないと学級崩壊」のフレーズが6回出てました。(苦笑)

学校は勉強を出来るようにしてくれる場所。
子どもが理解できない・テストで100点とれないのは先生の教え方が悪い。
と考える親を少数派にするためには地道にどんぐりを我が子で実践して、いいなと思ってくれる親を増やす草の根活動が効果的かな?
いくら説明しても心に壁を作っている相手には伝わらないから。

ヤゴを救出しながら、先生のブログを読ませてもらいながら、そんなことを考えていました。

長くなってごめんなさい。


湖北教室楽しそう。水着もって行きたいなあ~。

[2014/06/20 14:44] URL | ごっちゃん #- [ 編集 ]

Re: 難しいかも?
ごっちゃんさん

こんにちは

ヤゴ救出のイベントは楽しそうですね!
先生たち完全に勘違いしてますね。

厳しくした反動が高学年ででてくるのに。
その高学年をまた押さえつけておくと中学生で…。

ブログに書いた学級崩壊もまさにそれで、小1で親が話しかけられないほど厳しい先生に押さえつけられてきた反動が若手の先生に襲いかかっています。

保護者総会なんかに呼んでもらえないかなぁ
外部からがつーんと言われた方が効きますからね。
[2014/06/21 09:54] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1273-796a76cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。