Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やむを得ず
漢字テスト50問 

100点をとるまで繰り返し、休み時間、放課後居残りでやらされる。

そんなことをされているケースが少なからずあります。

本当は、テストでしっかり間違えて、間違えたところだけ取っておいて、

少しずつIF法で覚えていく。

そんなふうにさせたいと思っていますが、

100点をとらないと、正解の漢字まで全部書いて100点をとるまでやり直す。

しかも居残りで…。

という理不尽なやり方なので、居残りのあるテストだけは仕方なく100点をとらせていいかなと思います。

ただし、少ない練習量で。

やり方は、

宿題でくらばれる、なぜかテスト問題と同じ漢字プリントを、まずはテスト形式で本人にさせる。

間違えたところだけ、IF法でじっくり覚える。

テストの朝、間違えたところを覚えているか確認し、忘れていたらIF法で覚えなおす。

こんな感じでどうでしょう?

長男は朝ちょこっとやっただけでしたが、

「100点の自信あり!」と帰ってきました。

本当かどうかはわかりませんが…(苦笑)

その日に何度もやり直させる居残りさえなければこんなことさせないんですけどね。

覚えていない漢字の履歴も残せますし、居残りも回避でき、かつ練習量も少なく、

ストレスにならないので、お困りの方は是非(^_^)


「100点が良いこと」

と思い込まされている子たちが、高学年になって、中学生になって、

頑張っても、頑張っても100点が取れなくなったら、それまで積み重ねてきた硝子の自信は

木っ端微塵で、「どうせ頭悪いし…」になりませんかね。

小学生、中学生たちの「私(僕)、頭悪いから」発言が気になります。

100点とれないのが当たり前、間違えたところを勉強するだけ。

こっちでいきましょうよ。

子どもたちのためにね。

中学生の学習支援にかかわっている人が、

九九を覚えていない、

割り算がわからない、

分数がわからない、

そんな子たちが多いんです。と言っていました。

その子たちも、低学年の頃のテストは100点をとっていたことでしょう。

全然理解していなかったから、忘れたら出来なくなっただけです。

「九九なんか覚えていなくても、導き出せればいいじゃん」

くらいのほうが伸びると思いますよ~。

うちの長男は全部をすらすらなんて言えません。

覚えていませんから(笑)


jiatama_hiro.jpg
家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ
家庭用教材サンプルダウンロード■ 教室地図(印刷用)
馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校 湖北台東小学校 湖北台西小学校 湖北小学校
関連記事
スポンサーサイト

コメント
休み時間の居残りについて
お久しぶりです。はるです。
こどもの学校でも、休み時間を利用してテストの直しをやらされているらしいです。
休み時間は、休息休憩、次の授業の用意などに充てられるべきだと思うので、
私は、教育委員会のほうに休み時間の使い方について決まりはあるのかお聞きしました。
決まりは無いとのことでした。
先生の裁量にまかされているんですね・・・。
けれど、学校側に休み時間は休ませて欲しいという要望(苦情?)があったと
伝えてくださるそうです。
今のところ様子見ですが、休み時間に楽器の練習や宿題の直しをやらされて
自殺された女の子もいるとの悲しい記事をネットでみましたので
根の深い問題だと思います。
こどもを守りたいです。
[2014/06/24 11:23] URL | はる #z8Ev11P6 [ 編集 ]

Re: 休み時間の居残りについて
はるさん

「休み時間にまでやってくれる熱心な先生」と喜ぶ親も多いところ、我々のように「課題が終わらなくてもいいので休ませてください」と言う親もいて、先生も大変ですよね。

授業だけで理解し、時間をかけて身につけていけばいいというのんびりモードに切り替わったら、先生も子どもも楽なのに、親はそれを許す状態にないようです。

数では負けるので、こっそり守るしかありません。
うちも今朝、お手紙を書きました。

[2014/06/24 11:48] URL | 金森 #- [ 編集 ]


長男への幼少時の私の接し方の影響(未だに残るのですね・・・本当に後悔しています)と学校ストレスとで病院にかかればいろんな診断名がつけてもらえる?ような状態に長男はなっています。
ちょっと子どもの状態を誇張して(というと言い方が悪いかもしれませんが)先生に下手下手に出て、たまったテストは掃除の時間に・・・などしっかり電話でお願いしました。テストはしなくていい、通知表にそれを反映してもらって構わない、と伝えましたが、そうはいかないのが組織なのでしょうね。
子どもを壊しているのは学校や自分達も原因かもしれない、とちょっとでも気付いてもらいたいのとやっぱり子どもを守るために去年のように嵐が過ぎ去るのを待っていてはいけない、と思うので今年は積極的にモンペ扱いされない程度に(笑)関わっていきたいです。
[2014/06/25 17:36] URL | acorn #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
acorn さん

長男君にとって、お母さんが変わったことはとても幸せだと思いますよ。
気がつかずにずっと子どものせいにし続ける方も、というかそういう人のほうが多いですから。

あと、余計なお世話ですが、たとえ後悔するようなことをしたとしても、今の長男君が素晴らしい、自慢の息子だといつも伝えてあげるといいですよ。

どんぐりに出会って、過去の環境を見直すのはいいのですが、子どもの現状を「子どもの目の前で」嘆いたり、心配を口にしたりする方もいます。それはマイナスにしかなりませんからね。


学校へのかかわりなど、出来ることはやるとして。
モンペ扱いされない程度に(笑)
[2014/06/25 18:45] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1274-c211027a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。