Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便利だと頭を使わなくていい
私が子どもの頃、お風呂には追いだき機能がついていました。

便利でしたね。

もっと昔は水を汲んで、薪に火をつけてあっためていたんですから。

我が家のやり方はこうでした。

①水を出来るだけチョロチョロ溜める。
…その方が水道代が安いと母親が言っていましたが本当かどうかはわかりません(笑)

②追いだき機能を使って点火

③あったまったら消す

今みたいにタイマー機能がついていなかった頃でしたので、つけたら消す。

たまに消し忘れて、熱過ぎて入れずに叱られた覚えがあります(笑)

水も勝手には止まりませんでしたので、

このくらいの水の出方だと、大体何分くらいかな?

途中で確認し、またとめるまでの時間の見当をつける。

20分で10cm程度なら、あと何分で…と言う感じですね。

火をつける時も、春夏秋冬で当然水温は違いますから、大体何分かなあと考えます。

お風呂の準備をするといった単純なお手伝いでも、

時計を見ながら見当をつけて、自分の頭を多少なりとも使っていたんだなあと思います。

現代は…ボタンを1回押すだけです。

まったく頭を使うことがありません。

失敗もない、工夫もない、ただボタンを押すだけ…。


日常生活が便利すぎるつけは、成長過程にある子どもにきます。

塾、習い事、子ども向けのイベント、ほとんどは子ども向けのサービスです。

子どもがお客様です。

頭を使わなくても楽しめるようになっています。

(それか親がお客様で、子どもが無理やりやらされる…)

残念ですね。

「暇だ~ なにしようかなぁ~」

この時間こそが子どもには必要なんだなぁと思います。


jiatama_hiro.jpg
家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ
家庭用教材サンプルダウンロード■ 教室地図(印刷用)
馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校 湖北台東小学校 湖北台西小学校 湖北小学校
関連記事
スポンサーサイト

コメント
実家は薪風呂でした
私も子供のころは何度も水を止め忘れ、お風呂を溢れさせていました。そこで時計をにらめっこ→時計(時間)の感覚が身につく。その後、私の実家は薪で風呂を沸かしていたので、薪を割って火をおこすのですが、特に天気の悪い日はなかなか火がつかない(笑)
やっと火がついても、ちょっと目を離すと火がくすぶって灰になりかかっている。慌てて細い薪から火をつけ直す。こんな悪戦苦闘を子供のころは毎日していました。
高学年のころには風呂焚きのプロ?になっていたので、空いた時間を使っては、薪になる木材を切ったり削ったりして、プチ日曜大工のようなことをいていたのを思い出しました(^.^)
考えて工夫するって楽しいですよね~♪貧乏と親に感謝です。
[2014/08/20 13:37] URL | 内山 #- [ 編集 ]

Re: 実家は薪風呂でした
内山さん

薪風呂いいですね、憧れます(^_^)
毎日だと…しんどいですが(苦笑)

昔はお手伝いをもっとやっていた(やらされていた)し、面倒くさいことが多かったですよね。
枝豆をむしったり、里芋の皮をむいたり、電子レンジもないから冷や飯も鍋でふかしたり。

そういうことをやらない子が多いから、高学年でも『蒸発』で水が増えると思っている子が普通にいるんでしょうね。習い事より大事だと思うんですがね…。

遊びでも、竹トンボを自分で削ってつくったり、はんだごてを使ったり、プチ日曜大工やってました。
そう考えると自分の子どもたちにはあまりする機会を与えられていませんね…反省。

[2014/08/20 14:13] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1320-9b8fdb35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。