Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて
小1の次男、小学校に入学して多少の影響を絵に感じることはありましたが、

正解のときも不正解のときも、数字はほとんど描かないで解いてきました。
http://pegashin.blog53.fc2.com/blog-category-10.html
ところが、昨日は…


全部数字でした(笑)

まあ、絵にしにくい「秒」の問題ではありましたが、普段数字を全然書きこまない次男が、

「絵がかけない」 「わかんない」 を連発していました…。

S6-56hiro×



長男とは違い、計算が得意、させないのにどんどんはやくなるタイプ。

学校の授業だけでも長男より影響が出るとは思っていましたが予想通りでした。

さくらんぼ計算と百マス計算の威力は凄いなぁ~

※もちろん家ではさせていません

どんぐりの環境設定をしっかりしていれば焦る必要はありません。

一時的なので、日々リセットを続けるのみです。

でも目先の記録に一喜一憂している親は焦った方がいい…。

計算スピードがあがったその裏で、考える力が潰されています。

どんぐりを知らなければ焦りようがないか(苦笑)

だから、知ってもらうのが大事です。


湖北教室に来ていたお母さんたちにはお見せしましたが、次男は普段全然数字をかきません。

それが昨日は見事に数字ばかり…。

育てるのは時間がかかり大変ですが、壊すのは簡単です。

1年半やってきたのが、たった1~3週間のさくらんぼ計算&百マス計算の反復で…。

でも12歳までの7年計画なので、この程度は一時的なダメージとして予定通りです。

逆に面白かったです。

でも他の子が心配です。

jiatama_hiro.jpg
★学習教室の入会条件★
家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ
家庭用教材サンプルダウンロード■ 教室地図(印刷用)
馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校 湖北台東小学校 湖北台西小学校 湖北小学校
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは(^^)たまにコメントしてます。

うちも低学年のとき、子どもが困っていたことを思い出しました。

「お母さん・・なんでこんなことするん?」

さくらんぼ算・・・私は初めて見たような(私のときは習ったかどうか?)?

え~っとさ、一応お母さんも教えるけど、今しかやらないし、先生も6年生になって「なんでさくらんぼ算ができないの!」なんて言わないから、あんまり気にしない方がいいよ~って言ってました。

さくらんぼ算は数の分解と合成ですよね・・・。普通に計算ができれば、全くいらない知識です。うちは普通に前から足したり引いたりしてました。計算の仕方がうちは学校で習ったやり方でやってなかったため、先生の説明では理解できないことが多かったです。

そんな息子ですが、この間円の面積のテスト(計算ばっかり)で、クラスで1人だけ100点だったそうです。(もちろんkumonに通っている子もいますよ。)

6年生になってから、テストに対する精度が上がったと感じる今日この頃です。
(どんぐりもまずます・・・という感じです)
[2014/11/02 17:10] URL | おーやん #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
おーやん さん

息子さんもう小6ですか、逞しくなったでしょうね。

さくらんぼ計算は仰る通り数の分解と合成なので、すでにわかっている子にとってはまた意味のないまわりくどいことをやらされて混乱しますね。

今の親世代の頃はなかったんじゃないでしょうか。
私もやった覚えはありません。

息子さん、楽しみですね(^_^)
[2014/11/04 10:44] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1374-8579df51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。