Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工夫する問題?
小4の長男が、

「学校でどんぐりっぽい、決まったやり方じゃない工夫する問題が出たよ」

おおっ 渡してあるどんぐり問題が使われたか?と思って

『へぇ どんな問題?』

と聞くと

「ある値段のお菓子を7個と180円のジュースを1つ買ったら600円でした。
             お菓子一つの値段はいくらですか? みたいな感じ。」

(数値は忘れましたので適当です)

『 (笑) どこがどんぐりっぽいのよ。 頭つかわんだろ?』

「でもきっちりやり方が決まっていない問題は初めてだし、
               これ解けない子たくさんいるんだから」

『ああ、確かにそうだね、解けない子はたくさんいるだろうね。』

とらされた100点のテスト用紙を見て、

自分の子は大丈夫と思ったら大間違いです。


どんぐり式で育てていると(特に教室をしていると)、

「もともと賢い」

「たくさん勉強させている」

そう思われますがそれは違います。

子どもはみな「もともと賢い」ですが、その賢さを潰さないように子育てしているだけ。
(長男に関しては、その賢さを結構潰してしまいましたが・・・)

机に向かっての勉強はほとんどさせていません。

勉強させないで、義務教育の勉強ぐらいは困らないように子育てしているだけ。

「勉強」はさぼっているけど、「子育て」をさぼっていないだけです。

「子育て」をさぼって「勉強」だけ頑張らせるからおかしくなるんです。


「勉強」はしていませんが、自主的な「学び」は良くしています。

興味のある本、くだらない実験、テスト範囲に制限されない思考、

オリジナルの詩をつくり、オリジナルの漫画を描いています。

著者の意見を抜き出しなさいなどという、くだらない作業をさせる時間が勿体ないだけです。


いろんな教室にいって、指導者の用意した実験や制作をしたって、

「自主性」 「創造性」は育たないと思いますよ。


『親は育児やしつけを放棄している。ゲーム機を買い与え、カネを与え、使いたいように使わせて放置している。それをなんで私たちが「指導」しなきゃいけないの?学校がゲームを買えと言ったのか?「スマホは便利だから買いなさい」とか文科省から通達でもあったのか。ゲームのトラブル、LINEのトラブル、金がらみのトラブル、親は買うだけ買わせておいて、トラブルが起きたら学校頼み。』
小学校教諭の仕事の本音 より
http://honne.biz/job/q1010/1/



jiatama_hiro.jpg
★学習教室の入会条件★
家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習
家庭用教材サンプルダウンロード■ 教室地図(印刷用)
馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校 湖北台東小学校 湖北台西小学校 湖北小学校
関連記事
スポンサーサイト

コメント
応用??
六年生なので総復習や応用が算数でも入ってきています。「割合を使って」の単元はページ数は少ないものの、どんぐり的にやろうと思えばできる単元です。が、昨日も長男の計算ドリルをやっていて、「・・・」となりました。やっぱりこれまで同様、手順毎に解答欄が分けてあって、意味もわからずその通りやっていけば正解が出るようになっていました。そして極めつけは、テスト範囲用紙の算数の欄に、「数字が変わっても解けるようにしておくこと。」とご丁寧に注意点が書いてありました(-_-)
ちなみにウチの小学校のドリルは○○ゼミ!でおなじみのあの会社のものです。
学校が使っているのだから、と家庭でもそこの教材をとったりして、売り上げも伸ばしているんだろうなぁ・・・と、どうでもいい想像をしています。
[2015/02/10 13:01] URL | acorn #- [ 編集 ]

Re: 応用??
acorn さん

高学年の単元は、教わった通りにやろうとするとわけがわからなくなりますからね(苦笑)

うちのほうは 長男は「計算ドリル」次男「計算スキル」を使っていますね。
「計算スキル」のほうが問題数が少ないだけ、多少マシですが、無駄なお金と時間の浪費にイライラする点では変わりません。

http://hanpuku.jp/
嫌な名前です…
[2015/02/10 13:43] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1435-d5f73392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。