Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一応資料を送りました
息子の小学校に提出した資料をアレンジして、我孫子市の小学校の校長先生に送りました。
(息子たちの小学校を除くと12校でした)

2015年7月6日付 小学校向け資料

まぁ返事が来ることは期待していませんけどね。
私が学校側の人間ならおそらく無視します(苦笑)

ほんとは資料を送ったあと、さらに電話してアポイントをとるくらいやればいいのですが、給料をもらってやっている仕事じゃないから嫌です(笑) 
人事・採用の仕事をしていた頃から、学校の先生は苦手でした。
アポとって求人のお願いに出向いても、対応する先生がいないなんてことがざらでしたし…。
最近は小学校に対するモチベーションが下がり中・・・代わりに幼稚園のほうに関心が移っています。
やっぱり「治療」よりも「予防」だなと。


子どもの学力低下など、小学校の先生たちは困っていなんだなぁと感じています。
学力が育っていないのはわかっていても、類題タイフーンで表面的には何とかなります。
(ツケは中学校~高校~大学~企業にまわりますけど・・・一番は子どもたちか)
もっと根本的なところ、私が環境設定がめちゃくちゃな子どもたちを預かっていた頃に感じていた、
「もう、勉強どころじゃないなこの子たち」というところで困っていると思います。
(ここもどんぐり理論で結構解決すると思いますけどね)
そして、そういう子どもの問題は家庭に原因があって、先生たちの責任ではないと思っているでしょう。

だから気になるのは、
年間の予定を計画通りに消化できるか、
学級崩壊にならないか、
生徒同士で大きなトラブルが起きないか、
保護者対応でトラブルが起きないか、
イジメが問題にならないか、
学校がその責任を問われないか、

そんなところだと思います。
学校としてはそうなるのは仕方がありませんね。

だから、学校が変わるのを期待していたら子どもは大きくなってしまいます。

だから、親が気づいて動いてくださいね。
PTAの講演会や勉強会、出張授業の要望など、保護者が動けば学校も動きます。
よろしくお願いしますね。

親が動かないと、超巨大組織病にかかっていて、お役人仕事が当たり前の学校は動きません。
(変わることを期待するのはやめましょう。親だって我が子のために変われないんだから)
それに、まともな人間に育っていない(育ててもらえない)子がふえているんですから。
イジメで生徒が自殺した学校の酷い対応は、ニュースで目にしているはずです。
中学男女24人『集団LINEいじめ』解決に立ち向かった父の奮闘実話
子どもを守るためには親が動くしかないんですよ。


jiatama_hiro.jpg
★入会をお考えの方へ★
家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習
家庭用教材サンプルダウンロード■ 教室地図(印刷用)
馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校 湖北台東小学校 湖北台西小学校 湖北小学校 若草幼稚園 高野山小学校 我孫子第二小学校 我孫子第三小学校

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1551-1708d803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。