Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰が育てる?
わり算の筆算のやり方を忘れてしまった。
九九を忘れてしまった。
分数の引き算のやり方を忘れてしまった。
割合の公式を忘れてしまった。
速さと時間の公式を忘れてしまった。

・・・すべて忘れてしまったとしても、自分で工夫して答えを導き出す力、『考える力』は誰が育てるべきか。

親か?
学校か?
塾か?

それぞれ自分達が育てると決意したら、子どもたちはもっと楽になれるのに。この中では、「学校」が一番取りこぼしがないですね。

不幸なのは、それぞれが「目先の点数」を追い求めてしまっていること。
「塾」はまぁやむを得ないかな。短期的に「点数」をとるためのスキルが必要な子もいるでしょうし、何より親が目先の点数を望んでお金を払うわけですから・・・。でもその点数をとるためのつまらない勉強が、子どもたちから自分で考える力を奪っていることは知っておくべきですね。

残念ながら、これだけ学力不振の中学生を送り出している小学校は殆どわかっていません。そればかりか、一番点数にこだわっているように見えます。(子育て放棄しているくせにうるさい親が多いですからね) 1つの単元テストに対し、何日も前から(業者の)テストとセットの類題テストをさせ、プリントをさせ、直前にも類題プリントをさせるほどの力の入れよう。我が子の宿題をやっているどんぐり父さん・母さんはもうご存知ですよね。

それが、親の手元に届く点数なんですよね。
だから中学から落ちこぼれるように見えるんです。中学の先生たちは100点をとらせる気はありませんからね。


本来は家庭で親が育てるものです。
でも実際問題、家庭には教育力がなくなってしまったから学校で育てるのが現実的だと思っています。
先生も楽だし、子どもたちもハッピーだし。


jiatama_hiro.jpg
★入会をお考えの方へ★
家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習
家庭用教材サンプルダウンロード■ 教室地図(印刷用)
馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校 湖北台東小学校 湖北台西小学校 湖北小学校 若草幼稚園 高野山小学校 我孫子第二小学校 我孫子第三小学校
関連記事
スポンサーサイト

コメント
どんぐり
ブログで勉強させていただいています。まさに、私が育てるのですね!

小学1年と年少の母親です。宿題マシーンになりながら、どんぐり倶楽部のデータCDを購入し使用しています。

久々に見た虹色教室通信のブログでどんぐり倶楽部がとりあげられていました。

President online 10月1日‘作家佐藤優が公文を推す理由’という記事があります。

こどものためと思いながら、私が育てなければ誰が育てると思いながらも、情報、世間体に振り回されています。

現在、愛知在住ですが、実家が柏なので手賀沼をサイクリングしたりと思い出深い湖北という場所、おそらく世代がにている、、等、とても親近感をもちながら、勉強させていただいています。

2月28日の‘はっきり言いますが’の記事をよく読み返します。ぶれないようにこれからも勉強させてください。更新、楽しみにしております。
[2015/11/06 10:46] URL | 野田 #- [ 編集 ]

Re: どんぐり
野田さん

そうです、野田さんが育てんです(笑)
虹色教室通信のブログも人気ですよね、どんぐり母さんでも見ている方が多いようです。
President online 10月1日‘作家佐藤優が公文を推す理由’
これも以前読んだ時に、あらら~また被害者が増えるなぁと思いました。
●文式の学習は、受験向けに生かせる子たちはいるんです。ただその比率がどうかなんですよね。
以前塾仲間と話した時に、潰されないのは大体10人に1人くらいじゃないかと話がまとまったことがあります。
もちろん、「心」や「思考力」「判断力」などへの影響は考慮せずに。

私はそろそろ●文式に通わせた子は預かるのを止めようとも思っています。
凄いストレスになるもので・・・。
自宅学習中心のフリーコースならサポートしますけどね。

どんぐり倶楽部は私が知る限り最高です。
周りと違いすぎる所、同じように育つ子が少ない所など、マイナス面はそのくらいしか感じていません。

どんぐり子育て、楽しみましょう♪
実家にお戻りの際は、是非湖北教室に遊びに来てください(^_^)
[2015/11/06 11:42] URL | 金森 #- [ 編集 ]


子供たちが、自分で楽しい人生をみつけていけるように、どんぐり倶楽部を小学校時代じっくり続けます。
最高です、とのこと。おおっ!心強い。

昨年、ママ友2人が公文の先生だったことを知りました。真剣に育児をし、信念を持って働いています。

余裕がまだないので、私は自分のこどもを守るばかりですが、少しづつ経験を積んでいきます。コメント、ありがとうございました。
[2015/11/08 18:00] URL | 野田 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
野田さん

公文の先生も、学校の先生も、多くのお父さんお母さんも、

真剣に子どもの事を考えて働いています。

公文の例でいえば、

なぜ

女性限定なのか、専業主婦(推奨)、自宅にスペースがある人(推奨)なのか、

代数(計算)なのか、週2日なのか、7割が教室の引き継ぎなのか、 

その辺を掘り下げて考えてみると面白いですよ。
[2015/11/09 10:15] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1616-8ff85a70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。