Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我孫子市の小学校の先生へ(再掲載)
理解力を持たない子ども達が増え、普通に授業をしていても伝わらない、何度反復させてもすぐに忘れてしまう、そういった無力感に悩んでいる方も多いことでしょう。とてもよく分かります。

昔は、子たちは普段の遊びや生活の中で頭を使っていました。不便な日常の中で工夫をしていました。だから同じ教え方でも昔の子は理解できていました。でも今の子は遊びの質は悪いし、そもそも忙しすぎて遊ぶ暇がありません。習い事にスポ少、自由に自分の時間を使えないストレスの塊です。 家で心を解放できていないんです。急かされ、怒られ、理不尽な生活を強制されているんです。親の前ではいい子でいることを求められ続けています。だから学校で荒れているんです。

おかずを取り分けたことがない子、何かを分けるといった経験が少ない子は割り算の意味が解りません。逆のかけ算も同じです。そういう実体験が少なすぎて、授業では理解できないんです。ただ手順通り計算するだけなので、すぐに忘れてしまうんです。理解していないし普段から頭を使っていないので自分で考えようともしないんです。だから簡単な文章問題をさせてもすぐに「これって何算? かけ算? わり算? わかりませ~ん」と口にするんです。

食事もコンビニ弁当やおにぎり、菓子パンを当たり前のように朝から食べさせ、清涼飲料水を水代わりに飲ませ、テレビのせいで食事中の親子の会話もなし(食事を与えるだけましとも言えますが・・・)。

心と頭を健全に育てる良質な遊びや家族のコミュニケーションの時間は、仮想世界での暇つぶしや受け身の習い事と質の悪い勉強時間に変わってしまいました。

低学年でも夜の10時、11時まで起きているのが普通になり、高学年では深夜2時3時までゲーム、ユーチューブ、オンラインゲームをしている子も、決して珍しくなくなりました。

先日、ドイツで子育てをしている日本人のお母さんに言われました。
「幼稚園~低学年の子がDSをやっているのは(ドイツでは)考えられない、親は折角産まれてきた子に何をさせているんでしょう。」と。わかっていないのです。折角産まれてきた子がヒトから人間に育つ大事な時期に、何をすべきか、何をすべきではないかを。

もう家庭には『教育力』はありません。

普通に授業で説明するだけでは理解できない子たちのほうが多いんです。先取学習でわかっているように見える子も、ただ知っているだけ、やったことがあるだけで本質を理解していないから中学で躓きます。だからこれだけ塾が多いんです。
パターン学習が鍛えられている子は大学までそのまま進むこともできますが、普段の学校生活を過ごす子どもたちの行動や表情を見ている先生方なら、勉強が出来る子たちの落ち着きのない状態、友達にストレスをまき散らす行動、冷たい目と表情の乏しさに気がついていることでしょう。

もう家庭には期待できないんです

「家庭学習を習慣化させよう」 とか、
「テレビやゲームの時間減らしてください」とか、
「お手伝いを宿題にする」とか、

ごもっともなのですが、ほとんどの家庭では自然にそれが出来ないんです。(宿題だからと強制になります)
形だけの家庭学習をさせることはしています。でもその質と量を子どもに合わせて調整できる家庭はほとんどありません。
質の悪い学習を「量」だけ与えて逆に子どもたちの学習意欲を奪い、自ら学ぶ力を潰しているんです。
結局逆効果になっています。

もう学校で子どもたちの理解力を高めるしかないんです。

そうしないと先生方は大変です。実際大変ですよね?
子どもたちに(形だけの)高得点をとらせるために、涙ぐましい努力をされていることは知っています。
(それが良くはないんですけどね) 
でも理解を伴わない反復でとらせた偽りの学力のつけは、当然子どもたちに、そして高学年の先生、中学校の先生にまわされています。
高学年になると先生も子どもたちも悲惨ですよね。一いえば3~10解る子たちばかりになったら授業はとっても楽ですよ。
一いっても1/20、1/100の状態では先生も子どももつらいですよ。 楽をしましょうよ。

私の教室では体験に来たお母さんに計算問題を15分間やってもらいます。みなヘロヘロで、途中でギブアップする方もいます。それほど計算問題をやるというのは苦痛なんです。計算プリントを配られた時の子どもたちの表情、やっている時の言動、見ていますよね?

心が荒れるんです。計算ばかりやらせると。
放課後にストレスを発散してリセットできる環境はもう無いんです。

それで、体験するとお母さんたちは子どもたちの宿題の影響がわかりますので、8割くらいのお母さんが子どもから宿題を取り上げて代わりにやってくれています。習い事も減らして質の悪い遊びを減らして、質の良い文章問題をじっくり絵を描いて解くということを週に1~2回やるだけで、宿題をしなくても学校の勉強に困らなくなっています。

でも、学校でたくさん計算をやった日や、文章問題をやる前に宿題で計算問題をやると、解けないんです。「これをやる前に宿題をやると頭が働かなくて解けないから宿題は後でやる」と言った小3生もいました。

子ども達の理解力をあげるのはとっても簡単です。私は週1回しか会えないので苦労していますが、週5日あずかる学校なら、家庭環境が酷い子でも、授業に困らない子に育てるのは、とっても簡単です。

子どもらしい笑顔を潰さずに、賢い子を育てることが出来るんですよ?

到底そんなことはできないと思っていると思いますが、簡単に出来るんです。
でもこれくらいは読んでくださいね
指導要綱の内容から逸脱せずに、先生の労力が減って、子どもたちのストレスも軽減される方法があるんです。
もちろん無料です。(どんぐり倶楽部の糸山先生から、学校には無料で渡していいと言われています)
誰かを雇い入れる必要もありません。
先生の手間が増えることもありません。かなり楽になります。
先生が少しずつ理論を学び、やらせすぎていることを減らしていくだけです。

本当に簡単です。出来る限りサポートしますから。

jiatama_hiro.jpg
★入会をお考えの方へ★
家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習

馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校 湖北台東小学校 湖北台西小学校 湖北小学校 若草幼稚園 高野山小学校 我孫子第二小学校 我孫子第三小学校
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1617-66ec73e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。