Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業倫理
普段は近寄らないようにしているのに、正月休みにイオン併設のトイザラスに足を踏み入れてしまいました。幼児向けのタブレット玩具には「対象年齢1.5歳~」という表記もありました。

日本医師会は2歳までのテレビでさえ控えるように提言をしています。受動的なテレビでさえ、それを能動的にかかわるタブレットゲームを1.5歳からと設定してしまう企業には、コンプライアンスは順守していてもモラルがあるとは思えません。

どこかの記事で「コンプライアンスが浸透した結果、モラルがなくなった。」というようなことが書いてありました(どこだったっけな)。本来はコンプライアンスに倫理は含まれるんですけど、倫理に規定はないから結局法令に違反していなければよしとなるのは、利益優先の企業ではよくあることです。

親が守るしかないですよ。

日本医師会の提言
テレビ・ビデオ・ゲームの影響を考えよう
非現実的体験を重ねるメディア漬けの生活は、様々な発達段階で子どもに悪影響を与えます。幼児期では現実と非現実との区別は困難です。テレビ・ビデオ画面上の非現実的な暴力的で高速な映像は子どもたちの脳を激しく揺さぶり、子どもの無意識の脳に「この世は恐ろしいところ」とか「やられる前にやれ」というメッセージを埋め込む危険があります。さらに、幼児期の非現実体験が過剰になると現実体験が絶対的に不足します。結果として、幼い脳(こころ)のまま、身体だけが大きくなると考えられています。大人子どもの始まりです。



jiatama_hiro.jpg
★入会をお考えの方へ★
家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習
家庭用教材サンプルダウンロード■ 教室地図(印刷用)
馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校 湖北台東小学校 湖北台西小学校 湖北小学校 若草幼稚園 高野山小学校 我孫子第二小学校 我孫子第三小学校
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1650-106527ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。