Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大
興味深いブログを見つけました。

「灘→理Ⅲ」3兄弟の母の教育論について東大卒の私が思ったこと。

教育業界にいると、「東大」に入った、入れた、というような話をよく聞きますがあまり関心がありません。いきたいと思った人が勉強していけばいいと思います。

東大生の4人に1人は「アスペルガー症候群」 元東大院生のツイートに現役も「マジだと思う」

漫画家の江川達也さんのFBコメントも面白かったのです。
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=498618747007755&id=100005789020536&fref=nf



長男が小4の頃、
「東大って日本で一番なんでしょ? 僕そこに行こうかな」
と言ったことがあります。

「やめておけ、頭がおかしくなるから」
「もっと自分がやりたいことに時間を使うといいよ」

と返事をしました。

学費を出す気はないので、それでも行きたいなら行けばいいというスタンスですが・・・
きっと邪魔をします(^_^)

私の息子たちは、勉強にものすごい力を発揮する特性を持っている訳ではありませんから。

究極のパターン学習の末にたどり着く狭き門。
それはいろいろな代償が必要でしょう。

思う存分に子ども時代を楽しんで東大に行った方もいるでしょう。
でも勉強中心の子ども時代を強いられて、東大に行った方、いけなかった方も多いでしょう。

子ども時代は人生の土台です。
私は息子たちにいろんなことを楽しめる土台をつくってあげたい。


中学受験の勉強で塾と手を組んで子どもを壊す親がとても多いようです。
みんなで壊しているから安心なのか、「子どものため」なら何をしてもよいと思っているのか、
虐待レベルではなく「虐待」をしていることに気がつかないのだろうか。



jiatama_hiro.jpg
★入会をお考えの方へ★
家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習
関連記事
スポンサーサイト

コメント
変人は器質性。
「勉強を強いられ、遊べなかったために変人になった」と、投稿されているように読めたので、コメントをさせてください。

変人(空気読めない人)であるというのは、器質性のことが多いです。アスペルガーも器質性です。
子供時代に外で遊ばなかったというのはあまり関係ありません。
歴史上の有名人(ダーウィン、アインシュタイン、ダビンチ、ニュートンetc)など、テレビのない時代でも発達障害+コミュニケーションに問題があったとされている人はたくさんいます。


私は、地方公立出身、テレビ見放題、ソロバンも習らわされていましたし、ドリルの宿題もやらされていましたが、結局塾なしで、京大、その後は東大に進みました。数学は得意でした。

トップ帝大に入るとわかるのですが、「変な人」と呼ばれる人が多いです。私自身も、大人になった今でも「なんか変」と、日本人からは言われます。(日本は息苦しかったので外国に移住しました。) ところで、大学に入ると、友達ができやすくなりました。私の小学校時代なんて悲惨なもので、いつも浮いていたのに、です。変な人の中にいれば、自分に似た人が探しやすいのです。人間、IQが自分に似た人と話が合いやすいらしいというか、IQが違いすぎると話がかみ合わなくなるらしいです。

息子さんが「俺って周りから浮く」と思っていらっしゃるならば、是非是非 東大に行かせてあげてください。:)
私は、東大に行く価値の一つは、「周りから浮く自分でも、合う友達がみつかる」ことだと思います。
[2016/02/26 15:52] URL | 変人 #JyN/eAqk [ 編集 ]


パターン学習の末にたどり着く狭き門。いろいろな代償。
アスペルガー症候群は先天性のもので、こちらでよく言われている後天的に作ってしまった学習障害とは別のものです。
ギフテッドと言われる人たちは、アスペルガー症候群など他の特徴も併せ持ったタイプも多くいます。彼らはパターン学習など関係なく好奇心のまま楽しんで勉強しているだけではないでしょうか。
たまたまそういうタイプの人が東大に多くいるということだと思うのですが。
どんぐり理論に共感し実践してきて、たくさんのものを得ることができた親の一人ですが、日本ではまだまだこのように考えられてしまうところを残念に思います。
[2016/02/27 03:57] URL | 残念です #- [ 編集 ]

Re: 変人は器質性。
変人さん

>「勉強を強いられ、遊べなかったために変人になった」と、投稿されているように読めたので、コメントをさせてください。

すみません、そういうつもりはなかったんですが・・・。
私も周りから見れば立派な(?)変人なので、変人が良い悪いという気持ちはありません。
子ども時代に子どもを楽しめない子が多いことを憂いています。


>変人(空気読めない人)であるというのは、器質性のことが多いです。アスペルガーも器質性です。
>子供時代に外で遊ばなかったというのはあまり関係ありません。
>歴史上の有名人(ダーウィン、アインシュタイン、ダビンチ、ニュートンetc)など、テレビのない時代でも発達障害+コミュニケーションに問題があったとされている人はたくさんいます。

その通りですね。
その「器質性」にあった環境で幸せになるのが良いと思います。


>息子さんが「俺って周りから浮く」と思っていらっしゃるならば、是非是非 東大に行かせてあげてください。:)

有難うございます。
長男は結構いろんなところに顔をだしてはすぐに馴染むといううらやましい特性を持っているので、今のところ「浮く」のは経験がないと思います。中学ではどうかなぁと思っていますが。
私から見ると、「勉強」で力を発揮する特性はそれほど高くないので、本気で東大を目指すとなると相当の努力が必要になろうかと思います。
「いいね、東大目指してみたら」と返事をしたことで、本人が何よりも好きでやっていること(絵や漫画、その他紙の上に作品を作り出すこと)の時間を減らしたら嫌だなぁと思ってああいう返事をしました。本人が行きたければとめません。ただ「学校の勉強」に興味を持たないような誘導(邪魔)はすると思います。 高校ではまとまったお金を持たせて投資・起業のために使わせようと思っていますし、長旅をさせたいとも思っています。いろんな経験をしてそれでも行きたいなら、それはもちろん尊重しますよ。
[2016/02/27 12:31] URL | 金森 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
残念ですさん


>パターン学習の末にたどり着く狭き門。いろいろな代償。
>アスペルガー症候群は先天性のもので、こちらでよく言われている後天的に作ってしまった学習障害とは別のものです。
これはリンクをはる位置が良くなかったです。直します。

>ギフテッドと言われる人たちは、アスペルガー症候群など他の特徴も併せ持ったタイプも多くいます。彼らはパターン学習など関係なく好奇心のまま楽しんで勉強しているだけではないでしょうか。
たまたまそういうタイプの人が東大に多くいるということだと思うのですが。
私もそう思います。そういう特性を持った人が目指せばよいと思います。
そうではない子たちが無理やり勉強させられておかしくなっていくのを問題視しています。
全体の比率としてはそうでない子の方が多いでしょうから。


どんぐり理論に共感し実践してきて、たくさんのものを得ることができた親の一人ですが、日本ではまだまだこのように考えられてしまうところを残念に思います。

残念ですさんがどう考えられているのか、日本では一般的にどう考えられているのか、私にはわかりませんが、「アスペルガー症候群」については、私はわかりません。いろいろな精神科医の意見を目にしますが、私は疑り深いので「わからない」というのが現時点での考察です。

ただ、どんな子でも生まれてからの環境の影響は大きいと思っています。

テレビがゼロではありませんがかなり制限して庭や畑で泥まみれで遊べる環境で育てた三男と、町で普通にテレビを見せて「語りかける言葉」を選ばずに育ててしまった長男とでは、4歳時点で比較すると個人差で片付けられないほど違うのです。
[2016/02/27 13:40] URL | 金森 #- [ 編集 ]

東大といっても
東大は 長男が高1、2の時に、担任の先生が自学している長男のわからん帳をみて、こういう子が東大に入るのよ!と強く勧めてくれました。
他の生徒達(塾へ行っている)にその学習法を授業で伝えたりしていました。
東大は見学へ行きましたが、、素敵なところでした。個性的な人がたくさん歩いていました。
ガリ勉っぽくは見えませんでした。
学食のアイスが美味しかった(私と長男と次男の感想)。
でも長男はいつか東大は絶対にイヤ、というようになり実は京大をめざしていましたが、阪大見学の時にいい出会いがありすっかり阪大に惚れ込みました。
彼の勉強法は全然パターン教育でもなく、授業も聞いていなかったし、1日1時間も学習しなかった日もあり、とってものんびりしたものでした。
少ない時間だったけど、作戦を練り、合格のために楽しんで特に数学を解いていました。

東大生でもそんな人もたくさん入っているんじゃないかな、
ガリ勉でパターン教育のマシンみたいな人もいっぱいいて、それは今問題になっているけど。
そしてその使えない東大生をたくさん面接した金森さんなのでそんな言葉がでるのかもしれません。
確かに東大を頂点とした変な受験システムは変わって欲しいです。
よくできる次男くん、東大に行こうかな、っていうセリフ、そんなに深く思ってないかもしれないし
きっと目標は変わるかもしれないけど、親が、「そんなところやめな!」とスパッと、言ってしまったら、会話がとまってしまうじゃん。
子供の意見が自分と違っていても
なんでそう思ったのか、話をゆっくり聞いてもいいのかなあと思います。


[2016/03/11 15:02] URL | こばたま #- [ 編集 ]

Re: 東大といっても
こばたま さん

そうですね、私がいま教室をやっている原点になっているのは、「高学歴の指示待ち人間の多さ」というのがありますので、『受験勉強』に対する嫌悪感がかなりあります(苦笑)

こばたまさんの長男くん、おそらく次男くんもそうでしょうが、猛烈に『受験勉強』をせずにトップレベルの学校に進学する子たち、ギフテッドと呼ばれる子たち、いろいろな子たちがいて、それほど苦労せずに東大に入る子たちもいるという事実も知っています。

東大だけで見るとひょっとしたらそういう子たちの方の比率が高いのかもしれませんね。
でも目指している分母で考えると違うと思います。
「東大」を掲げたセミナーや子育て情報に群がる親たちの多くは、普通の子たちの親だと思います。
おかしくならないでほしいなあという想いです。

あと私自身の子育ての指針として「どんぐり理論」という大きな軸がありますが、それと同じくらい重要視している軸があります。どんぐりに出会う前から「学校は優秀な従業員を育てるところだから、その中で優秀になることを目指してほしくない」という想いが根底にあります。”従業員”を育てるコースの中でバランスをとるのではなく、違った世界も含めた中でニュートラルな状態に置いておく必要性から「やめておけ」という言葉が出ました。

長男が「東大」の話をしたのは、私が通った高校の話をしていて「じゃあ僕は少なくともその高校よりは上に行くよ」とにやにやして言った後、大学の話につながりました。

生き方を強制しないというのは大前提ですが、自分自身がこう育ちたかった、もっと早く知っておきたかったということはしてあげようと思っています。(どんぐりは自分自身がそう育ちたかった。そしてもっと早く知っておきたかったことを少しずつ伝えています。)

人に雇われることを否定するわけではありませんが、どっぷりと”従業員”としての教育を受けて人に雇われ続けるのではなく、時運自身の人生の目標のために、必要な経験を積むために目的を持って”従業員”人に雇われる。そういう感じです。

私の中では自営業者も自分自身に雇われるという意味で、結構不自由な存在で・・・、最近サボっていた自分自身がやるべきことを思いだすきっかけになりました。コメントありがとうございます。
[2016/03/12 13:02] URL | 金森 #- [ 編集 ]

そうですよね〜
このブログの東大卒生、こわいですね〜

確かに日本の学校は、企業の使いやすい文句のいわないロボットを作るようなところありますね。狭い部屋にたくさんつめこんでエネルギーがありあまってる子供達、つまらない授業をしょうがなく聞いているシーンもあるでしょうね。(ほとんどと思います)

高校生で起業?!いいですね〜〜。
うちも長男に大学のうちに友達と起業すれば〜と言ってます。
次男はおうちビジネスをやっています。
(家計、私の仕事の経理は任せています)

[2016/03/14 15:32] URL | こばたま #- [ 編集 ]

Re: そうですよね〜
こばたまさん

> 次男はおうちビジネスをやっています。
> (家計、私の仕事の経理は任せています)
それいいですね。
うちも中学生になったらお願いしよ~っと。
[2016/03/15 16:19] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1698-b6b004df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。