Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”世界一素敵な学校―サドベリー・バレー物語 ”
世界一素敵な学校―サドベリー・バレー物語

今この本を読んでいます。 

私もこういう学校に通いたかったなぁ~ 

近くにあったら、息子たちをこういう学校に通わせたいなぁ~

と現実逃避してしまいそうになります(笑)


導入部分だけでもなかなか読みごたえがあります。以下、ポイントを軽くまとめてみます。


産業革命によって特権層のみが持つことが出来た物品を万人のため、機械が作り始めた。

産業革命期の機械は原始的なものだったので、沢山の「人」が組み込まれ、そこに張り付いていなければならなかった。

しかし、機械の一部として働きたいと思う人は、ほんとうのところ、誰もいなかった。
誰もが皆、花開く産業経済の恩恵にあずかることが出来るよう、どうやったら数百万の人々に自ら進んで機械の一部になってもらえるのか?

「教育」が使われた。必要な技能の中心に、まったくもって不自然なものが据えられた。”自動人間”としての機能になりきることが出来るスキルがそれだ。土台無理な注文なのにそれをやろうとした。

そのためには二つのことをしなければならなかった。

【1つ目が 子どもたちの自由な精神を破壊すること】
一か所にじっと座っていたい、言われたとおりのことをいつもしていたい、そう思い込ませなければならない。
したいことをしてはならない、好奇心の導くままに学ぶなんて許されない、ただただ厳しい規律を受け入れていればいい。
誰もが同じことをいつも必ずしている。適応しなければ罰せられる。

【2つ目が 子どもたちに特殊なスキルを教え込むこと】
読み・書き・算数(計算)
読むことを教え込まねばならない。指示を読めるようにならなければならないから。
描くことも教え込まねばならない。文書作りが出来るようにならないといけないから。
算数も教え込まねばならない。重さとか長さに慣れさせるために。
そうすれば産業経済が求める標準的な帳簿付けが出来るようになる。


しかし、今や多くの人々は機械に組み込まれることはなく、機械に張り付いている必要もない。近代的な工場はコンピュータ要員として人が必要なだけ。
もう”産業時代”に変わって情報時代が到来している。
いつでも、どこでも自分が望むときに学びたいことを学ぶことが出来る時代になっている。

それなのに、今日もなお私たちは子どもたちの意思をくじいている。
子どもたちをロボット化し、機械のように扱い、頼まれもしない、必要もないカリキュラムをどんどん積み上げている。


まさにその通りだと思います。
学校とはそのようなものだと思います。

だからこそ、家庭でバランスをとる必要がありますね。
だって、”自動人間”が活躍できる場所はもう少ないんですから。

全員同じ絵を描かせたり、プラモデルのような実験キットを組立させたり、もうやめて・・・。


jiatama_hiro.jpg
★入会をお考えの方へ★
家庭用教材塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。通信添削でお世話になっています。
サドベリー、私もすごく興味があります!
日本にもサドベリーの学校がいくつかありますが、
サドベリーの理念が学校に浸透しているかはきちんとみきわめないとですよね。
でも、通わせたい。
だって毎日学校行くとき無表情、なんです。。。
[2016/03/03 12:32] URL | 小池 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
小池 さん

日本のサドベリーはどうなんでしょうね。
一日中テレビゲームやネットを見ている、ただの放任フリースクールのようなところはないと信じたいですけど、実際に見ないと何とも言えませんね。

我が家の近くにはないですし、学校のマイナスを家庭で抑えながらというのが現実路線なので続けています。
タブレットが一人一台配布されて、デジタル教科書・反転授業などが始まったら・・・路線変更しますが(笑)

>だって毎日学校行くとき無表情、なんです。。。
これは何とかしたいですね・・・。
早く春休みになるといいですね~ 
[2016/03/03 13:47] URL | 金森 #- [ 編集 ]

私もよみました!
ボストンのサドベリー、イギリスのサマーヒル、、、見学に行きたいです。

1校 見学に行きました。自分ならこうするなって、部分と、素敵だなって部分があってすごく考えさせられました。何校か行けば、きっと自分で学校を作りたくなるんじゃないかなあ。

今よんでいるきのくに子どもの村、もいいです。
[2016/03/03 15:02] URL | こばたま #- [ 編集 ]

Re: 私もよみました!
こばたまさん


ブログ記事を読みました。
http://kodomono-mori.com/
ここですね。

>今よんでいるきのくに子どもの村、もいいです。
これも読むぞリストに入れておきます♪
[2016/03/03 16:05] URL | 金森 #- [ 編集 ]


金森先生 お世話になります。

全員同じ絵・・・・・今 卒業式に向けて自画像を描いていますが、デッサンの仕方も 色遣いも 指示通りに描かされています。

毎日毎日・・・・もう、子どもたち うんざりしてます。

一体何のためなんでしょうかね(-_-;)

[2016/03/04 12:18] URL | CC #Zk/lHUeI [ 編集 ]

Re: タイトルなし
CC さん

最後までしつこいですね…(-_-;)

もう酒井式ばっかりでうんざりします。
http://www.tos-land.net/search/index?search_form%5Bcontent_type%5D=teaching_plan&search_form%5Bq%5D=%E9%85%92%E4%BA%95%E5%BC%8F&search_form%5Bsearch_type%5D=tag
だから賞をとったと言われても全然興味がわきません。
子ども達もうんざりでしょうね。
[2016/03/04 13:22] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/1702-53303414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。