Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分で考えるとは
別の中学生と夏休み中の学校の英単語(76個×20回)の宿題について話をしました。

私「この宿題が出た時に、どう思った?」

塾生「20回は多いと思いました」

私「それでどうしようと思った?」

塾生「とりあえず20回ずつやっていこうと思いました」

私「もっと考えろ!」

「無駄だとは思わないのか?」

「やらなければいけないとしたら、どういうやり方でやれば一番良い結果が得られる?」

「言われたことを自分で判断せずにやるだけの人間にはなるな!」 などなど(笑)

その理由をしっかり噛み砕いて話してあげました。



私は企業の人事管理職として外食・IT業界それぞれでいろんなことを見てきました。

会社の無茶な業務命令で体や心を壊す人って、結構多いんです。

その業務命令が法律に違反することもあります。

何も考えない人は何も考えずに法律に触れる仕事をやらされる訳です。

そんな例は世の中に腐るほどありますね。

「会社に言われたから」

「上司に言われたから」

それで体を壊したり、逮捕されたりするなんて…わが子は絶対にそうなって欲しくありません。

自分で考えて、危険を察知し、自分の判断で行動できる人間になって欲しい。




「先生に言われたから」 「学校で言われたから」

うさぎ跳びをやらされて、関節や筋肉を傷めた人は過去にどれだけいるんでしょう。

うさぎ跳びが「成長期のスポーツ障害」の原因だと早期に気がついた専門医の方は、

「昔からうさぎ跳びは根性を鍛えるのに一番いいんだ!」

「部活の練習メニューなのでやらせない訳にはいきません!」

というような意見とどれだけ戦ったんでしょうね~。

たくさんの患者を見てきて確信した専門医と、無知な指導者や保護者ではどちらが正しいかは明らかです。

幸いにして、「うさぎ跳び」はそこから利益をあげている団体がいなかったため、練習メニューから消えて行きました。

不幸にして、小学生への「徹底反復」、「高速計算プリント」、「右脳教育」、「詰め込み学習」は、市場が出来あがっています。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/434-56661eec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。