Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地頭を鍛える
本日発行のぱどに掲載されています。
ぱど20120817


12歳までの大事な時期、昔は不便な生活の中で家のお手伝いをしたり、遊び道具が無いから自分たちで遊びを考えたりして地頭を鍛えていました。

しかし、現代っ子は外で思う存分に遊ぶことも出来ず、頭を使わなくてもいいおもちゃに囲まれて、工夫を一切しなくても生きていけます。習い事や毎日のスケジュールはママが全部決めてくれますしね。

そんな子どもに【テレビゲーム】【DVD教材】【幼児からの英語教育】【フラッシュカード】【大量の単純計算】【良くわからない右脳開発】【漢字ひたすら練習】【大量の音読】【徹底反復学習】【詰め込み学習】【無理な中学受験】【そろばん】【フラッシュ暗算】【習い事地獄】といった単純な刺激を与え続けると、単純な思考回路ばかりが育ち、複雑なことを考えられなくなります。

それを知らずに、「読み書き計算」は基礎だとばかりに、「すらすら音読」「漢字ひたすら練習」「計算ドリル・高速プリント教室」をこれでもか!と子どもにさせて、かえって子どもを壊していることに気がつかない親や指導者が多いです。
被害者は子どもです。早く気がついて環境を変えてあげて欲しいです。


意味のわからない言葉を、いくらすらすら読めるようになっても、国語力など上がりませんよ。同様に、どれだけ読書をさせても読解力がこれっぽっちも育たない子もいます。当然です。読んだ言葉からイメージがわかないんですから。国語の問題をたくさんといても同じです。小手先のテクニックで読めた気にはなりますが、本当の「読解力」は身につきません。


9歳までに私の教室にきたら、12歳までに本来の賢さをほぼとりもどせます。
6歳で私の教室にきたら、中学で塾にいかなくても勉強に困らない子に育ちます。
まあ、家で【考えない刺激】を減らせたらですけどね(^-^)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/439-a583fe3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。