Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の賢さ
学校の成績では見えない賢さとはなにか、具体的に見てみましょう。

去年の9月に入会した当時小学3年生の子。学校の成績はとても優秀です。

1つ目の作品が去年入会当時、2つ目が今年の夏にやった作品です。
問題の難易度が全然違います。
当然、解き方なんて教えていません。
小4では「分速」を習っていないので「1分間で進む距離のことね」と言っただけです。

学校の成績は今年も優秀(全て最高の評価)、でも別人のように「考える力」は伸びています。
週1回うちにきて、宿題は文章問題を1問だけ、家庭学習は学校の宿題だけで多いときはお母さんに制限(やらせない、やってもらう)してもらっています。

その代わり、子どもの「考える力」を育てるのに最悪な刺激である、テレビゲーム、高速・大量計算、詰め込み学習はなしです。習い事も出来るだけ少なく楽しいものだけです。

子どもは皆環境によって育ちます。環境さえ整えればみんなこう育つんです。
その環境とは「何を与える」ではなく「何を与えない」が大切です。

ただし、12歳までに育てなければなりません。

幼児の頃から知育DVD攻め?
高速・大量プリント?
子ども英会話?
幼稚園児にDS?

↓入会当時の作品がこれ↓(間違えちゃいましたね)
5-04×

↓1年後にやった問題がこれ↓
S1-08②
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/496-8563b1a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。