Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見ると怖い文章問題作品
年長さんが遊びに来た時にやった作品です。文章中の下線の色と絵図の色が対応しています。
「文を読んであげる→絵にする」を繰り返し、完璧な絵図を描ききっています。
高学年や中学生でも間違う問題です。

しかしこの賢い子が、小学生になって単純な宿題(計算ドリル・音読・漢字ドリル)、学校では計算カードの競い合いをさせられると、半年後に簡単な問題でも何が書いてあるのかを読み取れなくなってしまったんです。

数字を見ると反射的に足すようになりました。
学校では、計算はクラスで一番速く、テストも出来ているので優秀な子です。
しかし、「考える力」はガクンと落ちています。
テレビゲームもやりません、テレビもほとんど見ません。習い事もそんなにしていません。

学校の「徹底反復」が「考える力」を奪っているんです!
しかし、こういうことが発覚するのは実は高学年~中1にかけてなので、それまでは学校のテストは反復でいい点をとってくるのでお母さんは安心してしまいます。

こわいんですよ~

だから私は自分の息子には、危険な反復学習を家では一切させず、テストが出来るか出来ないかではなく、理解しているかいないか、深く物事を考えられるかどうかに日々注目しています。

家庭学習は毎日5分程度、週に1~2問の文章題だけでここまで育っています。→息子の作品
なぜ時間とお金をかけて子どもの「考える力」を奪う危険な学習をこれほどさせるのか?
そして出来上がるのが、やったことのある問題しか解決できないマニュアル人間では目も当てられません。


7-03.jpg


そろばん歴5年以上の高学年↓  意味が読み取れていません。
7-03②

公文6年+その他複数塾歴5年以上の中学生↓ 数字がゴチャゴチャになっています。
7-03③

そろばん経験有の中学生↓ 半分しか解いていません。
7-03④

■■考える力を育てるオリジナル教材■■【必見】教育に関する動画■■通信学習■■馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓ポチっと押してもらえたら嬉しいです(^-^)

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/545-a945d4d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。