Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんぐり式のいいところ
社会人として10数年「人材開発」をしてきた経験からすると

「どんぐり式」の『12歳で自分で考え行動できる「自分なりの判断基準」を身につける』

そのために、日々自分で考え、判断し、決断する。そして失敗したら、反省しそこから自分で学ぶ。

こういったサイクルを小さな頃からやっておくことは、ヒトから人間に育て上げる段階で絶対に必要な事だと思います。

まだ子供だからと、親がいろいろ口を出すと、子どもは自分で考えて判断する機会を奪われてしまいます。

中学生になっても

「先生がこう言ったから」

「学校で言われたから」

「親に言われたから」

こんなことばかり言う子が何と多くいることか。

小学生のうちから

「僕はこう考えた」

「私はこう思った」

そして、多くの失敗をさせ、人間に育てあげなければいけません。

子どもに親の「判断基準」を押しつけることは、子ども自身が「判断基準」を持つことを邪魔します。

「あ~しなさい!」「こ~してはいけません!」を常に言い続けるとそのうち子どもは自分で考えることを止めます。一旦考えない習慣がつくと、治すのははほぼ不可能だと思って気をつけないといけませんね。


そういえば、新入社員が会社を休むのに親が電話をしてきたこともありました…

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/573-13e0c535
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。