Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ
小学5年生の入会、年長・小1のモニターの申込は今月中でおしまいです。

入会時期のお知らせ
http://pegashin.blog53.fc2.com/blog-entry-547.html
モニター生の募集
http://pegashin.blog53.fc2.com/blog-entry-551.html

中学生の募集はしていないので、今年入会した子はみな小学生ですが、その8割が小3までの低学年というありがたい結果でした。中学受験を否定している教室に、低学年から預けていただけるというのはとてもありがたいことです。

おそらく来年度は入会の上限を小学4年生の12月にすると思います。
小学生の間に「考える力」を育てないと、一生誰かの判断に身をゆだね、勉強も誰かに教わらないとできない人間になってしまいます。

うちでは、「中学以降は塾が不要の子」を育てたいと思っています。
中学以降というのは、高校受験、大学受験を自力で超えていけるということです。

「就活塾」に入って何万円も払った挙句、どこにも就職できない「他人依存型人間」にはなって欲しくないですね。(そういう「就活塾」に頼るような人間は、企業も嫌うから就職が決まりにくいのは当然ですが・・・)

上場企業の人事をしていて、よっぽど良い人間じゃないと役員面接にあげなかったのが次の学生でした。
●中学受験をして大学までそのまま進学した学生
●親に言われたまま進路(学校・学部)を決めてきた学生

逆に高く評価できたのはこういった学生です。
●塾や予備校に行かないで自分で勉強してきた学生
●自分で学費(の一部)を稼いでいる学生
●高校・大学を推薦ではなく受験でクリアしてきた学生
●1人暮らしをしている地方の国公立大学の学生
●明確な意思を持って大学、学部を選んできた学生

つまり、自分で考えて、人に依存せず、苦労してきた学生です。
その後の成長も順調でしたね(^-^)

家庭教師や塾でマンツーマンの指導で「点取りマシーン」に育ってきた子は、国立大学でも六大学でもバシバシ面接で落としたのを覚えています(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/588-f70dfc1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。