Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと休息
最近頑張って動画をUPしてきましたが、ここでひとまず中断します。

なぜこんなことをしたかというと、塾生の保護者、入会希望者に私の教室の方針を知ってもらいたかったからです。

学力が育っている子の保護者と話をすると、学校のテストや成績にあまり関心がないことがよくわかります。そんなことよりも、のびのび楽しく学んでほしいと望んでいます。

で、大事なところですが、そういう家庭の子は、本当に楽しそうに難しい文章題に取り組みます。
親の価値観が子どもに影響するんです。

そして、もっと大事なところですが、そういう子は学校の成績も抜群です。
本来塾は不要の子たちですが、うちでやっている内容を知って、わざわざ来てくれています。

学校の授業の反復などには興味がなく、学校で習わない学習こそが本当に子どもを成長させることを分かってくださっているからです。

一方、会話の中で、学校の成績やテストの点数(よくても悪くても)がよく出てくる家庭の子は、つまらなそうに文章題を解きます。解けないと思考停止です。

実際は学力が低いのですが、親が表面的な成績や点数に関心が高く、良い成績や点数をとっていれば子どももそれでいいと思ってしまうのは仕方がありません。
(大人でさえ子どものめちゃくちゃな文章題の結果を見せても、でも学校のテストはできているから何か問題が?というスタンスなので子どもにそれを理解しろというのは酷ですね)

だから、子どもの「考える力」を育てるには、教室でやる「文章題」も必要ですが、家庭の環境を整えなければならず、それには保護者に訴えるのが一番必要だと思ったわけです。

親が変わらないと子どもが変わりません。

「テストで100点とったら…」
「あゆみ のAが何個あったら…」 とかはやめてもらいたいわけです。それを望むならなおさら。

この1年は、教室通信やブログ等で訴えてきましたので、どんぐり式の考え方を受け入れられない方は結構教室を去って行かれました。(やめていただいたケースもありますが…)
長時間のゲームやテレビ、検定の詰め込み学習、通信教育での先取り学習等、何度訴えても聞く耳を持っていただけなかったので、やむを得ないことだと割り切っています。

一方、入会時に厳しい条件を出しているにも関わらず、どんぐり式の考え方に共感してもらえる方がかなり増えてきました。ありがたいことです。
はやくこの子達を育てて、どんぐり式の良さを広く知ってもらい、間違った学習で壊される子どもたちを一人でも多く減らしたいです。

ただ、「教える」のではなく「育てる」ので、時間はかかるんですけどね~。


■■考える力を育てるオリジナル教材■■【必見】教育に関する動画■■馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/621-64d3a509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。