Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低学年の学習について
心残りがあったので、もう1本動画を載せておきます。


↑↑動画のブログ、HPへのリンク、埋め込みは自由です。間違った教育でつぶされる子どもを少しでも減らすことになりますので、ご協力お願いします。

関連動画
徹底反復について
学校の宿題について
関連記事
就学前のお子さんをお持ちの方へ
見ると怖い文章問題作品
徹底反復の怖さ

私のブログを見た奥さんに「そんな書きかたしたら、お母さん怒るよ!お母さんはいろいろ大変なんだから、全然そんな気持わかってない(怒)」とよく叱られます(笑)

一応、教室に来られた方には優しくお話しをしていますが、お子さんの状態を知っても、「考える力」を壊してきた家庭環境を変えない保護者にはけんか腰の場合もあります。知らなかったときはやむをえませんが、知ったのにそれを続けるのであればそれは過失です。意思をもって子どもの頭を壊し続けることになります。だから厳しいことを言います。

幸か不幸かどんぐり式を知ってしまった方は是非検証してください。
私にとっては最大級の幸運でしたよ。
あの時調べておけば良かったと後悔しても後の祭りです。テレビゲームや高速プリントの学習教室にどっぷりつからせてしまった何人ものお母さんが、私の前で後悔の涙を流しました。

↓↓同じ経験をされた方からコメントをいただきました。是非見てください。↓↓

■■考える力を育てるオリジナル教材■■【必見】教育に関する動画■■通信学習■■馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓ポチっと押してもらえたらどんぐり式がその分広まるので嬉しいです(^-^)

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント
うちもそうでした。
こんにちは。
どんぐり倶楽部でお世話になっているものです。
どんぐりのHPからきました。

このビデオを見て「うちの子もそうだったな~」と思い出していました。
どんぐりをまだ始めていなかった新1年生の春、車の中でくらげ問題を頭の中で解いた息子は、初夏のころこんな風になりました。
「お母さんのは算数じゃないんだよ!算数っていうのはこうやるんだよ!」と号泣。
見れば、ただ無意味な足し算をするばかり・・・。
宿題は少なかったのに・・・。「毎日、学校でこんなことばっかりやってるん・・?」「うん・・」
もう内心滝汗でした。

それからです。もう、念を入れて息子の頭の中をチェックして、おかしいところはなおしての繰り返しが始まったのは。

今4年の息子は、先生から言わせると、算数が抜群にできるそうですが、私から言わせるとそうでもないです(笑)先生、何を教えてる気になってるんでしょうね?
[2012/12/31 01:23] URL | 秋山 #K9Etiidg [ 編集 ]

Re: うちもそうでした。
息子さんもそうでしたか…。

どんぐり問題をやっていなければ、それに気づかずに「計算スピードがあがる」という見える部分だけをみてどんどんさせてしまう先生が圧倒的に多いですからね。お母さんもそれを喜んでますし。

息子さん、いまは順調に育っているようですね(^-^)
[2012/12/31 10:41] URL | 金森 #- [ 編集 ]

好奇心と考える力
考えるという行為は好きな対象に対してなら最大限発揮される。
学問を好きになるというのもそうだけど、考える力は 好奇心という前提あってのもの。
そういう意味では 知への欲求のような好奇心磨くことで 勉強以外でも考える対象が増え 考える力も伸びるし、好きだからどんどん知識が増えていく。

量より質。
単調な問題を大量に出すだけの問題は
知識定着としては良いが、もう既に知識が定着してるなら 色んなバリエーションのある問題を解くべきですね。

[2014/08/07 23:00] URL | L Lawliet #q1uov03I [ 編集 ]

Re: 好奇心と考える力
L Lawliet さん

好奇心、大事ですね。
すきなことにとことんのめりこむ経験は、それが学校のテストや受験に関係なくても、一生の財産になり、そこで培った力は自分の武器になります。
今の子どもたちは余計なことにエネルギーを使いすぎて(そうしむけられて)、自分の好奇心の向くままに行動することが少なくなっているのは惜しいですね。

学校の勉強が大嫌いだけど「虫」大好きな男の子が、虫に関連して深い知識と横につながる知識を増やしているのを教室で見ていてそう思います。
[2014/08/08 01:10] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/630-30fe6066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。