Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校の影響は強い
どんぐり倶楽部 糸山先生のブログからの転載です。
塾生の保護者は是非読んでください。

<以下転載>
http://reonreon.posterous.com/174462836
【せめて、邪魔をしないでくれ】

*今、幸いにも、私の回りでは、保護者の意識が変化し、協力的な家庭が多い。
家庭でできること(考えさせない学習をさせないことが中心)はやってくれている。
随分、よくなった。
ところが、問題は、頼りになるべき存在でなければいけない学校(担任の先生)だ。
ここが、協力的だと本当にうまくいく。それまで何も考えられなかった子供でも回復していく。
ましてや、力を発揮したくてウズウズしていた子なんかは一気に花開く。

ところが、学校(担任の先生)が何も気づかず、分析もできず、ましてや、考えない学習を頑なに強制し続けると、毎日何時間もの間、小学校にいるのだから、かなり、難しくなる。
なんてもったいないんだろう。せめて、邪魔をしないというスタンスになってもらえないだろうか。責任は保護者にあるのだから、余計な圧力はかけないでほしいものだ。それだけで、少なくともどんぐり問題をしている子供は思考力養成が100%できるのだから。

【●】1.子供自身は、99%回復する力を持っている。→その場で指導すれば、99%は、その場だけは出来る。
【◎】2.保護者も協力的である。→宿題の工夫をしない場合は論外である。
【×】3.学校で、毎回逆リセットされてしまう。マイナス学習の宿題を強制する。→思考力養成の効果をなくす
【×】4.学校で、速いほうが優秀だという間違った価値観を植え付ける。→思考力養成を邪魔する
【×】5.学校で、基本の読み書き計算ができればどうにかなると思わされる。→危機感を感じられなくなる

【結果】子どもの力があり、保護者も協力的であるにもかかわらず、学校で悪癖を付けられ、思考力養成を邪魔され、考えられない頭を育てられている。公立小学校、有名私立小学校、強弱はあるが同じである。

*せめて、邪魔をしないでくれ。
邪魔さえしなければ、子供は、どうにでもなる。
「どんぐり」さえあれば、どうにでもなる。

<転載終わり>


■■考える力を育てるオリジナル教材■■【必見】教育に関する動画■■通信学習■■馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓出来るだけ多くのお母さんがどんぐり式に出会えるようにポチっとお願いします。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/656-a8e7cace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。