Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声が滑る
どんぐり倶楽部糸山先生のブログより転載
http://reonreon.posterous.com/175403136
*「パターン学習→丸暗記」で大きくなった子は、進化しない、というより、進化体験がないので、進化の「感覚がわからない」ので、キッカケがあってもつかめない。チャンスが直ぐ横を素通りしていくという感じだ。どんな説明をしても頭に入らない理由がココにある。表層を声(説明)が滑って内容が全て素通りしてしまい頭に残らない。残らないから、反芻することも消化することも出来ない。パターン学習を幼児・児童期にさせないで欲しい理由である。
                                          転載終わり


表層を声(説明)が滑って

内容が全て素通りしてしまい

頭に残らない。


とても多くの子たちに見られます。
どんぐり学習でリハビリをすると回復してきますが、高学年から預かった子や家庭での環境設定がうまくいかない場合は完全には治りません。中学校のワークや宿題の酷い反復で揺り戻しにあうことがあります。

この「説明が滑って届かない」感覚、学校の先生はたくさん味わっていると思います。
知り合いの中学校の先生は

「入学した時点でなすすべ無し」と言っていました。


私もそう思います。
12歳まではとても大事な時期です。
勉強面で言えば、どれだけ詰め込んだかではなく、どれだけ理解力を高めたか、視考力を高めたかが大事です。

■■考える力を育てるオリジナル教材■■【必見】教育に関する動画■■通信学習■■馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓出来るだけ多くのお母さんがどんぐり式に出会えるようにポチっとお願いします。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント
そうか、、、
だから学校で先生が必死で子ども達に説明しても心に響いて行かないんでしょうか
あわれな子が多すぎます。
リンクさせてください。
[2013/02/28 08:59] URL | こばたま #- [ 編集 ]


こんにちは。上の子は5年生ですが、中学校になったら、宿題マシーンも卒業できるのかなと思ってました。
でも、中学校のワークや宿題の酷い反復で揺り戻しにあうこともあるなんて衝撃です。。。
マシーン卒業はできないかもしれないと、今から覚悟しておいた方がいいかもしれませんね。。。
またその辺り(中学生)の情報も発信していってもらえると嬉しいです。
[2013/02/28 09:42] URL | 7歳児の母 #- [ 編集 ]

Re: そうか、、、
こばたまさんへ

学校ではタダでさえ1対大勢ですからね。
1対1で説明していても、

「あれ、いま説明したでしょ?」
「あっ そうか」 
ということは良くあります。非常に良くありますね…。

リンクは遠慮なくどうぞ。
[2013/02/28 10:18] URL | 金森 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
こんにちは
7歳児の母さんへ
中学校ではマシーンは要らないとは思いますが、酷い宿題でも工夫して消化出来るような子に育てておきたいですね。

I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I
am am am am am am am am am am am am am am am am am am am am
is is is is is is is is is is is is is is is is is is is is

なんてのもざらです。
答えなしのプリントも長期休みには大量に出ています。
(休み明けの授業で答えあわせをするか答えを渡して終了)

あとは定期テストの時に提出するワークですね。
とりあえずやって出すだけで時間がなくなる子も結構います。

そういった宿題をどうアレンジするか、ここは自分で考えられるような子になっていてほしいですね。
ワークの答え合わせさえまともに出来ない子が結構いますので…。

あと揺り戻しですが、小学生の頃、難しい5年・6年の文章題をしっかり絵図で解いていたのに、中学生になってしばらくすると絵図がかけなくなり、解いていた同じ問題も解けなくなってしまいました。本来の「考えない」特性に半年くらいで戻ってしまいました。
家庭で環境設定をしてもらえていなかったので、その反省もあり強く環境設定の大切さを呼びかけるようになりました。
低学年からどんぐり式の環境設定と学習をしていれば大丈夫ですが、高学年からはじめた場合要注意ですね。
[2013/02/28 10:31] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/702-cb949fd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。