Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4年経ちました
そういえば、学習塾を開いて今日で丸4年です。

早いな~ 当時は小、中学生に勉強を教えるなんて楽なもんだと思っていました。
もちろん私が解くのは楽なんですが、「教える」…というよりも「理解させる」「身につけさせる」のはとても困難だということがやってみて良くわかりました。理解力が育っていない子がなんと多いことか…。
そして、学校の勉強をやっていても学力はつかないということもわかりました。

この4年間で一番良かったことは、「どんぐり倶楽部」と出会えたこと。
4年間ではなく、私の人生の中で人との出会い以外では一番かなぁ。

私が学習塾を始めたのは、人事管理職で出会ってきた学生たちのほとんどが「指示待ち人間」で自分で考えないことに対する危機感からでした。自分の子どもはそうしたくない。というのが動機です。

おかげさまで対策は見つけました。自分の塾で面倒見なくても普段接する中で「考える力」を持った逞しい人間に育てられる確かなイメージも持てました。だから当初の塾を始めた目的は果たしたので、やめても良いはずなんですがまだやめません(^-^)

どんぐり倶楽部のHPにはこう書いてあります。
あなたのお子さん を守る意味でも
このHPで紹介してある「無理なく無駄なく効果的な学習方法」を
誰かにどこかで教えてあげて下さい。
あなたのお子さんだけが「考える力」を持っていても、
隣の人が考える力を持っていなければ悲惨なことになってしまいます。

あなたのお子さんを守る意味でも
全ての子供達に 「考える力」を持ってもらいたいのです
そして
その「考える力」を持たせるには
12年(最短でも9年)かけて豊かな思考回路そのものを育てなければなりません
12才まで(特に9才まで)は一生に一度しかない思考回路作成が可能な時期ですから
思考回路作成を邪魔することは極力させないようにして下さい。


糸山先生はよく「子どもたちを救う」「子どもたちを守る」という言葉を使われます。

たくさんの子どもたちを見て、どんぐり式に出会ってから私も思いました。
本気で「子どもたちを救いたい」と。
今40歳、残り40年(生きられれば)の人生をかけてやるべき仕事が見つかったと思っています。

私がどんぐり式に出会って欲しいと願うのは乳・幼児のお母さんです。学習は年長さんからスタートですが、それまでの育て方も大切です。でも学習教材として捉えられているので、高学年になってから出会う方が少なくありません。

それまでに、テレビゲームや多くの習い事、徹底反復・大量暗記・高速計算学習で「考えない頭」になっている子が多くとても残念です。(普通に暮らしていても「考える力」は育ちにくい時代です)

世の中は、わかりやすい教材、とりあえず出来るようにする教材が氾濫し、テストには強くても、自分で考える力がまったく育っていない人間が大量に育っていく流れになっています。

パソコン教室で、お孫さんが幼稚園~低学年という会員さんには問題集(無料ダウンロード)をプレゼントしています。どんぐり式を大絶賛する方でも、孫の教育には口を出しにくいという声が多いので、じゃあこれあげますよとプレゼントしたのが始まりです。
皆さんの周りにも幼稚園~低学年の子がいたら是非プレゼントしてください。

無料ダウンロード


■■考える力を育てるオリジナル教材■■【必見】教育に関する動画■■通信学習■■馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓出来るだけ多くのお母さんがどんぐり式に出会えるようにポチっとお願いします。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

読んでいて涙が出そうになりました。
私はどんぐりに出会って二年です。
時間が経つほど素晴らしさが実感でき、と同時に現在子供たちがおかれている状況がはっきりと分かりつらくなるのです。
私の周りにはどんぐりを話せる人はいません。
親にも友達にも勧めましたが、理解されず、避けられるようになったりもしました。
理解するにはとても時間がかかる。
でも諦めたくありません。
私も私なりのやり方でどんぐりを取り入れながら、子育てを変える一端を担いたいと頑張っています。私もどんぐりと出会って徐々に理解しながら、子供たちを救うことに人生をかけようと、それ以外に何をするんだという気持ちになりました。

ブログを読んでいると勇気が出ます。
これからも拝見します。
[2013/03/14 23:11] URL | #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
私も個人のつながりでどんぐりを勧めることがありますが、まず伝わりません。
表面的に「いいね」と言ってもやるまではまずいきません。
子どもを直接知っているだけに、伝わらないのはとても無念です。
姪っ子はk式です…。

勧めても伝わらない気持ち、とてもよく解ります。
めげずにできることからやっていきましょう!

どんぐりに出会えてお互い良かったですね(^-^)
[2013/03/14 23:44] URL | 金森 #- [ 編集 ]

Re: 無料ダウンロード文章問題
はるさん こんにちは
応援ありがとうございます。
私も根っこは自分の子どもを守るためにやっていますよ(^-^)/
その為には…自分の子どもだけ良くてもと思うようになりました。
これ、本当に最近の話なんです(笑)
3年もどんぐり式で育てると子どもの変化がわかり、これは同じような友達がいないとうくなと思いました。
遊び道具がなくても何時間でも自分で遊びを考えて遊んでますし、好奇心の塊ですし、学校の単純な反復は大嫌いですし…。

ブログへのUPは全然問題ありません。
[2013/04/23 11:27] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/723-505e1fd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。