Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境設定
どんぐり倶楽部糸山先生のブログより 一部転載
http://plaza.rakuten.co.jp/donguriclub/diary/201303150000/
■すべきことをして下さい。
●のんびり「ピアノ」や「算盤」や「英会話」や「フラッシュ」なんてやってる暇はないですよ。
「パズル」や「クイズ」や「マス計算」が思考力養成のプラスになるなんて思っていませんか?
*思考力養成の邪魔になることを並行してしながら思考力養成をしていると、当然進化も遅いです。

そんな余裕があるのなら、その前に、すべきこと(思考力養成に必要不可欠なこと)をして下さい。
                                               転載終わり

うぅ さすがにここまでは保護者に言いきれていない…。
「ピアノ」「英会話」は宿題や検定がなく純粋に楽しめているなら…まあ良いと思います。
でもいらないはいらないですけどね、と言っています。

環境設定(宿題制限、テレビ・ゲームの制限・多すぎる習い事の制限等)の必要性を訴えつつも、やるかやらないかの判断を「どんぐり式の視点を持たない」親任せにして、結局育たなかった子がいた反省から、ここ1年はかなり普段の生活にまで口をだしてきました。
「それではうちでは預かれません」
「うちに来ても効果はあがりませんよ」
「うちをやめるかそれ(ゲーム・テレビ・習い事・検定の学習等)をやめるかですね」
それで大量にやめましたが、それでも入りたいという家庭の子が同じくらい入ってきて、教室としてはものすご~く賢い子が増えました。制限した子はものすごく伸びました。

結局、やるかやらないかの判断は親なので、親にどんぐり倶楽部を学んでもらうしかないかな。

受け入れられないのは、自分が今まで子どものためを思ってやってきたことが「子どもの考える力を奪ってきた」ことを認められないというよくあるケース。

謝っちゃえばいいんですよ。私も何度も謝っています。フラッシュカードでことわざを覚えさせたり、チャレンジをさせたり…。子どもは許してくれますよ。

「検定に合格したことは本人の自信になっていますので、無駄ではなかったと思います!」
いやいや、その内容を全然理解してませんけど…。そんな自信紙くずと一緒でしょう?
目の前の子どもの反応を見ましょうよ。


■■考える力を育てるオリジナル教材■■【必見】教育に関する動画■■通信学習■■馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓出来るだけ多くのお母さんがどんぐり式に出会えるようにポチっとお願いします。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/732-a5a28c2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。