Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教科書準拠の罠
どんぐり式の学習教室の前にやっていた「FCの個別指導塾」の勉強会で、ベテランの塾長が言っていたことを思い出します。

「実力をあげたければ、教科書準拠の教材は使わないほうが良いです」

「指導に自信がなければ、教科書準拠の教材を使うのが無難です (親対策で…)

確かに!

算数の教科書の内容程度のことがわからない、わからなくなった子に、わかりやすい教材でとりあえずテストで100点をとらせるようにすることは、場当たり的な対策であって、根本的な解決にはなりません。

だって、授業を理解する能力が低いわけですから、そこはそのままにしておいて「反復」でごまかすわけですから。

毎日家から歩いてくる体力のない子に自転車通学を認めるような

重いものを持てない非力な子に、軽い荷物しか持たせないような

山道を登れない子に、ケーブルカーを使わせるような

階段を上れない子に、エレベーターを使わせるような


「体力不足」をどうにかしないと、根本的な解決にはなりません。
近場でも一生自転車、一生軽い荷物、一生ケーブルカー、一生エレベーター?
そうはいきませんよね。でも勉強に関しては、

とりあえず学校にたどりつけばよい

とりあえず何か持てばよい

とりあえず山頂にたどりつけばよい

とりあえず上の階にたどりつけばよい

そう考えて、子どもに甘い(というか間違った)やり方を許す親がとても多いなぁ~


教科書準拠の教室なんて子どもを通わせるもんじゃありません。
(先取り先取りの高速計算プリントの教室よりはましですが…)
たくさんやれば100点を取れるのは当たり前、勘違いの自信をつけて、「考える力」を育てないまま中学生になったら悲劇が待ってますよ。糸山先生は「満点落ちこぼれ現象」と言っています。本当にその通り、しかも完全に手遅れ。テストは100点だらけ、学校の成績は抜群、でもどんぐりの3年生問題が解けないなんて普通です。
新1年生のお父さん・お母さん、テストの点数など気にせず、しっかりお子さんを見てあげましょうね。

教科書準拠の内容を、どれだけやっても賢くなんてなりません。
ほとんどの塾ではそんなことはわかってやってます。
教科書準拠のほうが簡単にテストの点数があがるからです。
そうしないと塾生が集まらないからです。
自分達が子どもたちの学力を落としていることなど、教室経営の視点から見るとたいしたことではないんです。



余談ですが、以前塾長達(経営者)と話をすると、生徒数・単価、あたりのチラシ、良い教材(点数があがる)そんな話ばかりでした。

どんぐり式の塾にしてから、同じどんぐり教室の指導者と話をすると
「なんとか子どもたちを救いたいけど、どうしたら親に伝わるか?」
「日本の将来が心配だから、頑張らないとね」
「習い事が多すぎる子の保護者に、減らすようにどう説得しようか」
「このままじゃ子どもが忙しくて潰れてしまうから、しばらく教室を休ませた」
こういった話がほとんどです。みんな素晴らしい人たちです。

「どんぐり」にすれば良いのになぁ

■■考える力を育てるオリジナル教材■■【必見】教育に関する動画■■通信学習■■馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓わが子を守るためにも多くのお母さんがどんぐり式に出会えるようにポチっとお願いします。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/755-07ce61da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。