Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地頭の良さ
なかなかおもしろい記事がありました。「うんうん、そうそう」とうなずけました。

コンサルタントの必須要件 地頭力とは

私が息子のテストの点数や学校の成績にこだわりがないのは(実力は身につけて欲しいですが)、やはり企業で人事・採用を長年担当してきた影響が大きいです。なにしろ、大学名は説明会に呼ぶかどうかのランク分け程度にしか使わなかったわけですから。
大学名を気にする役員が結構いたのでその辺は気を使いましたが、大学はそれほどでなくても「地頭の良さ」で役員面接にあげた子は落ちたことがありませんでした。

「地頭が良い人間を採れ」というのは人事としては当たり前のこと過ぎて意識したことはありませんでしたが、子どもたちの世界に来てから、そういった「地頭の良さ」を気にする人があまりにも少なく、「計算が速い」「何学年先のことをやっている」「難題を(パターン学習なのに)解けるのが凄い」「少しでも偏差値の高いところへ」といった価値観を持った人の多さに驚きました。

もちろん「地頭の良さ」が全てではありません。人間的な魅力がなければ、人間的な判断力が出来なければ、悪知恵が凄く働く困ったちゃんになりますから。折角の論理的思考力を自分の利益を追求するだけに使う人間になっては困ります。

それでも、社会に出た時に価値の高い(ニーズが高く人材が少ない)のは「地頭の良い」人でした。多様な価値観を持った人間の中でチームを組んで結果を出せる「人間力の高い」人でした。

だから、せっかくの「地頭を鍛える」特殊算を、解き方を教わってすばやく解けるようにパターン学習するのはもったいないな~と思います。受験を考えると短い時間で大量に解かなくてはいけないのでパターン学習が最適ですが、その結果身につくのは「地頭力」ではなく様々なパターンの中からどのパターンに当てはまるかを瞬時に探し出す「情報処理・分析力」でしょうから。(高度な分析力もそれはそれでニーズはありますが、前例のないことには対応できないことがままあります)

大学が企業で求められる人材を育てていないという意見が多いですが、それは仕事に直結する知識を身につけていないというよりも、必要とされる能力・行動特性を身につけていないからで、大学のせいではないと企業にいた頃からよく思っていました。


■■考える力を育てるオリジナル教材■■【必見】教育に関する動画■■通信学習■■馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓わが子を守るためにも多くのお母さんがどんぐり式に出会えるようにポチっとお願いします。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/763-cc0f8f94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。