Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんぐり式のつらいとこ
どんぐり式のつらいとこ

これはすでにやっている方は感じていると思いますが

孤 独

これに尽きますね。周りのお母さんだけでなく、配偶者にもわかってもらえない場合もあります。
我が家も最初の2年ほどはそういう状態でしたね(-。-;)

あとは、客観的な数値として表れないので成長を実感しにくいということもありますかね。
(絵を見れば一発でわかるんですが、わが子だけだと比較対象が昔の作品なので時間がかかる)

周りは幼稚園の頃から徹底的に読み書き計算を仕込まれている子、

何学年先の学習をやっているということをなにか凄いことのように自慢する親子、

月曜日はスイミング、火曜日はピアノ、水曜日は塾…と売れっ子芸能人のように忙しい毎日の子

どんぐり式を教えてあげたくてもとても言い出せません。

ゲームを持たせずテレビを制限していると言うだけで、周りはドン引きです。

「宿題多かったらあとでママがやるからね」とみんなの前でぽろっと言ってしまった塾生のお母さん、

「えっ?」と周りのお母さんたちが固まったので慌てて、

「うそうそ、冗談よ~!そんなわけないでしょ!」とごまかしたそうです(笑)

※私もマシーンになっている塾生のお母さん達も、基本的には宿題は本人がやるべきだと思っています。ただ、させると害がありすぎる、単純なパターン回路が育ち、考える力が育たず、毎日子どものペースで穏やかに育てることが出来ないから制限しているだけですからね。そして子どもの学力を育てるもっと良いやり方を知っているだけです。


だからでしょうか、どんぐり式子育て・学習のブログをお持ちの方は、周りにばれないようにかなり気を使われている方が多いですね。良くわかります。

一方、12歳になりどんぐりを卒業された方はどうなのかといろいろ考えましたが、やはり終わってからも言いにくいだろうなあと思います。

これこれこういう子育てと学習をしていたと言っても「元が良いからよ」と聞いてもらえない。
そして困るのが「もっと早く教えて欲しかった!」という反応でしょう。

私も言われたことがあります。かなりくどく…。
その時はわが子でどんぐり倶楽部の検証をし、間違いないと確信できた頃でしたので「最近知ったから…」と納得してもらいましたが危うく恨まれるところでした。

それもあって、出来るだけ1回は伝えるように心がけています。
http://pegashin.blog53.fc2.com/blog-entry-674.html

どんぐり式の教室がないエリアでも、クラスに2~3人はどんぐりっ子がいると遊び相手が出来ていいなぁ~と思います。その子たちをみてどんぐり式を知る保護者も増えるでしょうし。
なにより保護者がこそこそしなくても良くなれば(^-^)/

なんとかそういう状況を作れないか、いろいろ試してみたいことがあります。
(せこせこ準備中で~す。でもあまり期待しないでくださいね…)


忘れてました…どんぐり式の内容は最高ですよ!
子どもにとっても、親にとっても♪
親はちょっとだけ大変ですけどね(^-^)

■■考える力を育てるオリジナル教材教育に関する動画学習動画通信学習■■馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓わが子を守るためにも多くのお母さんがどんぐり式に出会えるようにポチっとお願いします。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント
人と違っていること
人と同じでいることが安心な人もいれば
人と違っていることを大切にしようと思う人もいる。

人と同じ子育てをしていたら、できる子は育たないよと思う。。

もしいい事だったら伝えたいし、伝わらなくてもそれはそれでしょうがない。
わかる人にはわかる。

うまくまとまらないけど!

めうしのジャスミン(おすすめ絵本)
[2013/04/19 08:54] URL | こばたま #- [ 編集 ]

Re: 人と違っていること
> 人と同じでいることが安心な人もいれば
> 人と違っていることを大切にしようと思う人もいる。

その通りですね。
子育てに関してどちらが良いかは、子どもをじっくり観察するしかないですね。
点数や成績ではなくて、表情や行動で。
[2013/04/19 11:22] URL | 金森 #- [ 編集 ]


はじめまして、どんぐりをはじめて1年の小5の男子を持つ母です。
いつも、ブログ読ませていただいてます。
孤独。。でしたね。
どんぐりを知るまでは迷いもあり、本当に孤独でした。
でも、今は違います。
どんぐりと出会って、進むべき道がはっきりして今は孤独は感じません。
距離は離れても、このように同じ志をお持ちの方方がいらっしゃるのを知りました。
どんぐりとの出会いは遅かったのですが、それまで余計なものをやらせて来なくて本当に良かったと運命を喜んでいます。

隠すつもりはないのです。うちの子のまわりがどんぐりっ子ばかりになったら・・
どんなに良いだろうって思います。
私たちが信じてること、まわりのみなさんにはお話しています。
が、ゲームを与えないこと、テレビの制限、遊び、勉強、生活環境のこと、など
話すと、自然と距離を置かれてしまいます。
子供が・・というより、親御さんの覚悟ができないのです。
「無理~」って言われちゃいますからね(笑)
だって、みなさん、子供が。。というより、親御さんがゲームにはまっているんですから。
子供だって、お父さんが連れ出してくれれば、外で遊びたいに決まってます。
でも、お父さんはゲームがしたいから、子供を巻き込んで自宅ゲームするみたいです。
それで時間を共有してると言いたいみたいです。
そういう子もたまには外で遊んでいますが、遊びのアイデアがありません。
たまに「遊ぼう」と息子を誘いに来ますが、何をするかと言えば・・・・
自転車に乗り、ただひたすら、家の前の道路を円を描くように漕いでいるんです。
息子は面白くないので、すぐほかの遊びの提案をしますが、その子は遊びの提案は全くなく、自転車を漕ぐばかりなんです。
自身のお子さんの遊んでいる姿を見て、危機感をどうか感じてほしいですけどね。
なかなか、こちらに近づいてきてくれません。。。

でも、発信だけはしていきたいなと思ってます。
親は携帯電話も持ってない超変人のレッテル張られてますけどね?
長くなってスミマセン。
[2013/04/19 12:36] URL | tamotamo #AlQf8Rr. [ 編集 ]


tamotamoさん 
こんにちは コメントありがとうございます。
どんぐりと出会えてお互い良かったですね。

今のお父さんはゲームで育った世代ですからね~
私が小学生だった30年ほど前ファミコンがブームになったとき、私の親はテレビを制限し、ゲームを与えず、勉強しろとも言わず、思う存分外で遊ばせてくれました。
当時でもかなり変わった家だったそうですが、今同じことをやっていると完全に「変人」です(笑)

でも当時、季節ごとにキャンプに送り出していた我が家の話を聞いて「お金出して遊ばせるなんてどうなの?」と言って小さい頃から受験塾に通わせてガンガン勉強させていた家庭の子は…精神的によれてひきこもっています。

勉強漬け・習い事漬けの子は当時は少なかったですが、大学までは順調その後社会に出たところでよれてひきこもっている人を何人も知っています。

人事をやっていたとき、アルバイトの履歴書まで目を通していました。この学歴で、この年齢で、この仕事・時給で働くの?なんでこんな職歴なの?というケースも腐るほど見てきました。世の中にはこんなに病気で休職・退職する人がいるんだと最初は驚いたものです。


遊べない子結構いますね。楽しいはずの遊びで頭を使えないというのが恐ろしいです。

今の子どもたちが大人になったとき、さらに怖いです。
わが子だけ良くても…。

どんぐりっ子を増やせるように頑張ります(^-^)/
[2013/04/19 14:01] URL | 金森 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
kaaiさん

いい環境で子育てされているようで、羨ましいです。
私のいる地域では、ゲームやテレビを見ていないとかなり変わりものです(笑)
自宅で子供向けの教室をされている塾生のお母さんに、「どんぐり寺子屋」やりましょうよと誘ったら、「ゲームやってない、テレビあんまり見てない子なんていないから集まんないよ!」と塾生に言われました(笑)
[2013/06/08 22:53] URL | 金森 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
kaaiさん

> 時代の流れの中にいると その反対の価値観に かなり悩まされます。
> 子供を守っている 防波堤の痛みだと 自覚していますがね。

子どもを守っている防波堤の痛み
いい表現ですね(^-^)
[2013/06/10 21:21] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/768-fbc261e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。