Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ヶ月間くらい試そうよ
どんぐり倶楽部を知ってから動き出すまでに、
うちのブログを見てから、話を聞きに来るまでに

数ヶ月~数年かかる方が結構多いです。
もったいない。

特に低学年の1年間は高学年の1年間の何倍もの価値があると私は思います。

勉強を教わる、反復で身につける学習スタイルの教室なら高学年になったらという考えもわかりますが、「考える力」を育てるどんぐり式の学習は5~12歳の7年間限定です。特に大事なのが5~9歳までです。

迷っているなら、

1ヶ月間試してはどうですか?

子どもは習い事を全てお休みし、勉強も宿題を含めて全て止めさせて、テレビも無し、ゲームも無しで自由に過ごさせる。

お母さんは今までさせてきた勉強を全て代わりにやってみてください。
塾のワーク、プリント、宿題全てですよ。低学年なら2~5倍やってください。

1ヵ月後、子どもがどう変化し、自分がどう変化したかを味わってみて欲しいですね。
きっと子どもの表情、雰囲気が全然違うはずです。
それでも今までどおりの生活を子どもにさせたいと思えばさせれば良いと思います。

子どもに宿題をさせないことにものすごい抵抗があるのなら、宿題は子どもにさせて

同じ内容をお母さんもやればいいです。
それなら出来るでしょう?

たった1ヶ月、それすら試せないならどんぐり式はあきらめたほうが良いです。

自分が動かないで子どもに何かをさせればよいという考えは、どんぐり式とは根本的にあいません。
というか、子育て自体そんな簡単なものではありませんよね。

高速プリント計算の教室をスパッとやめて、英会話教室をやめて、習い事を整理して、思う存分数ヶ月遊ばせてから、覚悟して教室を訪ねられた方もいます。しっかりリセット期間をとってくれたので、その教室出身者では例外的に短期間で伸びています。あとはゆっくりじっくり問題を味わえるように誘導していけばOKです。お母さんのお手柄です。

自宅でも出来るんだから、うちの教室に通ってくれなんて言いません。
どんぐり倶楽部の言っている事に、何か惹かれるものがあればとりあえず早めに試して欲しいです。

もし1ヶ月捨てることになったとしても、影響はほとんどないでしょう?
でもどんぐり倶楽部が正しかったら…どれだけの損失になるか想像してください。
一生「考えられない頭」で生きていかなければならないのはお子さんですから。

どんぐり倶楽部糸山先生のブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/donguriclub/diary/201304250000/

■■考える力を育てるオリジナル教材教育に関する動画学習動画通信学習■■馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓わが子を守るためにも多くのお母さんがどんぐり式に出会えるようにポチっとお願いします。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント
私にも言わせて下さい!
こんにちは。
うちの娘(現在は小学6年生)の経験が参考になるかもしれません。

共働きなので、放課後には学童保育に直行。
学童保育ではひたすら遊びます。
5時過ぎに帰宅後は夕飯、入浴、学童でできていない場合は家で宿題(「計算ドリル、漢字の書き写し、音読」の三点セットの繰り返し)を済ませて、絵本の読み聞かせの後、8時半〜9時に就寝。
テレビはあまり見ず、テレビゲームも無し、習い事は月に3回のピアノだけ(一度も練習しなさいと言ったことはないこともあり、家ではほとんど練習しない)

小学校入学時からこの繰り返しでずっと過ごしてきましたが、三年生のある日、学校から持って帰って来た算数のテストを見たら、文章問題に書いてある数字を適当に足したり引いたりして、まったく頭を使ってないことを発見し、愕然としました。

このままいくと絶対に勉強で苦労すると思い、ネットで探して出会ったのがどんぐり算数です。
当然ながら(当然というのが悲しいところですが)最初は全く絵や図が描けずに泣きました。
母親ではなくて父親とやったら少しはプレッシャーが減るだろうかと思って、父親と一緒にやってみましたが、それでもぜんぜんできませんでした。

泣きながら問題を解く、やっぱりできない、仕方なくあえて数ヶ月どんぐり算数と距離をおくなどの試行錯誤を繰り返したところ、少しずつ解けるようになってきました。
でも、この時点で、どんぐり算数に出会ってから、すでに一年以上が経っています。。。

学校の宿題は工夫して負担を少なくする形で続けましたが、それでも納得して正解までたどり着けるのは三問に一問という感じで、まだまだどんぐりと聞いただけで険悪なムードが漂っていました。
ところが、完全に宿題を親に任せるようになって(何度も娘を説得しなければなりませんでした。女の子は真面目なのである意味大変です)一気にどんぐり算数が解けるようになりました。

今では、当たり前のように週に二問、食卓にお茶とお菓子を用意しておいたら、放っておいても自分で問題を選んで解きます。
この状態になるまでどんぐり算数に出会ってから二年半程かかったことになります。
それでも、6年生までに間に合ってよかったですが、無駄な苦労やストレスを娘に強いることになってしまい、申し訳ないことをしました。

どんぐり問題ができるようになったことが自信になってるのか、一年前から始めたスイミングも一気に上達し(高学年から習っても十分です。習い事は小さいうちから始める必要はないと思いました)ピアノも好きな曲をがんがん弾けるようになり、良いストレス発散になっています。

一方の弟は(現在二年生)自分からやりたいと言い出したのを機に、年長からどんぐり算数を始めました。
たまに解けなくて泣きべそをかくことがありますが(こんな時はたいてい学校や友達関係で疲れてる時です)全く負担も無い様子で、週に二問きっちり(自然に生活の一部になりました)どんぐり算数を解いています。

家や塾で高速計算をしなくても、習い事をたくさんしなくても、学童保育でいっぱい遊んでも(本当は近所の公園で自由に遊ぶのが理想なのでしょうが)テレビやテレビゲームがなくても、学校や学校の宿題だけで考えられない頭ができあがるということを、うちの娘は証明しちゃいました(苦笑)

どんぐり算数はとにかく一日も早く、できるだけ低学年のうちに、始めることをおすすめします。
親が迷ったりさぼったりした期間の5倍か10倍くらいの苦労が後々自分自身はもちろん、我が子にもしっかりのしかかる、くらいに思ってちょうどだと思います。
どんぐり算数は、宿題をさせない、習い事をさせない、週に二問だけ解く、コレだけなので、ある意味、子供はもちろん親もすごく楽です。
お金もかからないし、これ以上のものは無いと思います。

タイムマシンがあるなら、6年前の自分に「今すぐどんぐり算数を始めよ!」と忠告したい。。。

迷ってる親御さんのお役に立ちたい思いで書き込みしましたが、長文になってしまいました。
すみません。




[2013/04/27 10:25] URL | 7歳児の母 #- [ 編集 ]

Re: 私にも言わせて下さい!
7歳児の母さん こんにちは

実体験から来るアドバイスありがとうございます。
別記事に載させてください。

> 家や塾で高速計算をしなくても、習い事をたくさんしなくても、学童保育でいっぱい遊んでも(本当は近所の公園で自由に遊ぶのが理想なのでしょうが)テレビやテレビゲームがなくても、学校や学校の宿題だけで考えられない頭ができあがるということを、うちの娘は証明しちゃいました(苦笑)

娘さん、嫌な証明をしちゃったようですが、本来の姿に戻せてよかったですね(^-^)v
[2013/04/27 11:01] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/778-52fbddaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。