Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速プリント教室
ブログ記事にコメントいただいた内容の一部です。
こういう子ども達を増やしているから、私は高速プリントの○○式教室が好きではありません。
「薬」だったら薬害問題、「食」だったら食中毒、絶対訴訟に発展するほどの問題ですがなぜか教育業界ではセーフです。
だから、好きではないというレベルではありませんね、ものすご~く怒っています( ̄∩ ̄#
全員こうなるわけではありませんが、結構多いと思います。実際にうちに来たその教室の出身者は全員そうでしたから。まあそろばん教室や、学校の百マス計算・酷い宿題でもそういう子が育ってますので、○○式教室だけが悪いわけじゃないのかもしれませんけどね。


『2年ちょっと前の事です。 親戚にプリント教室の先生がおり、気軽さもあって入会しました。年少からの入会です。 年少の時は、ひらがなを読んだり運筆をしたり、1日5分くらいで終わっていたので、さほど重荷にはなっていなかったのですが(これは親の重荷になっていなかっただけで、 子どもには相当な重荷だったんだと、どんぐりを知って初めて気づかされました。)、 年中になり1年生の教材になると、足し算をするようになりました。
プリントは「+1」ばかりのもので、機械的に次の数字を書く、という作業でした。
それが終わると次は「+2」。なんじゃこりゃ?と違和感を感じ、 教室の先生に「これって『足す』って概念じゃないよね?次の数字書いてるだけだよね? +2はできるけど、+3は分からないっておかしくない?」と聞いたら、「みんな初めはそうなの。そのうち分かるようになるよ。みんなそう。」と言われ、う~ん、そういうものなのかな~、と思いながらも続けてしまいました。
国語も、漢字も読めるし音読もスラスラだし、数学年先学習ということでメダルを もらったりもしました。テレビもご褒美的に見せていました。プリントが終わったら教育テレビタイム、といった毎日でした。

その頃からです。小さい頃からゆっくりで慎重派で1つのことをコツコツしていた娘が、人の話を最後まで聞かない、人の話の途中で話し出す、ちょっとしたなぞなぞでも「答えは?教えてくれないの?ならもういいよ!」とむくれる、知らない単語が出てきても気にせず読む、「これって何か知ってる?」と聞くと、 「知らない。それが?先進みたいんだど。」とスルー、テレビを消すと「ひま~、ひま~、することない~。あーー、イライラする~。」と言う。 ちょっと根気のいる工作を一緒にしようと誘うと、「めんどくさい。」

4、5歳の子どもの言葉じゃないですよね。いま思い出しても寒気がします。 本気でまずいと思ったのは、算数プリントで足し算が終わり、引き算が終わり、また足し算、それも10までの足し算に戻ったとき、娘が一言、
「忘れた。分からない。」と言ったのを聞いたこと、幼稚園から持って帰ってきた使い終わった自由帳に、文字や数字がずらりと並んでいるのを見たとき、です。幼稚園の子どもが自由帳に絵ではなく文字を書く、この子の頭の中は今こういう状態なんだ、と思い知らされたときの罪悪感と恐怖心は今でも忘れられません。

どんぐりを知り、プリント学習は一切止めました。真面目な娘なので、止めると宣言した時に泣きました。あれだけ毎日プリントをこなすのに時間がかかり、端から見てもダラダラとやっていたものなのに、泣いた娘を見て私も泣いて謝りました。

そしてどんぐり問題に取り組もうと思いましたが、もちろんとてもとても手が出ませんでした。「足すの?引くの?わからんーーー!!」と怒りながら、ぐちゃぐちゃと書きなぐる状態。先生方はそういう子どもを何人も見られてきたことでしょう。

結局、落ち着いて取り組めるまで1年近くのリセット期間を要しました。
テレビを制限し、ゲームは元々ありませんでしたが、とにかく自由に遊びな~を合い言葉に過ごした年長時代でした。多分年長時は数問しか取り組んでいません。1年生になる少し前に、そろそろ本格的に始めても大丈夫かな、と思えたので、取り組んでみました。まあ、答えにたどり着けない問題もありましたが、絵を描くことはできるようになりました。

以上のような経緯があるので、単純作業というものに対して、ものすごく過敏になっているのだと思います。多分、思考停止状態の子どもを見たことがない人には、そんなの気にしすぎじゃないの?それくらい出来なくて、この先どうするの?と思われるようなことなのでしょうが・・・・。

どんぐりは、きっと私のような体験をされた方しか行き着かない方法ではないかと思ったりもします。
なんとなく高速計算をしててもDSをしてても、フツーな子はフツーですから。』






小学1年生は授業料無料!

■■考える力を育てるオリジナル教材教育に関する動画学習動画通信学習■■馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓わが子を守るためにも多くのお母さんがどんぐり式に出会えるようにポチっとお願いします。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/797-476c11dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。