Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子のいらいらの理由
小学3年生の長男、いらいらすることが増えてきました。

理由は本人にもわかっています。
学校の授業でやる計算問題が増えたから…

授業で終わらないと業間休みにやらされるそうで、長男はいつもぎりぎり終わるか終わらないか。
はっきり言って計算スピードはクラスでも後ろから数えたほうが早いです。
ちょっと前に聞いたときはビリから3番目って言ってました。
「なんだあと2人もいるのか、ビリを目指さんと!」と言っておきましたけど(笑)


計算練習は理解しない状態で覚えさせようと思ったら大量にしなければいけませんが、やり方をわかってしまった内容を、たくさんやっても意味がないからやめて欲しいな~。


うかつにも「今年は宿題少なくてラッキーだね」と言ったら
「う~ん そうでもないなぁ その分授業で増えたから…。」と言っていました。

本人からしてみれば、去年までも宿題をやっていないわけですから、授業でやる分が増えればその分しんどくなっただけですしね。ラッキーだと思ったのはマシーンの気持ちでした。反省


先週は3年続けてきた日曜日のどんぐり学習が途切れました。
金曜日に珍しく「日曜日、文章題休んでいい?」と言ってきました。
最近、平日の1問の絵が雑になってきたのでまあいいかと。

幸い息子は「計算が速い=頭が良い」ではないことがよ~くわかっているので、計算が速い子をうらやんだりはしません。でも理解しているのに同じような計算を何度もやらなければいけないこと、考えられなくなるからゆっくりやろうと思っても終わらないと休み時間がなくなること、それでストレスがたまっているんですよね。

「計算問題をたくさんやったあとは頭がぼ~っとして嫌だ、いらいらする」とはっきり言いますもん。
「脳が活性化している状態」ですね(笑)

まあ、いらいらと言っても、いつもストレスなしでご機嫌だったのが、たまにいらいらする程度だから僅かな変化ですけどね。

小学1年生は授業料無料!

■■考える力を育てるオリジナル教材教育に関する動画学習動画通信学習■■馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓わが子を守るためにも多くのお母さんがどんぐり式に出会えるようにポチっとお願いします。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

あの、そんなんでほんとに中学で伸びますか?勉強嫌いに育ってませんか?どんぐりに限らずですが、思春期 反抗期を向かえた中学生が、しっかり授業をきいて勉強するかって話ですよ!結局、勉強するもしないも本人次第。子供の性格 環境 親の育て方だと自分は思います。学校で出された宿題を親がやる という行為が裏目にでなきゃいいのですが
[2013/05/21 19:51] URL | どっかのパパ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
どっかのパパさんへ

単純な学習を延々とやらされた子の方が学校の勉強は嫌いになっていると思いますよ。
うちの子も勉強(算数・国語)は嫌いですが、自分で学ぶことは好きです。

ちなみに私が教室で出会ってきた賢い子たちは学校の算数や暗記科目は嫌う傾向がありますね。頭をうんうん悩ませるような算数問題は大好きですが。あと自分の興味のあることを掘り下げるのも。そんな子は学校の成績も良い評価をもらってますね。受身の勉強は嫌いでも学ぶのが好きなんです。

私は低学年からまじめに宿題をやり、家庭学習をやり、学習教室や塾に通ってきたのに、中学生になって塾に頼らなければ勉強出来ない子、全然授業についていけない子が多い、そのことが問題だと思っています。

中学になって勉強するかしないかは、私は息子の判断に任せるつもりですし、やりたくない勉強でもしなければどうなるかを「わかる」子に育てているつもりです。多分中学になっても学校の勉強はそれほど好きではないでしょうが、私自身学校の勉強をしっかりやれなんて思っていません。人間的な成長を望んでいます。
それでも、中学の勉強では困らないと思いますけどね。

>子供の性格 環境 親の育て方だと自分は思います。
その通りですね、だから環境設定には気をつけています。

>学校で出された宿題を親がやる という行為が裏目にでなきゃいいのですが
そうですね、気をつけます。まあ我慢や約束を守るということは宿題以外のことで身につけさせます。

あと、中学で伸びるという表現を私もよく使いますが、正確ではないかもしれません。
暗記と反復中心で学校の成績が良い子と、地頭の良い子は、小学校の成績では違いがあまりなくても、新しいことを吸収する、理解する力はものすごく差がついています。暗記と反復中心で勉強してきた子たちが中学でどんどんついていけなくなるから地頭が良い子が伸びるように見えるんでしょうね。

小学校の低学年でも、ものすごく差があります。その差は机の上で勉強した差ではありません。
[2013/05/21 21:30] URL | 金森 #- [ 編集 ]


金森先生 こんにちは。

うちの娘も 去年のクラスでは 「休み時間返上」というシステムがありました。

クラス運営は、担任によって様々ですので 親が子供の様子を観察し それに合わせて家庭で環境設定を替えていかないと 「どんぐり問題」をやっていても意味がないようでした。

この時、私は 先生に説明させていただき ご理解していただけました。
結構「ペナルティー」的なことになっていることに お気づきになっていらっしゃらないことも多い様です。(ベテランの先生でも)
保護者の立場から見えてくることは、お伝えしてもいいのかもしれません。

まあ、先生の性格にも寄るので そこは…見極めないといけませんけど。(^_^;)

ストレスの解消法とかも、子供ながらに見つけ出すのでしょうか~?


[2013/05/22 08:51] URL | cc #Zk/lHUeI [ 編集 ]

Re: タイトルなし
ccさん こんにちは

休み時間返上、放課後居残りは結構ありますね。
体育の時間返上やる子もいると聞いたときは「はぁ」とがっかりしました。

算数の時間で終わらなかったプリントを休み時間にやらされ、さらに終わらない子は体育の時間を返上って?
しかも、全問正解しないとまた新しいプリントをやらされるなんて…。

幸いいらいらも普通の子に比べると微々たる物なのでちょっと様子見します。

ストレス解消は、「遊び」でしょうね。そこはしっかり確保してあるのでまだ毎日リセットできているようです。
[2013/05/22 10:08] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/806-8584f5f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。