Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝わるかな~
きよはる君はひろあき兄ちゃんが泣くとつられて泣いてしまいます。ひろあき兄ちゃんが1回え~んと泣くと、きよはる君は3回え~んと泣いてしまいます。まひろ兄ちゃんが隣の部屋で聞いていたら、12回え~んと泣く声がしました。きよはる君は何回泣いたでしょうか。

この小学1年生向けの問題、小学2~3年生の子が体験学習の時にやると、大体8割の子が間違えます。

≪小学3年生≫
S6-36×①
S6-36×②
S6-36×③
S6-36×④
S6-36×⑤
S6-36×⑥

≪小学2年生≫
S6-36×⑦
S6-36×⑤


計算は速く正確に出来るのに、

すらすら文章を読めるのに、

言葉の意味も知っているのに、

文章を読み取れないのです。

学校の成績がそんなに悪くない、いや良い子たちでもそうなのです。

この怖さ、伝わるかな~。

この子たち、教室に通っている子はものすごく伸びて別人です!

入会しなかった子はわかりません。

■■考える力を育てるオリジナル教材教育に関する動画学習動画通信学習■■馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓わが子を守るためにも多くのお母さんがどんぐり式に出会えるようにポチっとお願いします。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

いつも楽しく拝見させて頂いております。
以前にもコメントさせてもらった者です。
先日家庭訪問がありました。前もってお手紙をお渡しし、当日も、
「我が家の方針として、大量の反復練習をさせたくありません。
子どもの様子を見て、親が代わりに宿題をすることもありますが、ご了承下さい。」と
穏やかにお願いしてみました。意外とあっさりOKでした。
むしろ、「2学期からかけ算の暗唱とかガンガン始まりますが・・・、どうしましょうか?」と
質問されたくらいです。先生も指導要領に沿っての授業という縛りがあるので、
いろいろと大変そうでした。「何かありましたらお知らせ下さい。教師と親、密に連絡を
取っていきましょう!」とおっしゃっていただきました。

娘も、担任の先生が宿題マシーンOKと言って下さったのを聞き、最近ではすんなり
「お母さん、今日はまた例のやつだからやっておいて。」と言えるようになってきました。
ただ、漢字ドリルだけは、1回目はどうしても自分で書きたいみたいで、そこは
譲ってくれません。私としては、それをする時間好きな事を・・・と思ってしまうのですが、
本人がやりたいことなのでやらせています。

最近は時間があれば、本ばかり読んでいます(これもこれで心配・・・)。
友達と約束してきたときは、ランドセルを放ったまま遊びに行きます。
ただ、暑くなってきたせいか、外遊びよりも家遊び(そうなるとゲーム機が出現する・・・)
のお誘いが多く、ゲーム禁止の我が家では頭が痛いところです。

どんぐり問題への取り組みについて質問させて下さい。
みなさんは曜日を決めて取り組んでいらっしゃるのですか?
我が家では、週2という約束で、娘が友達と約束していないときや時間がありそうな
時に、私が声掛けをしているのですが、なかなかうまくいきません。
読書>どんぐり、で、読んでいる方が楽しい?のか、読み出すと動きません。

問題の選定は0MX~2MXから娘が選ぶようにしていて、
私個人的な気持ちとしては、同じような問題ではなく、違う絵が描ける問題を選んで
欲しいと思うのですが、本人は似たような問題ばかり選びます。
(アンコ山盛りならそればかり、マッコくんザットくんならそればかり。)
すぐに解けそうな問題ばかり選んでいる気がします。

まだまだリセット期間ということなのでしょうか・・・・。
[2013/05/28 10:25] URL | see #- [ 編集 ]

うちの教室では
see さん こんにちは

お子さんの宿題の件、無事認めてもらえてよかったですね(^-^)

>どんぐり問題への取り組みについて質問させて下さい。
>みなさんは曜日を決めて取り組んでいらっしゃるのですか?
ある程度決めている方が多いようですね。用事の入らない曜日と時間帯(夕食のあとなど)にどんぐりをやると決めておいたほうがお互い楽だと思います。(やらないという選択肢も残しつつ)

固定しない場合は、なんとなくやらなかったり、本人にやる準備(気持ち)が出来ておらず渋ったりということがあります。うちも長男の平日1問は自分でやる日を決めさせていますが、自主的にはやらないので木曜日の朝「木・金で1問できそうかい?」と声をかけることが多いです。

>私個人的な気持ちとしては、同じような問題ではなく、違う絵が描ける問題を選んで
>欲しいと思うのですが、本人は似たような問題ばかり選びます。
これよくあります(笑)
うちの教室でもどんぐり歴が浅い子に良くあり、選んでやったときにはそれはそれで褒めて添削をしますが、「これって似たような問題やったかな。はじめてやる問題のほうが楽しいから次から同じようなは飛ばしてもいいよ~」と声をかけています。それでも同じようなのを選ぶ子もいますが、それはそれでまだその子の中で回路作りが終わっていないと思って同じ様に声をかけています。
お絵かきが楽しめるようになってくると違うタイプの問題を自分から選ぶように変わっていきますが、パターン学習に慣れてしまった高学年で、問題を楽しめない子(今はいません)は、出来そうな類題を選んでいましたね。

[2013/05/28 13:23] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/812-9bfb8f6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。