Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違えちゃダメ
我が家ではマシーンが稼働中(最近は奥さんが頑張り中)

「一問も間違えちゃダメだからね!」とうるさい長男。

「なんでよ、別に間違えがあったっていいでしょ?」

「ダメダメ、間違えがあると業間休みにやり直しになるんだから!」

「本当?…(怒)」

仕方がないので、マシーンのやった問題を親が交互にチェック。

私がやったときは…間違いがあります(笑)
だって、計算をたくさんやるの嫌いだし…(と言い訳)。

子どものころから嫌いでした。
算盤教室は小4の頃半年通ったら「今日卒業してきたから」とやめて帰ってきたそうです。

それでも中学では授業を聞くだけで家ではあまり勉強せずに毎日9時過ぎに寝ていましたが、理科・数学は大得意で大体90点以上、暗記中心の社会は嫌い(特に地理)、国語・英語は好きでも嫌いでもなかったかな。全教科80点を下回ることはほとんどなかったです。IF法とわからん帳を知っていれば…
高校では授業が睡眠時間になってしまい、成績は見事に右肩下がりでしたが…(笑)


さて、業間休みにやり直しをさせられる件、糸山先生が参考になるブログを紹介してくれていますね。
http://plaza.rakuten.co.jp/donguriclub/diary/201305230000/

ちなみに私も先日質問してみました。

「仕事柄小学生の話を聞くことが多いのですが、最近、算数のプリントが終わらないと授業が終わったあとの休み時間や業間休みにやらされる子が結構います。小学生にとって休み時間はホッと一息つける大事な時間だと思いますが、「教育委員会」としては、休み時間に終わらないプリントをさせることをどう思いますか?」

『このたびは,教育につきましてご意見をいただき誠にありがとうございました。
児童生徒の「生きる力」を育成し,「確かな学力」を身につけさせることは,学校教育において極めて重要なことです。また,場合によっては,児童一人一人に「確かな学力」を身に付けさせるためにも個別的な指導を行うことも必要であります。ご意見については,いわゆる休み時間に児童の気分転換や心身の回復を図ること及び次の授業の準備等を考慮することも必要なことと考えます。
各学校においては,市町村教育委員会の指導のもと,学級や児童の状況等を十分に考慮した指導が求められるものと考えます。
これからも引き続き本県教育の振興・発展に対しまして御理解と御協力を心よりお願い申し上げます。
                                     教育庁教育振興部指導課』

う~ん私の読解力では読み解けませんが、返事が来ただけでも千葉県庁を見直しました(^-^)

息子は家でリセットできているのでまだ大丈夫ですが…。
子どもたちは「間違えはいけないこと」「失敗しちゃいけない」といった意識を植え付けられてしまうでしょう…
教室に来る子もみんなそういう意識です。

いろんな学校があります。
体育の時間に忘れた宿題をやらされる。
放課後居残りでやらされる。
早く全問正解した子たちは隣の部屋でトランプできる。

ふぅ…

考える力を育てるオリジナル教材教育に関する動画学習動画通信学習塾用教材馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓わが子を守るためにも多くのお母さんがどんぐり式に出会えるようにポチっとお願いします。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/836-031cca6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。