Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余りのある割り算100問
本日、まちゼミ講座「中学からは塾のいらない子に育てよう!」を開催しました。

どんぐり倶楽部をあまりご存じない方に、徹底反復の弊害を知っていただくために…

あまりのある割り算を100問用意しました。

「顎」という漢字を40回書いていただきました(^_^)


両方とも私も一緒にやりました。
割り算は2分を経過したあたりで頭がくらくらしてきて、3分丁度で、「はい 3分経ったのでそこまでにしましょう!」と意志の弱いセリフが(笑)

以前、割り算100問プリントを1週間宿題に出されたとっても賢い塾生が、頭がぼーっとして絵が描けないといった理由がよく解ります。

「顎」は の部分が完全に人の顔に見えましたね。

でも、単純計算(考えない学習)と絵で解く文章問題(考える学習)、

漢字の書取(書く練習)と漢字のIF法(思い出す練習)

一緒に比較してやっていただいたら、みなさんなるほどと解ってもらえました。

う~ん、やはり入会の説明時にも割り算100問と漢字書取を体験してもらいましょうかねぇ。
宿題を代わりにやってくださいと言ってもなかなかやれる方は少ないので…。

考える力を育てるオリジナル教材教育に関する動画学習動画通信学習塾用教材馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓わが子を守るためにも多くのお母さんがどんぐり式に出会えるようにポチっとお願いします。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
大量の計算と大量の漢字書き取り・・・。
大人も実際にやってみれば、それがどんなものなのかよくわかると思います。

我が家は、子どもが中学生になり、マシーンから開放されホッとしているところですが、書きます。
我が子は、実際には6年生の後半からは自分でやっていました。宿題の量がとーっても少なくなったので。
でも、帰ってきたノートを見ると、大きなマルがひとつついているだけだったりして、先生もやりたくないのかも・・・なんて思ってました。

宿題を出す方には、ぜひ体験、実感していただきたい!と思いながら、稼働していました。


[2013/06/25 09:31] URL | ハリマオ #- [ 編集 ]

マシーンからの開放
ハリマオさん

マシーンから開放されて良かったですね。
うらやましい…。本気でうらやましいです。

ふ~ うちはあと10年以上ありますので、途中で「あの家庭は宿題をさせない家」という既成事実をつくるかどうか悩みます。意味のない宿題の答えあわせを学校でやらなければすぐに稼動をやめるんですけどね…。

宿題を出すほうはですね、まったく子どもがどう感じるかなんて想像すらしませんね。
私も通常の塾の頃はそうでした。
本人よりも保護者の顔を浮かべて出していました(笑)
[2013/06/25 10:19] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/852-abe683e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。