Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会に出てから
社会に出ると、

理解力の乏しい人にもわかりやすく

仕事や仕事の知識を、噛み砕いて説明してくれる

映像やアニメーションはないんです。


一緒に仕事のスケジュールを立てて

上げ膳据え膳で仕事の段取りをしてくれる

そんな人もいないんです。


たいした内容じゃないのに、何度も何度も繰り返して身につけていくようなやり方では

「仕事の出来ない人」「物覚えが悪い人」というレッテルを貼られます。


だから、学校の一度の授業でキッチリ理解をしていけるような

わからないところは、ポイントを絞って自分から質問できるような

同じ間違いを繰り返さないような

12歳までにそういう子に育てるんです。


「わからないところはない?」と声をかけられるのをじっと待っている

「次はこれをやってみよう」という指示をずっと待っている

「ここは大切だからしっかり勉強しよう」と言われたとおり勉強する

「メモを取ったら?」と言われないとペンも持たないで右から左で聞いている

同じ失敗を何度も何度も繰り返し、その失敗から学べない

そういう12歳に育ててしまってから勉強が怪しくなったからと普通の塾にいれると

表面的な学力(点数)はあがっても、さらに自分で何も出来ない人間になっていきます。


「先取りをしておかないと、授業についていけないから…。」

先取りをしなくてもよい、理解力のある子に育てるのが親の役割です。

12歳までにそういう子に育てましょう。


手法は公開されているんですから、あとはやるかやらないかです。

言葉をイメージに再現し、

そのイメージを操作する練習



こんなにシンプルで納得できる「考える力」を育てる方法はないと思うんですけどねぇ


みんなが良いと言っているからと、

算盤やパズルをさせてもみんなが賢くなるわけではありませんね。


計算が速くったって、貧弱なイメージを頭に浮かべられるようになったって、

数字のこねくりがうまくなったって、人の話している言葉や難しい文章をしっかりイメージし、

そのイメージで考えられるようにはなりませんね。


大量に反復練習をして、出てきた問題にぱっと答えられるようになったとしても、

それは、情報を処理する能力が上がっただけです。

未知の問題を創意工夫して解決する能力とは別物ですね。


速く大量に本を読めるようになったとしても、

読解力のない子は読解できないまま表面をすばやくなぞるだけです。

じっくりイメージしながら味わえるようにはなりませんね。


そろそろ、親も、学校も、塾業界も、テストや受験だけに使える力や知識ばかりではなく、

子どもたちが社会に出るときに、本当に必要な能力を育てるといった視点に立たないと、

世界がおかしくなってしまいます。


気づいた人は出来ることから、一歩前に進みましょ♪

塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓わが子を守るためにも多くのお母さんがどんぐり式に出会えるようにポチっとお願いします。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。
細々と半年くらい前からどんぐりを取り入れている母です。
いつも楽しくというか、指針にして読ませていただいています。

はじめの一歩は踏み出したけれど、前途多難で、気が遠くなりそうになったり、あせってみたり・・・・

ゆっくり、じっくりとは頭で理解したつもりになっていても、我が子を目の前にして焦っているのは自分・・・近頃悶々としていても、ブログをやっているわけでもなく、身近に相談できる相手がいるわけでもなく・・・宿題マシーンを稼働していることは夫にも内緒で・・・ぐるぐるしていました。

一歩前に進みましょ♪の言葉にふらっとコメントしてしまいました。
これからも自分の焦りを断ち切るために読ませていただきます。
[2013/07/06 20:44] URL | とら #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
とらさん

コメントありがとうございます。
半年前から取り組まれて、現在宿題マシーンを稼働しているんですね? 凄いですね~。
宿題マシーンを稼働するまでに何年もかかる方もいますし、稼働できなくて苦しんでいる方もいますから。

焦るなと言われても焦る気持ちは分かります。
人間は感情の生き物ですから(^-^)

でも焦らずに~♪
[2013/07/07 22:20] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/870-5f639fd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。