Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白い!
先日またまた勝手に紹介したブログ:もうすぐ日本が滅びる理由

面白い!


漫画を読めない子

日本語吹き替え版の映画しか見ない子

物覚えが極端に悪い子

十数個の単語を覚えるのに2時間以上かかる子

言い訳ばかりする子

話す時に単語しか発しない子

時間にルーズな子

過保護すぎる親

子どもの言い分を聞きすぎる親

塾に依存する親

家で勉強していなくても塾に入れさえすれば成績が上がると思っている親


いろいろ書いてありましたがものすご~く共感できます。


最近「地頭を鍛えるお絵かき算数ドリル」を塾向けに販売していて、問い合わせをいただく塾長さんと話をすることが多いのですが、学力不振の中学生への手詰まり感は皆さん感じておられます。


ではそういった学力不振の中学生たちは、いつから学力不振なんでしょう?

実は小学校の低学年の頃からすでに学力不振に陥っているんです。
(園児でもメディア漬けで育てられた子なんかは危険です)
ただ、小学校のテストは簡単で、繰り返しやれば良い点数がとれるので学力不振の状態がわからないんですね。それが長年積み重なって、高学年・中学生で発覚するんです。

どんぐり倶楽部では満点落ちこぼれ現象と言っていますね。

私も実際に見てきました。

小学校のテストではしっかり点数をとっているのに、中学にあがったとたん失速する子たち。
まあ、そういう子たちはうちでやる文章題がボロボロだから、学力が育っていないのはわかってはいましたが、親は学校のテストができていれば難しい文章問題を絵で解けなくてもそれほど気にしていなかったでしょうから。

小学校の単元を理解しないで表面的理解で点数をとってきた子たちはこんな感じです。

例えば「割り算」を大きな数を小さな数で割るという(間違った)理解と反復で身につけてきた子たちは

4÷2=2 が出来ても 3÷6=2 にしてしまう。

x÷2=2x   

x/2=24、x=12 なんてことはざらです。 

受験生でも 1/2+1/3=2/5 なんてことを平気でします。

-5-(-3)=8 なんていたって普通です…。

「逆数をかける」しか記憶にないとこんなことをします。 

4=2a →両辺に1/4をかけて  1=a/2

100分率の苦手な子は、xkgの80% → 80xg

縦acm、横bcmの長方形の周りの長さ → abc㎡

何度絵図で説明しても…

たちの悪いことに考えず反射的に答えを出すので防げないんです。

折角その場は理解して出来るようになっても、次に来る時には頭の中をリセットしてくるからまた同じことの繰り返し。気が遠くなるほど同じ説明を続けなければなりません。

しかも、ほんの僅かのことで!

「わからん帳」なんて、なぜつくるか、どうして効果的なのかを何度言ってもやりません。
いや、やれないんですね。面倒くさいし、間違えた問題の大事さを理解できないから…


子どもの状態を親に伝えて、やるべきこと(環境設定や具体的な家庭学習の方法)を伝えて、家でやることはやるようにお願いすると「辞めます」とメール一つで辞めて行く人たちが結構いました(苦笑)

そんな子たちのテストの点数を短期的にあげようと思ったら、「理解」はすっ飛ばしてテストの類題を大量に解かせて出来るようにするしかないんですが、「それは学力が低下するからうちではやりませんよ」と言っていていざテストの点数を見ると動揺して去っていきますね。

私(の子)だったら、家中のテレビは捨てて、ゲームも捨てて、スマホは解約、パソコンは使用禁止、くだらない漫画も全部処分してリハビリさせますよ。ちょっと勉強が出来ないどころの話じゃなくて、社会に出られませんよ!」なんてことも言ってましたから(笑)
それでも環境を変えない家庭ばかりでしたが…

私が最近は中学生を募集しない、小5の7月末までしか預からないのは、冒頭のブログに出てくるような子や親との対応で残りの人生を浪費するのが嫌だからです。たとえ単価が高くて儲かっても…。
どんぐり倶楽部を広めて健全に育つ子を増やすほうが断然楽しいし燃えます♪
今の●●教室が全部どんぐり式の教室になったらなんて想像するとワクワクします。


だから教室では小学生の間にキッチリ育てて、中学からは塾の要らない子に育てることを当面の目標にしています。その為には、お母さん、お父さんの協力が必要です。
いえ、お母さん、お父さんに私が協力する形がベストですね(^-^)

塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓わが子を守るためにも多くのお母さんがどんぐり式に出会えるようにポチっとお願いします。



にほんブログ村

教育・学校 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント
夏休みが始まりましたね!
私もこのブログにはまりまくってます!!!

おかげで仕事をさぼりがちなくらい(笑)
情報を共有したいので、夫にも全文ちゃんと読んでくれるようお願いしました(笑)

私、とにかく小学校さえ卒業すれば、中学校では(学校で、という意味)まともに勉強できると思ってたのですが、それは大間違いだということが分かりました。。。
上の子は6年生ですが、早く気づいて、今から心の準備ができて良かったです。
ブログのご紹介ありがとうございました。

子供を守るのは家庭が基本だと思ってうちの子にはそれなりの接し方をしてますが、今の時代は学校も含め社会全体で子供を守って欲しいというのは通用しないんですね。

私が中学生だった頃は、不良と呼ばれる子がいて、先生は本気でその子たちを殴って叱り飛ばして、たまたま遅刻してしまった私もついでに殴られ嫌な思いをしたことがありました(苦笑)
学校の窓ガラスもあっちこっち割られてたし、振り返ると嵐の中で過ごしたような中学時代ですけど、大人も子供もちゃんと向き合ってたという点では、あの頃の方がまだマシかもって思ってしまうくらいです(泣)

[2013/07/25 09:20] URL | 7歳児の母 #- [ 編集 ]

Re: 夏休みが始まりましたね!
7歳児の母さん

おはようございます。
いよいよ長~い休みが始まりましたね~。
お母さんたちからよくため息が漏れています(笑)

ブログはまってますか(笑)
面白いですよね~ 私も匿名でもう一つブログを書きたい衝動に駆られました。
匿名でないとさすがに私もここまではかけません(^-^)

塾を開いた頃、塾長間ではこういう話はよく出ていて、「日本は大丈夫か」とよく話していたものですが、どんぐり倶楽部を知ってさらに大丈夫じゃないことがどんどんわかってきました(苦笑)

家庭が大事、親の覚悟が大事、当たり前のことなんですが、公教育にももう少し期待してしまいます。

私の中学時代も、バイクが入ってきて騒いだりしていました♪
拳骨、でこピン、つねられる、蹴られる、普通でした(笑)
[2013/07/25 10:13] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/898-565e2b19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。