Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イメージ戦略の結果
ブログ記事にコメントをいただきました。(一部抜粋)

義父は 高校の物理の教員をしていましたが、子どもの頃は親に

「家に帰って勉強しないと お前は授業についていけないのか。なさけないやつだ」

と言われたそうです。



私が小~中学生の頃、今から30年ほど前ですが、塾にいく子はとても少なく、通っている子は通っていることを隠していたようです。(親同士は結構知っていたそうですが)

私は当然興味がなかったので知りませんでしたが、

「塾にいくのは頭が悪い子」という意識が当時の子どもたちの中にあったと思います。

だから塾にいっていることを学校で話す子はほとんどいませんでした。

しかし、最近は塾にいくのが当たり前、塾にいかないと「塾にも行けない(可哀想な)子」という意識が少なからず子どもたちの中にあるようです。
まあ、学校の先生が塾通いをすすめるような状況ですからね…。

業界が「塾」のイメージを変えたんでしょうね。
中学受験の塾などは顕著です。
中学受験する子は勝ち組というわけのわからん選民意識を受け付ける塾や親もいるようですから…。


他にも!

「テレビゲーム」
ファミコンが出始めた頃脳が腐る!と言って絶対反対の親が多かったですね。
今は親が買ってきて子どもと一緒にやっています。

テレビゲームを幼児~小学生に制限無しでやらせている親が結構います!
もう虐待にしか見えません。

「ゲームセンター」
不良のたまり場というイメージでしたが、今はショッピングセンターで幼児からシニアまで楽しく遊んでいます。いや遊ばされています。

「テレビ」
常時つけっぱなし、食事中もテレビに釘付けという家庭が増えたようですね。


「携帯/スマホ」
これは、昔はありませんでしたからね(^-^)  ないほうが良いのに!!
電話番号を覚えるというのも頭を鍛える良い機会だったんですよね。


「英語」
昔は中学生になったら英語という教科が増えるという意識でしたが、今は子どもが小さいころから「英語」に慣らそうとかなりの家庭がさせたがります。日本語でのコミュニケーションさえまともに取れないのに。

英会話を英単語で乗り切る子は昔からいましたが、今は日本での日常会話を単語(当然日本語)で乗り切ろうとする子が多いです。


おかしい、間違っていると言い続けて来た方も多いと思いますが、いつの間にかそういう意見を言っているほうがおかしい時代になってしまったようです。

う~ん、でも間違っているんだよなぁ


塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓わが子を守るためにも多くのお母さんがどんぐり式に出会えるようにポチっとお願いします。



にほんブログ村

教育・学校 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

携帯電話がまだ珍しかった20年ほど前、アルバイト先の店長と、四六時中電話にしばられるのって嫌ですよねという会話をした覚えがあります。

あれはまともな感覚だったと思います。

でも、これだけ普及して、持っているのが当たり前のようになり、ないと生きていけないなんて人もいる世の中で、この初期の頃のまともな感覚はもはや消えてしまったような気がします。

携帯に限らず、色んな場面で“まともな感覚”が失われている気がします。
[2013/07/26 20:22] URL | M.A #4RiLjCus [ 編集 ]

Re: タイトルなし
M.Aさん

携帯電話が出だした頃は、こんなに高機能で小型化するとは思いませんでしたね。

マクドナルドで親がスマホ、子どもがDSをやっている姿を見ると頭をはたきたくなります。
授業参観の時、幼稚園児が廊下でDSをやっているときも親の顔をまじまじ見てしまいました。

イライラしちゃいけませんね。
[2013/07/26 20:45] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/900-9d150056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。