Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やりたい気持ちを起こさせる
先日の記事にコメントいただいた方のお子さん、どんぐり学習を再開できたそうです。
http://pegashin.blog53.fc2.com/blog-entry-909.html

嫌になってしまった原因は…「正解にたどり着けないことに対する親のイライラ」でした。
わかります。わかりますよ~(^-^)

テレビ・ゲーム、宿題マシーンなどの環境設定はできていて、お父さんにバトンタッチもすでにやり、いろんなことを試されてからの相談でしたのでこうアドバイスしました。

もし私だったらです。まず、どんぐりをやろうとはもう言いません。散々言ってきて、言われると条件反射で「嫌!」になっているでしょうから。「もうお母さんからはやってとは言わないから、やりたくなったら声をかけてね」と声をかけます。
ご主人が休みの日の夕方~夜に何もしないでみんなでだらだらすごす時間を設けて、お父さんとお母さんがどんぐり問題を楽しく絵を描いて解きます。必ず「楽しく!」です。子どもは本を読んでも、ただのお絵かきをしても何をしても良い時間です。(テレビはダメ)下の子たちはお父さんとお母さんが交互に相手してあげれば良いでしょうね。
下の子たちも一緒にお絵かきが出来ると良いですよ。うちの場合は、2歳になったばかりの三男もクロッキー帳を用意しているので、そこにクレヨンで丸を描いて遊んでいますよ。自分で描かない場合はアンパンマンを描いてとねだってくるので親が描いてあげています。
我が家の日曜日の夕方は、小3の長男、年長の次男、2歳の三男と私、奥さんでお絵かき大会です(笑)
楽しく親がお絵かきを続けていればやりたい気持ちが出てくると思いますよ。
興味を持って「やりたい」と言ってきたら絵を描きやすい0MXから好きな問題を選ばせます。

あとどんぐり教室に通うのではなく、見学だけさせてもらうのも良いですよ。
周りにはそんなことをやっている子はいないので、ほかの子がやっているのを見るだけでも良い刺激になります。
うちにもそういう方がよく来られますよ。皆さん良い変化があったといって喜んでます。
夏休み中のどんぐりポケット、参加してみてはいかがでしょうか。


【早速試されたそうで、報告メールをいただいたので一部抜粋して掲載します】
昨日は主人がいたので、先生のアドバイス通り、私と主人で楽しく問題を解くことにしました。
するとなんと、私達は何も言っていないのに自分から「私もやろ~っと」と言って、問題を選びやり始めたのです!
おそらく、主人が絵を描くところを初めて見たからではないかと思います。娘が問題を解く時、私は一緒に絵を描いてきましたが、そういえば主人は隣に座って見ているだけだったので、主人の絵を見ることが新鮮だったのでしょう。(私も見たことがなかったので^_^:)
主人も、「これをどうやって絵にするんだ??」と試行錯誤し、それを見ていた4才の弟からは「一枚ずつ違う絵を描いて色もきれいに塗ってね!」(悪気なし)と言われ、(カード製造機の問題です。)見ている娘も私もゲラゲラ笑っていました^_^。


親が楽しそうにやっていたら、やりたくなりますからね(^-^)/
よかったよかった♪

塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓わが子を守るためにも多くのお母さんがどんぐり式に出会えるようにポチっとお願いします。



にほんブログ村

教育・学校 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント
ありがとうございました
金森先生こんばんは。
メールを記事にして下さりありがとうございます。

娘のその後ですが、あれから主人が出張へ行ってしまいどんぐり問題はしていませんが、本人が、パパがいる時にどんぐりの続きをすると言っていたので、私からは何も言っていません。

どんぐり塾も、むすめが見学だけならしてみたいと言ったので、ある塾へ問い合わせをしました。今お返事を待っている状態です。

娘がどんぐり好きになってくれるには、まだまだ道のりは長いと思いますが(全て私のせいですが)、金森先生のアドバイスのおかげで、暗いトンネルの出口が見えた思いです。本当にありがとうございました。

[2013/08/08 23:11] URL | 情けない母さん #zREAN9es [ 編集 ]

Re: ありがとうございました
良かったですね♪

確かにどんぐりを嫌いになってしまったのはお母さんに原因があると思いますが、また取り組めるように環境を整えたのはお母さんのお手柄ですよ!

これを機会に「情けない母さん」から「頑張った母さん」に改名を(^-^)v

言葉をイメージに再現する練習ですから、正解が出なくていいんですから。
のんびり焦らず楽しんでください。
[2013/08/08 23:44] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/916-83a3f51c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。