Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学力テストの結果
今朝の新聞に以前実施された学力テストの結果が公表されていましたね。

全国の都道府県をランキングすることが良いのか悪いのかはわかりませんが、

気になるコメントが書いてありました。


「(数学の問題で)絵図をかくことが出来ない子が多い

そりゃそうだ!小学校で逆の指導をしているんだから(笑)


塾で数学の文章題を絵図にさせてから式をつくらせる指導者は多いと思います。

でも中学から絵図をかかせようとしても、かけるようにならない子が多いのが実態です。
(私も散々やりましたが、全然だめでした。)

問題のパターンごとに線分図、表のかき方ごと覚えて問題を解ける様に出来る子は優秀なほうで、

普通の子はもうお手上げでしょう。


ではなぜ、小学校では絵図をかかないで頭の中で考えて式で答えを出させるんでしょう。

中学校では絵図がかけないと嘆いているのに、小学校ではかかせない。

なぞですね~ 意図的に出来ないように育てているんでしょうか。

指を使ってはいけない…私なんて未だに使いますけど(笑)

間違えは全部消して正解を書く…どこをどう間違えたかが大事なのに

決められたやり方しか正解にしない…いろんなやり方があっていいでしょう?

文章が読み取れない子には「何度も読みなさい」…意味がわからないんだから何度読んでもねぇ


問題が読み解けないから答えまでの流れがわからない、

式がつくれないから『得意(?)の計算』をするところまでたどり着けないから、

「これ、たし算? ひき算? 掛け算? 割り算?」

と思考停止する子のなんと多いことか。


とりあえずその単元の問題を徹底反復してできるようにする学習と、

解き方を知らない問題が出ても、工夫して解けるようにする学習の違い。

これって大きいですよね。

私も知りませんでしたけど、知らないで子育てをしなくて本当によかったと思っています。


塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓学力テスト、気になるけどわからん帳に入れるだけ~という方はポチっとお願いします(^_^)



にほんブログ村

教育・学校 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この先が・・・
通信教育でお世話になっています。
私たちが住む沖縄は今回も最下位でした。
新聞では一か月に読む本の冊数は全国に比べて多いが、学力向上には直接つながっていない。読書が学力テストに必要な読解力に結びつかない結果が示された、と書いてありました。
どんぐりを知っているので、やっぱりそうなんだ~、と妙に納得した私でした。
この冬には小学三年生も学力テストがあるんですか?
長男が先生が持ちきれないほどのプリントの山をかかえていたと言っていました。
今から毎日、朝や放課後にやるそうです・・・。
宿題ならマシーン出動できますが、学校では、かわいそうにと言うしかない状態です。
どこでもこんなに対策するものなのですか?
実力テストなんだから、実力で受ければいいのにと思うのは無理な世の中なのでしょうか。
[2013/08/29 14:09] URL | 三兄弟母 #- [ 編集 ]

Re: この先が・・・
三兄弟母さん  こんにちは

沖縄は最下位でしたね。
最下位になると現場の先生方へのプレッシャーは大きいでしょうね。
結果、大量のプリント地獄ですか… 似たような問題をたくさんさせるんでしょうかね(苦笑)

何がわかっていて、何がわかっていないのか、その判定材料以上に使ってはいけないんですけど、間違った方向に行ってますね。 お子さん達、守ってあげてくださいね。

「実力テストを実力で受けさせよう」正論ですが受け入れられない方がほとんどでしょう…残念です。

小3の学力テストの話はちょっと知りませんでした。調べてみますね。
[2013/08/29 15:31] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/933-ae246090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。